[PR]

日別キーワード

第49位  シーメンス - 2018年11月02日


関連するイメージは見つかりませんでした



シーメンス
『シーメンス (株式会社)』より : シーメンス (Siemens AG) は、ドイツのバイエルン州ミュンヘンに本社を置く多国籍企業。2006年の連結売上高は873億ユーロ、約14兆円。連結純利益は303億ユーロ、約5000億円。もともと電信、電車、電子機器の製造会社から発展し、現在では情報通信、電力関連、交通、医療、防衛、生産設備、家電製品等の分野で製造、およびシステム・ソリューション事業を幅広く手がける複合企業である。 製品 現在では情報通信、電力関連、交通・運輸、医療、防衛、生産設備、家電製品等の分野での製造およびシステム・ソリューション事業などでその名が知られており、特に鉄道車両のVVVFインバーターやMRI装置、補聴器などで大きく市場を占有している。 総合鉄道関連メーカーとしては、ボンバルディア、アルストムと並ぶ「ビッグスリー」の一つで、世界の鉄道車両製造では約2割強のシェアを有する。 シーメンスは11年前の2005年に携帯電話端末事業を中華民国の明基電通 (BenQ) に売却しているが、現在は「BenQ Siemens」ブランドで商品を発売するなど提携関係を継続している。 (Wikipedia:シーメンス)

シーメンス事件
シーメンス事件(シーメンスじけん)は、ドイツのシーメンスによる日本海軍高官への贈賄事件である。ヴィッカースへの巡洋戦艦「金剛」発注にまつわる贈賄も絡んで、当時の政界を巻き込む一大疑獄事件に発展した。1914年(大正3年)1月に発覚し同年3月には海軍長老の山本権兵衛を首班とする第1次山本内閣が内閣総辞職にまで追い込まれた。 事件の背景 海軍は明治初年以来、イギリス・ドイツなどから艦船や装備品を購入しており、外国の造船会社相互間の競争は激しく、海軍の高級技術将校や監督官などは、その立場上各造船会社や軍需品を取り扱う企業の日本代理店との交渉や手数料をめぐって問題を起こしやすかった。 明治末期から大正初期にかけては、藩閥・軍閥に対する批判が高まった時期であり、軍の経理問題にも一般の関心が寄せられた。前年の1913年(大正2年)には大正政変・第1次護憲運動で長州閥・陸軍に攻撃の矢が向けられたが、このシーメンス事件が発覚すると、薩摩閥と海軍とに批判が集中した。 (Wikipedia:シーメンス事件)

シーメンス (株式会社)
シーメンス (Siemens AG) は、ドイツのバイエルン州ミュンヘンに本社を置く世界的な電気機器、電子機器の製造会社。1847年12月12日に、ヴェルナー・フォン・ジーメンス(Werner von Siemens) によってベルリンに創業された電信機製造会社、ジーメンス・ウント・ハルシュケ(”Telegraphen-Bauanstalt von Siemens & Halske” ) に端を発する。後にジーメンス・ハルスケ電車会社に発展し、世界で最初の電車を製造し、1881年に営業運転を開始した。
なお、現代標準ドイツ語での正確な発音は「ジーメンス」(さらに正確には”ズィ”ーメンス」)だが、日本では英語読みに基づく慣用形である「シーメンス」が使われ、日本法人も「”シ”ーメンス」を使用している。
(Wikipedia:シーメンス (株式会社))

シーメンス (会社名)
『シーメンス (株式会社)』より : シーメンス (Siemens AG) は、ドイツのバイエルン州ミュンヘンに本社を置く世界的な電気機器、電子機器の製造会社。1847年12月12日に、ヴェルナー・フォン・ジーメンス(Werner von Siemens) によってベルリンに創業された電信機製造会社、ジーメンス・ウント・ハルシュケ(”Telegraphen-Bauanstalt von Siemens & Halske” ) に端を発する。後にジーメンス・ハルスケ電車会社に発展し、世界で最初の電車を製造し、1881年に営業運転を開始した。
なお、現代標準ドイツ語での正確な発音は「ジーメンス」(さらに正確には”ズィ”ーメンス」)だが、日本では英語読みに基づく慣用形である「シーメンス」が使われ、日本法人も「”シ”ーメンス」を使用している。
(Wikipedia:シーメンス (会社名))

シーメンス・マルタン法
『平炉』より : 平炉(へいろ、Open Hearth furnace, OH)とは、蓄熱室を有する反射炉の一種の平型炉で、主に鉄の精錬に用いられる。蓄熱炉とも呼ばれるが、蓄熱室を蓄熱炉と呼ぶこともあるため注意を要する。 原料としては銑鉄と鉄スクラップを用い、酸化剤として鉄鉱石を用いる。脱リンが容易であり、良質な鋼を得ることができたことから、長い間製鋼法の主流であったが、転炉や電気炉の発展により、現在では東欧などで生産が見られるだけである。 1856年にカール・ウィルヘルム・シーメンスとフレデリック・シーメンスのシーメンス兄弟により炉の構造が発明され、ピエール・ マルタンとエミール・マルタンのマルタン父子により製鋼法が確立したことから、平炉による製鋼法はシーメンス・マルタン法と呼ばれている。製鋼法としてはシーメンス兄弟は銑鉄(銑鉄・鉱石法)を、マルタン父子は銑鉄に多量のくず鉄を加えたものを原料として用いているだけであり、相違はほとんどない。 製鋼用平炉は蓄熱室上に平型の溶解室がある構造をしている。蓄熱室では加熱空気で燃料を燃焼させ、その排気を炉の全体に回して溶解室中の原料を溶解するようになっている。 (Wikipedia:シーメンス・マルタン法)

シーメンス=マルタン法
『平炉』より : 平炉(へいろ、Open Hearth furnace, OH)とは、蓄熱室を有する反射炉の一種の平型炉で、主に鉄の精錬に用いられる。蓄熱炉とも呼ばれるが、蓄熱室を蓄熱炉と呼ぶこともあるため注意を要する。 原料としては銑鉄と鉄スクラップを用い、酸化剤として鉄鉱石を用いる。脱リンが容易であり、良質な鋼を得ることができたことから、長い間製鋼法の主流であったが、転炉や電気炉の発展により、現在では東欧などで生産が見られるだけである。 1856年にカール・ウィルヘルム・シーメンスとフレデリック・シーメンスのシーメンス兄弟により炉の構造が発明され、ピエール・ マルタンとエミール・マルタンのマルタン父子により製鋼法が確立したことから、平炉による製鋼法はシーメンス・マルタン法と呼ばれている。製鋼法としてはシーメンス兄弟は銑鉄(銑鉄・鉱石法)を、マルタン父子は銑鉄に多量のくず鉄を加えたものを原料として用いているだけであり、相違はほとんどない。 製鋼用平炉は蓄熱室上に平型の溶解室がある構造をしている。蓄熱室では加熱空気で燃料を燃焼させ、その排気を炉の全体に回して溶解室中の原料を溶解するようになっている。 (Wikipedia:シーメンス=マルタン法)

シーメンス (曖昧さ回避)
ジーメンス (シーメンス、Siemens ドイツ語発音: [ˈziːməns]、南部ドイツ語発音: [ˈsiːməns]、英語発音: [ˈsiːmənz]) はドイツ語圏の名字であり、またそれにちなむ物の名前である。  ヴェルナー・フォン・ジーメンスはドイツの発明家、事業家。シーメンス (Siemens AG ) を設立した。  ジーメンスは国際単位系の SI組立単位の一つで、電気伝導率を表す単位である。電気抵抗の逆数として定義される。ヴェルナー・フォン・ジーメンスにちなむ。  シーメンス (Siemens AG ) はヴェルナー・フォン・ジーメンスが設立したドイツの電気機器、通信機器会社。 (Wikipedia:シーメンス (曖昧さ回避))


シーメンス - 関連ブログ

データが取得できませんでした

シーメンス - アマゾン検索


「シーメンス」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す