[PR]

日別キーワード

第69位  稲沢市 - 2018年11月02日


関連するイメージは見つかりませんでした



稲沢市
稲沢市(いなざわし)は、愛知県の北西部、濃尾平野中央部にある市。 市が掲げるキャッチコピーは「自然の恵みと心の豊かさ 人が輝く文化創造都市」。植木・苗木の産地として全国的に知られる。また、旧祖父江町は全国一の銀杏の産地である。かつては旧国鉄の操車場があることでも知られた。 名古屋市へのアクセスが良いため、近年ベッドタウンとしての発展がめざましく、交通の便のよさからソニーグループや豊田合成などの工場が数多く立地する。東洋経済が挙げる2012年度「住みやすい街」ランキングで全国44位にランクインする。 尾張大国霊神社(国府宮神社)や矢合観音、善光寺東海別院は、尾張地方の人々から広く崇拝を集めている。 地理 江戸時代に美濃路の稲葉宿が置かれて以来、現在に至るまで交通の大動脈が通る。 河川:五条川、日光川、木曽川 隣接する自治体 愛知県 一宮市 愛西市 清須市 あま市 岐阜県 羽島市 海津市 人口 市内の地名 稲沢市の地名を参照のこと。 (Wikipedia:稲沢市)

稲沢市巡回バス
稲沢市巡回バス(いなざわしじゅんかいバス)とは、かつて愛知県稲沢市が運行していたコミュニティバスである。旧中島郡祖父江町で運行していた祖父江町巡回バスが前身である。
稲沢市コミュニティバスの運行により廃止された。
森上線 :森上駅~王子板紙前
上丸渕線 :上丸渕駅~地泉院
基本的に月~土曜日の朝と夕方、夜のみの運行であり、9時~14時の運行は無い。森上駅、上丸渕駅を利用する通勤通学者の為の路線である。
1乗車100円均一。
1999年(平成11年)4月1日:中島郡祖父江町がコミュニティバスの祖父江町巡回バス運行開始。料金は無料。朝と夕方、夜のみの運行の森上線、上丸渕線の2路線と、日中のみの運行の公共施設巡回の祖父江線、領内・丸甲線、山崎線、牧川・長岡線の4路線が設定される。
(Wikipedia:稲沢市巡回バス)


稲沢市 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

稲沢市 - アマゾン検索


「稲沢市」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す