[PR]

日別キーワード

第94位  湘南モノレール - 2018年11月02日


関連するイメージは見つかりませんでした



湘南モノレール
湘南モノレール株式会社(しょうなんモノレール)は、神奈川県鎌倉市に本社を置くモノレール江の島線を経営する鉄道会社である。経営共創基盤傘下のみちのりホールディングスが株式の92%を保有する同社の子会社である。 懸垂式モノレール鉄道設備機器の導入・拡販のために、三菱重工業、三菱電機、三菱商事、京浜急行電鉄などが出資し、1966年(昭和41年)4月に設立した。 懸垂式モノレールの技術契約を持っていた日本エアウェイ開発からの引き継ぎの事情もあり、設立時は東京都港区浜松町に東京事務所を構えていた。新幹線0系の開発に関わったことで知られる鉄道車両技術者・三木忠直は、江の島線敷設にあたって技師長として技術部門の指揮を執り、開業後もしばらく事業に携わっていた。 江の島線開業当初には、会社規模に応じた沿線宅地開発やマンション(3棟)の建設を行ったほか、1975年ごろには、仙台市営モノレール南西線構想のあった宮城県仙台市太白区の茂庭台で不動産開発を行うなどで、現地に不動産営業所を構えていたこともある。 (Wikipedia:湘南モノレール)

湘南モノレール江の島線
江の島線(えのしません)は、神奈川県鎌倉市の大船駅から藤沢市の湘南江の島駅まで結ぶ湘南モノレールのモノレール路線である。 三浦半島の付け根付近にある丘陵地帯を貫き、古都・鎌倉市街を経由せずに大船と藤沢市片瀬地区を短絡する。丘陵地帯にありながら、当路線の開業以降、富士見町・湘南町屋両駅界隈が主に準工業地域として、湘南深沢駅界隈が商業・住宅地として、西鎌倉 - 目白山下間の各駅界隈では昭和初期からの別荘地であったものが高級分譲地として再整備されるなど開発が進んだ。そのため、用務客の利用が増加し、沿線から東京方面への通勤と沿線への通勤の両方の需要がある通勤路線としての性格を強める。開業以来の2両編成では利用客をさばききれなくなり、1975年には現在の標準組成である3両編成が登場している。 同時に片瀬海岸・江の島を始めとする湘南地域の保養地・観光地アクセス手段の一つでもあるものの、1978年には観光需要が3割、通勤・通学需要が7割であったものが、現在では通勤・通学需要が9割に達する。 (Wikipedia:湘南モノレール江の島線)

湘南モノレール江ノ島線
『湘南モノレール江の島線』より : 江の島線(えのしません)は、神奈川県鎌倉市の大船駅から藤沢市の湘南江の島駅まで結ぶ湘南モノレールのモノレール路線である。 三浦半島の付け根付近にある丘陵地帯を貫き、古都・鎌倉市街を経由せずに大船と藤沢市片瀬地区を短絡する。丘陵地帯にありながら、当路線の開業以降、富士見町・湘南町屋両駅界隈が主に準工業地域として、湘南深沢駅界隈が商業・住宅地として、西鎌倉 - 目白山下間の各駅界隈では昭和初期からの別荘地であったものが高級分譲地として再整備されるなど開発が進んだ。そのため、用務客の利用が増加し、沿線から東京方面への通勤と沿線への通勤の両方の需要がある通勤路線としての性格を強める。開業以来の2両編成では利用客をさばききれなくなり、1975年には現在の標準組成である3両編成が登場している。 同時に片瀬海岸・江の島を始めとする湘南地域の保養地・観光地アクセス手段の一つでもあるものの、1978年には観光需要が3割、通勤・通学需要が7割であったものが、現在では通勤・通学需要が9割に達する。 (Wikipedia:湘南モノレール江ノ島線)

湘南モノレール500形電車
湘南モノレール500形電車(しょうなんモノレール500がたでんしゃ)は、1988年(昭和63年)に登場した湘南モノレールの懸垂式モノレール車両である。 湘南モノレール初の冷房車として登場した。1991年(平成3年)まで増備が行われ、最大で3両編成6本(18両)が在籍していた。 車体はアルミ合金製。400形よりも前・側面窓が縮小され、車体側面の裾絞りも無くなり、直線的なスタイルになった。中間車は先頭車と同等の設計となり、車長・窓位置が統一された。また、全車電動車編成となった為、モーターの出力が下げられている。編成定員は228名。 当初は501から車両番号が付番されたが、その後ラッシュ時対策改造がなされた(後述)際に551からの付番とされた。最初に投入された501号は561号に改番された。この車両は、他の500形編成と比べ前面上部カバーが若干後部に下がっているのが特徴である(400形と同一形状。警笛ラッパの位置が左→右となっている点だけ異なる)。 なお、561号の上部カバーは、2008年(平成20年)11月に作業車との衝突事故を起こして破損したため、5000系と同じ形のカバー(カバーのグリルが大きい)に交換された。 (Wikipedia:湘南モノレール500形電車)

湘南モノレール500形
『湘南モノレール500形電車』より : 湘南モノレール500形電車(しょうなんモノレール500がたでんしゃ)は、1988年(昭和63年)に登場した湘南モノレールの懸垂式モノレール車両である。 湘南モノレール初の冷房車として登場した。1991年(平成3年)まで増備が行われ、最大で3両編成6本(18両)が在籍していた。 車体はアルミ合金製。400形よりも前・側面窓が縮小され、車体側面の裾絞りも無くなり、直線的なスタイルになった。中間車は先頭車と同等の設計となり、車長・窓位置が統一された。また、全車電動車編成となった為、モーターの出力が下げられている。編成定員は228名。 当初は501から車両番号が付番されたが、その後ラッシュ時対策改造がなされた(後述)際に551からの付番とされた。最初に投入された501号は561号に改番された。この車両は、他の500形編成と比べ前面上部カバーが若干後部に下がっているのが特徴である(400形と同一形状。警笛ラッパの位置が左→右となっている点だけ異なる)。 なお、561号の上部カバーは、2008年(平成20年)11月に作業車との衝突事故を起こして破損したため、5000系と同じ形のカバー(カバーのグリルが大きい)に交換された。 (Wikipedia:湘南モノレール500形)

湘南モノレール400形電車
湘南モノレール400形電車(しょうなんモノレール400がたでんしゃ)は、湘南モノレールで使用されていた懸垂式モノレール車両。 三菱重工業による千葉都市モノレール計画向けの低騒音試験車両で、1980年(昭和55年)に2両編成1本が製造された。 落成当初は台車部・車載機器類を完全に覆うカバーが装着されていたが、メンテナンスの都合により取り外された。1986年(昭和61年)に421号車を連結した際に、車体塗装を300形と同様のものに改められた。前面部はいわゆる「金太郎スタイル」となり、400形オリジナル塗装は500形の登場まで持ち越しとなる。また、客室ドアは300形と同様に当初は一枚窓だったが、多客混雑時の窓ガラス破損が発生したため、窓に桟が入れられ二枚窓となった。 車体はすべてアルミニウム合金製であり、401号車・402号車は制御電動車、421号車は湘南モノレール唯一の付随車であった。この中間車は全長が先頭の2両より短く、窓形状(500形に酷似)、窓高さも異なる。 401号車と402号車の前面形状は前照灯回りが異なっていたが、これは402号車が事故に遭った際に、前照灯部が弱くて不評だった灯火類を500形と同一のユニットに交換したためである。 (Wikipedia:湘南モノレール400形電車)

湘南モノレール5000系電車
湘南モノレール5000系電車(しょうなんモノレール5000けいでんしゃ)は、2004年(平成16年)に登場した湘南モノレールの懸垂式モノレール車両。全車が三菱重工業三原プラント・交通システム事業センターにて製造されている。 第1編成は1編成のみ在籍していた400形の置き換え用として製造され、2004年6月より営業運転を開始した。予備車的な扱いだった400形と異なり、500形と共通に運用される。以降は500形の置き替えを主目的として2007年(平成19年)に1本、2009年(平成21年)に1本、2014年(平成26年)に1本、2015年(平成27年)に2本、2016年(平成28年)に1本が導入された。 制御装置はIGBT素子のVVVFインバータ制御となり、両開き扉も初めて採用された。前面両側の窓は拡大され、側面窓周りと共に周囲が黒塗装となった。窓配置は500形と似ているが、扉間の戸袋窓が廃止されている。側面には車両番号表記がなく、社紋のみ掲出されている。前照灯・尾灯は角形となり、黒い縁が付いたケース内に収められた。 (Wikipedia:湘南モノレール5000系電車)

湘南モノレール5000系
『湘南モノレール5000系電車』より : 湘南モノレール5000系電車(しょうなんモノレール5000けいでんしゃ)は、2004年(平成16年)に登場した湘南モノレールの懸垂式モノレール車両。全車が三菱重工業三原プラント・交通システム事業センターにて製造されている。 第1編成は1編成のみ在籍していた400形の置き換え用として製造され、2004年6月より営業運転を開始した。予備車的な扱いだった400形と異なり、500形と共通に運用される。以降は500形の置き替えを主目的として2007年(平成19年)に1本、2009年(平成21年)に1本、2014年(平成26年)に1本、2015年(平成27年)に2本、2016年(平成28年)に1本が導入された。 制御装置はIGBT素子のVVVFインバータ制御となり、両開き扉も初めて採用された。前面両側の窓は拡大され、側面窓周りと共に周囲が黒塗装となった。窓配置は500形と似ているが、扉間の戸袋窓が廃止されている。側面には車両番号表記がなく、社紋のみ掲出されている。前照灯・尾灯は角形となり、黒い縁が付いたケース内に収められた。 (Wikipedia:湘南モノレール5000系)

湘南モノレール300形電車
湘南モノレール300形電車(しょうなんモノレール300がたてんしゃ)は、湘南モノレールでかつて使用されていた懸垂式鉄道電車である。 全ての車両が同社の親会社である三菱重工業三原製作所にて製造され、電装品は三菱電機製のものを搭載していた。編成毎に小さな仕様の違いがあり、実用型車両としての実験的要素も各所に盛り込まれていた。客室ドアの窓ガラスに桟が入れられたのはラッシュによる損傷(割れ)が発生したことによるものである。 使用期間 同社江の島線開業当初の1970年(昭和45年)3月から使用を開始した。運用当初は先頭車300形同士を連結した2両編成だったが、1975年(昭和50年)2月に中間車320形を増備し、6編成中2編成が3両編成での運転となった。その後、全車500形に置き換えられ、1992年(平成4年)までに全車廃車された。 廃車後、川崎市の会社に譲渡されたが、後に解体されている。 湘南モノレールの車両 現用車両 500形 5000系 過去の車両 300形 400形 脚注 外部リンク 湘南モノレール 車両図鑑 300形。 (Wikipedia:湘南モノレール300形電車)


湘南モノレール - 関連ブログ

データが取得できませんでした

湘南モノレール - アマゾン検索


「湘南モノレール」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す