[PR]

日別キーワード

第59位  プノンペン - 2018年11月02日


関連するイメージは見つかりませんでした



プノンペン
プノンペン(クメール語: ភ្នំពេញ、英語: Phnom Penh)は、カンボジアの首都で、特別市である。 カンボジアの行政、文化、経済の中心地で、「東洋のパリ」と謳われたフランス植民地時代の美しい街並みが残っている。また、王宮があり、カンボジア国王一家が住んでいる。 プノンペンという名はクメール語で「ペン(夫人)の丘」という意味である。ペン夫人は信心深い女性で、川を流れてきた仏像を見つけ、近くの丘に祠を作り仏像を手厚く祀ったことから「プノンペン」と名付けられ、それが町の名前になった。その丘はワット・プノン(Wat Phnom)と名づけられ、ペン夫人の像や仏塔が立っている。 13世紀 ジャヤヴァルマン7世の時代、ワット・ウナロムの地に寺院が建立されている。 1431年シャムの度重なる侵攻により時の王ポニェ・ヤートはアンコール・トムからコンポンチャム州のスレイ・サントーに遷都したが、あまりに河川の氾濫たびたび起こるのでプノンペンに再遷都したという。 (Wikipedia:プノンペン)

プノンペン国際空港
プノンペン国際空港(プノンペンこくさいくうこう、クメール語: អាកាសយានដ្ឋានអន្តរជាតិភ្នំពេញ、英: Phnom Penh International Airport)とは、カンボジアの首都、プノンペンの近郊にある国際空港。旧空港名は、ポチェントン国際空港。 プノンペン市街から西に約7kmに位置し、首都の空の玄関口として機能している。1995年からフランス(ヴァンシ・エアポート)・マレーシアの民間共同体の手でBOT方式による空港施設の近代化が図られ、2001年の完成後は大型旅客機の就航も可能となった。 旧施設は大半が取り壊されたが、到着ゲートや国内線の一部で現在も利用されている。また、建物の東側にはVIP専用施設があり、国王一族や外国賓客に利用されている。 空港利用料は国際線25US$、国内線6US$。(2010年2月現在) 増加する旅客に対応するため、新空港を建設することが公表された 。コンポンチュナン空港を大幅に拡張、整備して新空港とする。 航空会社や利用クラスに関わらず有料で利用できるラウンジ(Plaza Premium Lounge)も設けられている。 (Wikipedia:プノンペン国際空港)

プノンペン特別市
『プノンペン』より : プノンペン(クメール語: ភ្នំពេញ、英語: Phnom Penh)は、カンボジアの首都で、特別市である。 カンボジアの行政、文化、経済の中心地で、「東洋のパリ」と謳われたフランス植民地時代の美しい街並みが残っている。また、王宮があり、カンボジア国王一家が住んでいる。 プノンペンという名はクメール語で「ペン(夫人)の丘」という意味である。ペン夫人は信心深い女性で、川を流れてきた仏像を見つけ、近くの丘に祠を作り仏像を手厚く祀ったことから「プノンペン」と名付けられ、それが町の名前になった。その丘はワット・プノン(Wat Phnom)と名づけられ、ペン夫人の像や仏塔が立っている。 13世紀 ジャヤヴァルマン7世の時代、ワット・ウナロムの地に寺院が建立されている。 1431年シャムの度重なる侵攻により時の王ポニェ・ヤートはアンコール・トムからコンポンチャム州のスレイ・サントーに遷都したが、あまりに河川の氾濫たびたび起こるのでプノンペンに再遷都したという。 (Wikipedia:プノンペン特別市)

プノンペン・オリンピックスタジアム
プノンペン・オリンピックスタジアム(英: Phnom Penh Olympic Stadium)は、カンボジアの首都プノンペンのナショナルスポーツコンプレックス内にある多目的スタジアムである。 1964年に建設された。収容人数は50,000人。主にサッカーの試合に用いられる。カンボジア・リーグに所属するプノンペン・クラウンがホームスタジアムとして使用する他、サッカーカンボジア代表のホームスタジアムとして利用される。 2011年には、2014 FIFAワールドカップ・アジア1次予選のラオス戦で使用された。 交通アクセス プノンペン国際空港よりタクシーで約10分。 脚注 外部リンク worldstadiums.comによる紹介。 (Wikipedia:プノンペン・オリンピックスタジアム)


プノンペン - 関連ブログ

データが取得できませんでした

プノンペン - アマゾン検索


「プノンペン」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す