[PR]

日別キーワード

第51位  どん底 - 2018年11月03日


関連するイメージは見つかりませんでした



どん底
『どん底』(どんぞこ、ロシア語:На дне)は、マクシム・ゴーリキーの戯曲。1901年冬から1902年春にかけて書かれた。 執筆当時のロシア社会の貧困層が描かれ、木賃宿を舞台に住人達の物語が展開される。本作には筋がなく、主人公もいない。アントン・チェーホフからの影響が指摘される。 ゴーリキーの戯曲は知識階級を描いた作品が多いが、本作はゴーリキーの物書きとしての初期作品に見られるルンペンプロレタリアートが描かれている。しかし、ゴーリキーの特色たるロマンティシズムの面影はほとんどなく、実写主義が全体を貫いている。本作はゴーリキーのルンペン時代を葬る挽歌、訣別の辞として知られている。 あらすじ コストゥイリョフの妻ワシリーサは、夫から自由になることを画策する。ワシリーサは情夫ペーペルが、彼女の実妹ナターシャに惚れていることに目をつける。ナターシャは姉夫婦の家に居候していて、虐待を受けていた。夫を殺害すれば、妹と結婚させ300ルーブリを提供しようと申し出る。ナターシャは結婚することで虐待から逃れられることができ、ペーペル自身もコストゥイリョフに2度も牢屋に送られた仕返しをでき、ワシリーサは夫と別れることができ、皆が幸福になるという。 (Wikipedia:どん底)

どん底 (1957年の映画)
作品名 どん底
原題 The Lower Depths
監督 黒澤明
製作総指揮
製作 黒澤明
脚本 黒澤明小国英雄
出演者 三船敏郎山田五十鈴
音楽 佐藤勝
撮影 山崎市雄
編集 黒澤明
上映時間 137分
言語 日本語
allcinema_id=137942
varietyjapan_id=25458
amg_id=30417
imdb_id=0050330
『どん底』(どんぞこ)は1957年公開の日本映画。マクシム・ゴーリキーの同名戯曲『どん底』を日本の江戸時代に置き換えた黒澤明監督作品。
40日間のリハーサルを経て撮影に入った。
(Wikipedia:どん底 (1957年の映画))

どん底 (1957年の映画)
『どん底』(どんぞこ)は、1957年(昭和32年)9月17日公開の日本映画である。製作・配給は東宝。監督は黒澤明。モノクロ、スタンダード、125分。 マクシム・ゴーリキーの同名戯曲『どん底』を翻案し、舞台を日本の江戸時代に置き換えて貧しい長屋に住むさまざまな人間の人生模様を描いた時代劇。黒澤映画の中では、三船敏郎が出演しながら志村喬が出演していない唯一の作品である。第31回キネマ旬報ベスト・テン第10位。昭和32年度芸術祭参加作品。 あらすじ 江戸の場末、崖に囲まれた陽の当たらない所に、傾きかけた棟割長屋がある。長屋には人生のどん底にいる人間たちが暮らしている。遊び人の喜三郎、殿様と呼ばれる御家人の成れの果て、桶屋の辰、飴売りのお滝、アル中の役者、年中叱言を言っている鋳掛屋の留吉、寝たきりのその女房、夢想にふける夜鷹のおせん、喧嘩っ早い泥棒の捨吉が住んでいた。この人たちは外見の惨めさに反して、自堕落で楽天的な雰囲気があった。 ある日、お遍路の嘉平が舞い込んでくる。嘉平は寝たきりの留吉の女房に来世の安らぎを説き、役者にはアル中を治す寺を教え、慈悲深いが暗い過去を持つ嘉平の言動に長屋の雰囲気も変わっていく。 (Wikipedia:どん底 (1957年の映画))


どん底 - 関連ブログ

今に集中し過去は水に流して扉を閉めよ - 潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

一度怒りが湧いてくると過去のことをあれこれ掘り返しさらに怒りを増幅させる。 よくあるパターンです。 過去の扉は閉めたままにしておけばいいのに、 わざわざ開けて嫌な気分になる。 その行為にメリットはありません。 終わったことは終わったこと。 その事実を変えることは絶対にできません。 過去の出来事は水に流す...

【絶望のFX】1日で-51万円超ロスカット!退場寸前の状態です…(((´>Д | オフィス☆トレード

スポンサーリンク <スポンサード リンク> 【絶望のFX】1日で-51万円超ロスカット!退場寸前の状態です…(((´>Д<`))) 今でも実感がわいてこないんですが… なんというか、ずっと夢の中にいるような感じです… _(:3 」∠)_ 15日、”殺人通貨”ポンド円で痛恨の大ダメージをうけました。 今月の収支が全部吹っ飛んで、...

全てが嫌になった時の3つの対処方法【スピリチュアル視点】 - ちょろの癒し部屋

おはようございます。 ちょろです。 あなたは今の人生が「楽しい」ですか?それとも「嫌」ですか? 人間は約 80年 生きます。その中で必ず何度も「全てが嫌になる事」があるでしょう。 今回はその「全てが嫌になったら」スピリチュアル的にはどうしたらいいのか?を具体的にご紹介していきます。 僕も嫌な事はあります...

国際飢餓献金はじめて勤続20年が経ちました - ありのままの自分が大好きです

皆さんおはようございます。今朝は涼しいいい朝ですね。 今日仕事行ったら、3連休です。嬉しいですね。 あの仕事が終わった後の、充実感と、喜びは最高です。 休みはどうしようかな?まだ考えていませんね。 今日は私が飢餓献金と出会った馴れ初めをお話します。 私が国際飢餓献金と出会ったのは、今から20年前です。 私...

【 成功のマインド 】変わらない人は言い訳の天才。信念を持って行動することで人生を変える - コッキーの子育て太陽光発電ブログ|副業で資産形成

どうも、コッキー(@fantasista77788)です。 今回は、ちょっとポエム的なマインド記事です。ブログとしては普通のことですが。 マインドとして興味がある方は、この記事を読んでください。 記事の内容 人はやらない・変わらない理由を見つける天才 お金持ちで無ければ稼げないのか? なぜ情報発信を続けるのか? 発信して...

Takerの心理 - 潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

世の中にはGiver,Taker,Matcherの3種類の人々がいます。 一部例外はありますが、 基本的には以下のような形で分類されます。 お金持ち→Giver 普通の人→Taker 貧乏な人→Giver 僕個人の見解としては、 貧乏な人の中にはGiverとTakerが 入り混じっていると考えています。 ただGiverになるだけではTakerにむしり取られて貧乏...

【ドラクエ11】住むなら時を遡る前の世界か、後の世界か。 - DQフリ ドラクエファンサイト

ドラクエ11のサブタイトルは「過ぎ去りし時を求めて」。 そのタイトルの通り、主人公は物語の後半、時を遡ります。 そのため、作中には時を遡る前の世界と、時を遡った後の世界があることになります。 時を遡るという究極の選択をするくらいですから、この二つの世界には大きな違いがあるわけですが、じゃあこの二つの世...

やる気がでないときの対処法 - 潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

僕はこのブログは毎日更新して約1年以上経ちます(600記事以上)が、 どうしてブログを毎日更新し続けることができるのでしょうか? (ちなみにYoutubeとPodcastも毎日配信してます) 「ブログを継続したいけどやる気が出ない」 そういう人も決して少なくはありません。 そして先延ばしを繰り返した挙句、 そのままフェ...

【シルバーバーチの霊訓7】から名言集15撰*悲しみの深さは、愛の大きさ - 希望発見ブログLooking for HOPE

シルバーバーチの霊訓7(More Wisdom of Silver Birch)は、終戦の年(1945)に編纂され、「戦地でも愛された霊訓」「わが子に先立たれた二組の夫婦と語る」「若き軍人と語る」等の章があり、軍人や軍人の家族など、命について真剣に考え、悩み、問う人達の質問にシルバーバーチが丁寧に答えています。 当時イギリスで...

発達障害の僕が発見した「やらなきゃ…と自分を責めながら先延ばしを続ける人生」をやめる一つの方法 | 発達障害サバイバルガイド | ダイヤモンド・オンライン

1985年、北海道生まれ。ADHD(注意欠如・多動症)と診断されコンサータを服用して暮らす発達障害者。二次障害に双極性障害。 幼少期から社会適応がまるでできず、小学校、中学校と不登校をくりかえし、高校は落第寸前で卒業。極貧シェアハウス生活を経て、早稲田大学に入学。 卒業後、大手金融機関に就職するが、何ひと...


どん底 - アマゾン検索


「どん底」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す