[PR]

日別キーワード

第44位  YMO - 2018年11月03日


関連するイメージは見つかりませんでした



YMO
『イエロー・マジック・オーケストラ』より : イエロー・マジック・オーケストラ (英: Yellow Magic Orchestra) は、日本の音楽グループ。1978年に結成。通称、YMO(ワイ・エム・オー)。 メンバー 細野晴臣(エレクトリックベース、シンセベース) エイプリル・フール、はっぴいえんど、ティン・パン・アレーを経て、YMOを結成。YMOのリーダー・プロデューサーであり、シンセサイザーとコンピュータを用いるYMOの音楽スタイルを打ち出した。宗教や民俗学など神秘主義的な趣味があり、それらもYMOに影響を与えている。ライヴではほぼベーシストに徹し、曲によってはシンセサイザーをベース代わりに演奏していた。YMO散開後は特にアンビエント、エレクトロニカ等のジャンルを取り入れている。 高橋幸宏(ドラムス・ヴォーカル) サディスティック・ミカ・バンド、サディスティックスを経てYMOに参加。YMOをきっかけに機械のビートと同期して初めてドラムを演奏したドラマーとなった。ファッション・デザインの技能を生かしてYMOではステージ衣装のデザインを手掛けた。 (Wikipedia:YMO)

YMODEM
YMODEM(わいもでむ)とは、バイナリ転送プロトコルの一種である。XMODEMやMODEM7を発展させたもので、Chuck Forsbergにより開発され、1985年にYMODEMという名称がつけられた。
1024バイトもしくは128バイト単位でデータを転送する。
エラー検出に16ビットの巡回冗長検査 CRC符号を利用する。
転送エラーがあった場合、エラーのあったブロックを再送することができる。しかし指定したブロックからやり直す機能はない。
ファイル名やファイルサイズ、タイムスタンプなどのファイル情報を転送することができる。
一度に複数のファイルを転送することができる(バッチ転送)。
ASCII#ASCII制御文字 コントロールコードのクォート(置換)処理を行わない。このため、XON/XOFF文字によるフロー制御を行っている場合には不具合をきたす可能性がある。
(Wikipedia:YMODEM)

YMOチルドレン
YMOチルドレン(ワイエムオー - )とは、日本の音楽グループイエロー・マジック・オーケストラ(YMO)の影響を受けたミュージシャンを指す言葉。
しかし、共通して言えるのは「1980年代初頭 - 前半にYMOの影響を受け、1980年代終盤 - 1990年代前半にデビューしたミュージシャンに多い」という点である。これは逆説的にYMOの影響力を証明していると言える。
槇原敬之
:坂本龍一がラジオパーソナリティ パーソナリティを務めた『サウンドストリート』(NHK-FM放送 NHK-FM)のデモテープコーナーに自作曲を送り、坂本に高く評価される。
宮沢和史(THE BOOM)
高野寛
:高橋幸宏と鈴木慶一(ムーンライダーズ)によって設立された「T・E・N・T」レーベル(ポニーキャニオン)のオーディションがきっかけでデビュー。後にギタリストとして、ビートニクスや坂本龍一、HASのライブに参加している。
(Wikipedia:YMOチルドレン)

YMO GO HOME!
『YMO GO HOME!』(ワイエムオー・ゴー・ホーム!)は、細野晴臣監修によるイエロー・マジック・オーケストラ(以下、YMO)のベスト・アルバム。 1999年9月22日に東芝EMIよりリリースされた。 解説 YMO結成20周年を記念して企画された一連のオリジナル・アルバム再発売と同時に発売されたベスト・アルバムである。従来のYMOのベスト・アルバムはレコード会社主導であったが、本作は初めてメンバー(細野晴臣)が公式にプロデュースしている。また、初のデジタルリマスタリング作品でもあり、リマスタリングは小池光夫(Ast)が担当した。 ボーナストラックには1980年の写楽祭で演奏された「Where Have All The Flowers Gone?(花はどこへ行った)」と「La Femme Chinoise」(中国女)が納められている(スタジオで録音され、ライヴ演奏と称して演奏されたもの)。 (Wikipedia:YMO GO HOME!)

YMO Go Home
『YMO GO HOME!』より : 『YMO GO HOME!』(ワイエムオー・ゴー・ホーム!)は、細野晴臣監修によるイエロー・マジック・オーケストラ(以下、YMO)のベスト・アルバム。 1999年9月22日に東芝EMIよりリリースされた。 解説 YMO結成20周年を記念して企画された一連のオリジナル・アルバム再発売と同時に発売されたベスト・アルバムである。従来のYMOのベスト・アルバムはレコード会社主導であったが、本作は初めてメンバー(細野晴臣)が公式にプロデュースしている。また、初のデジタルリマスタリング作品でもあり、リマスタリングは小池光夫(Ast)が担当した。 ボーナストラックには1980年の写楽祭で演奏された「Where Have All The Flowers Gone?(花はどこへ行った)」と「La Femme Chinoise」(中国女)が納められている(スタジオで録音され、ライヴ演奏と称して演奏されたもの)。 (Wikipedia:YMO Go Home)

YMO GO HOME
『YMO GO HOME!』より : 『YMO GO HOME!』(ワイエムオー・ゴー・ホーム!)は、細野晴臣監修によるイエロー・マジック・オーケストラ(以下、YMO)のベスト・アルバム。 1999年9月22日に東芝EMIよりリリースされた。 解説 YMO結成20周年を記念して企画された一連のオリジナル・アルバム再発売と同時に発売されたベスト・アルバムである。従来のYMOのベスト・アルバムはレコード会社主導であったが、本作は初めてメンバー(細野晴臣)が公式にプロデュースしている。また、初のデジタルリマスタリング作品でもあり、リマスタリングは小池光夫(Ast)が担当した。 ボーナストラックには1980年の写楽祭で演奏された「Where Have All The Flowers Gone?(花はどこへ行った)」と「La Femme Chinoise」(中国女)が納められている(スタジオで録音され、ライヴ演奏と称して演奏されたもの)。 (Wikipedia:YMO GO HOME)

YMO (曖昧さ回避)
YMO(ワイ・エム・オー) 日本の音楽グループ →「イエロー・マジック・オーケストラ」を参照。 カナダのオンタリオ州ムースニーにある地方空港・ムースニー空港を表すIATA航空コード。 落語家の桂文枝が中心に結成されたコーラスグループYMO「よしもと・もっさい・おっさんたち」の略。 日本の芸能事務所、株式会社尾木プロ THE NEXTの旧社名、株式会社Y・M・O。 (Wikipedia:YMO (曖昧さ回避))


YMO - 関連ブログ

データが取得できませんでした

YMO - アマゾン検索


「YMO」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す