[PR]

日別キーワード

第56位  アスキー - 2018年11月03日


関連するイメージは見つかりませんでした



アスキー
以下のようなアスキー(ASCII)がある。 ASCII。American Standard Code for Information Interchangeの略。数字やアルファベットなどの文字をコンピュータ上で扱うための、符号化方式(文字コード、文字集合)の1つ。「ANSI INCITS 4」として規定されている。類似の規定として「ISO/IEC 646」、「ISO/IEC 8859-1」などがあるが、それぞれ少しずつ異なる。 出版業を主とした日本の企業、および出版ブランド「アスキー」。企業としてのアスキーの沿革は一般に「1977年アスキー出版として設立・1982年(株)アスキーに商号変更・2008年にメディアワークスに吸収合併」といったように認識されているが、実際には2002年に法人格が入れ替わっている。2002年以前の「アスキー」とその後についてはメディアリーヴスの記事を(なお、同社は2010年エンターブレインに吸収合併)、2002年以後の「アスキー」についてはアスキー (企業) の記事を(こちらの法人格は1991年設立のアストロアーツに由来)、吸収合併後の法人と「アスキー」ブランドの変転についてはアスキー・メディアワークスの記事を参照。 (Wikipedia:アスキー)

アスキーイーシー
『ライブドア』より : 株式会社LDH(LDH Corporation)は、東京都新宿区にある清算株式会社である。かつては、株式会社ライブドアなどの事業会社を傘下に持つ持株会社であった。 便宜上、堀江が設立したオン・ザ・エッヂの流れを汲む会社を「ライブドア(堀江)」、ライブドア事件後ライブドアの一部事業を承継した事業会社を「ライブドア(出澤)」と表記する。 「有限会社オン・ザ・エッヂ」(Livin' on the EDGE Co., Ltd.)として設立され、インターネット関連ビジネスで急成長を遂げた。その後、「株式会社オン・ザ・エッヂ」への組織変更、「エッジ株式会社」(EDGE Co., Ltd.)への社名変更を経て、「株式会社ライブドア」となり、株式上場などと共に買収合併を繰り返し急成長企業として脚光を浴びる。上場後の主力事業は金融へと移っており、ライブドアの利益の大半は金融により稼ぎ出されていた。その後ライブドア事件が起こり、同社の持株会社化に際して、2007年(平成19年)4月1日に「株式会社ライブドアホールディングス」へ商号変更。 (Wikipedia:アスキーイーシー)

アスキーコード
『American Standard Code for Information Interchange』より : ASCII(アスキー、英: American Standard Code for Information Interchange)は、現代英語や西ヨーロッパ言語で使われるラテン文字を中心とした文字コード。これはコンピュータその他の通信機器において最もよく使われているものである。 ASCIIは、7桁の2進数で表すことのできる整数の数値のそれぞれに、大小のラテン文字や数字、英文でよく使われる約物などを割り当てた文字コードである。1963年6月17日に、American Standards Association(ASA、後のANSI)によって制定された。当時の規格番号は ASA X3.4 、現在の規格番号は ANSI INCITS 4 である。 ASCIIはISO標準7ビット文字コードISO/IEC 646の元となり、後に8ビット文字コードであるISO/IEC 8859が主流となって以降、世界中で使用されている様々な文字の符号化方式の多くは、ASCIIで使用されていない128番以降の部分に、その他の文字を割り当てたものである。 (Wikipedia:アスキーコード)

アスキー文字
『American Standard Code for Information Interchange』より : ASCII(アスキー、英: American Standard Code for Information Interchange)は、現代英語や西ヨーロッパ言語で使われるラテン文字を中心とした文字コード。これはコンピュータその他の通信機器において最もよく使われているものである。 ASCIIは、7桁の2進数で表すことのできる整数の数値のそれぞれに、大小のラテン文字や数字、英文でよく使われる約物などを割り当てた文字コードである。1963年6月17日に、American Standards Association(ASA、後のANSI)によって制定された。当時の規格番号は ASA X3.4 、現在の規格番号は ANSI INCITS 4 である。 ASCIIはISO標準7ビット文字コードISO/IEC 646の元となり、後に8ビット文字コードであるISO/IEC 8859が主流となって以降、世界中で使用されている様々な文字の符号化方式の多くは、ASCIIで使用されていない128番以降の部分に、その他の文字を割り当てたものである。 (Wikipedia:アスキー文字)

アスキーアート
アスキーアート(ASCII art)とは、プレーンテキストによる視覚的表現技法のこと。テキストアート、活字アート、絵文字などとも呼ばれる。しばしばAAと略される。ASCIIでない文字コードのテキストアートも日本語では「アスキーアート」と呼ぶ。 「ASCII art」とは本来、英語コミュニティにおいて「ASCII文字コード(図形文字領域0x20 - 0x7E)に含まれる文字・記号を用いた表現」のことを指した。日本語の入力環境ではASCIIコードでなくシフトJISやEUC-JPなどが主流だが、これらを用いたテキストアートも一般に「アスキーアート」と呼んでいる。一方、英語ではこれらは「シフトJISアート(Shift_JIS art)」と呼んで、ASCII artとは明確に区別する。 アスキーアートは1行(数文字〜数十文字)の顔文字から、複数行(数百〜数千文字)に及ぶ大掛かりなものまで様々である。古くはタイプライターやテレタイプ端末で同様の表現を試みた者もいたが、この語が普及するようになったのは、パソコン通信の電子掲示板が知られるようになってからである。 (Wikipedia:アスキーアート)

アスキーネット
アスキーネット(ASCIInet)はかつて株式会社アスキー(現アスキー・メディアワークス)が運営していた商用パソコン通信ホスト局。 パソコン関連出版社のアスキーが1985年に実験サービスとしてパソコン通信ホストを開局した。有料化後は4種類のサービスに分かれていたが後に統合された。Windows95が発売されて以降、インターネットの利用が広まるにつれ他の商用パソコン通信と同じくインターネット接続機能も取り入れるようになったが、利用者数が伸びず1997年にサービスを停止した。 沿革 1985年 3月26日 アスキーネット入会申込み受付開始 5月1日 実験運用開始 5月 『パソコン通信ハンドブック』発売 1986年 12月20日 アスキーネットMSX運用開始 12月31日 実験運用ID発行終了 1987年 3月20日 アスキーネットACS運用開始 5月29日 アスキーネット実験運用終了 6月15日 アスキーネットPCS運用開始 1988年6月 利用料金改定 1990年7月10日 アスキーネットDPI運用開始 1992年 3月25日 MSX/ACS/PCS/DPI運用終了 3月30日 新アスキーネット運用開始 1994年 1月20日 PC-VAN+との相互接続開始 3月~ telnet/whois/ftp/NetNews等順次サービス追加 10月31日 Internet 電子メールサービス開始 1995年9月1日 アスキーネット関西センター開設 1996年 1月31日 WorldTALKによるWWWサービス開始 5月15日 ダイヤルアップIP接続サービス開始 1997年 5月2日 サービス停止を発表 8月24日 サービス停止(以降リードオンリー期間あり) システム ホスト側で多くの機能をもっていた。 (Wikipedia:アスキーネット)

アスキーツクールシリーズ
『ツクールシリーズ』より : ツクールシリーズは、株式会社エンターブレインが開発・発売しているゲーム制作ソフトおよびそれらに関連するキャラクター制作ソフトや音楽制作ソフトなど、いわゆるツクールと名の付くシリーズ。「ツール」(Tool)と「作る」をかけた造語である。 ツクールシリーズの代表作としてはRPG制作ソフトの『RPGツクール』がある。このようなツクールシリーズを使ってゲームを作る人は「ツクラー」と呼ばれることもある。かつては「ツクーラー」とも呼ばれていたが、間延びすることからツクラーといわれるようになった。 元々は株式会社アスキーから発売されており、その際の名称は「アスキーツクールシリーズ」であった。その後開発が、エンターブレインに移行すると、「ツクールシリーズ」に改称され、ロゴから「アスキー」が消えた。 一部タイトルはサクセスや空想科学も開発に携わっている。 2011年12月現在の新規タイトルにおける最新版は、PC版の『RPGツクールVX Ace』とニンテンドーDS版の『RPGツクールDS+』である。 (Wikipedia:アスキーツクールシリーズ)

アスキー (出版社)
『アスキー (企業)』より : 株式会社アスキー(ASCII CORPORATION)とはかつて存在したコンピュータ関連の雑誌、書籍の制作を手掛ける日本の企業。KADOKAWAグループ(角川グループホールディングス)の傘下。 会社概要 メディアワークスと合併したアスキーは、法人としては2002年(平成14年)に当時のアスキーの子会社だったアストロアーツから商号変更した法人である。以前のアスキーはメディアリーヴスに商号変更した。以下では2002年(平成14年)以前のアスキーについても述べるがメディアリーヴスの項目も参照のこと。 1977年(昭和52年)に当時雑誌『I/O』(アイオー)の編集者であった西和彦、郡司明郎、塚本慶一郎(後に独立してインプレスを設立)らが独立し月刊アスキーなどの雑誌を発行するために設立した会社である。日本のベンチャー企業の元祖といわれている。 1986年(昭和61年)に日本ソフトバンク(後のソフトバンク)に対抗すべく三井物産などが出資してパソコンソフト等の卸売会社「ソフトウィング」を設立したが、1994年(平成6年)に東証2部上場のカテナに吸収合併された。 (Wikipedia:アスキー (出版社))

アスキー (企業)
株式会社アスキー(ASCII CORPORATION)とはかつて存在したコンピュータ関連の雑誌、書籍の制作を手掛ける日本の企業。KADOKAWAグループ(角川グループホールディングス)の傘下。 会社概要 メディアワークスと合併したアスキーは、法人としては2002年(平成14年)に当時のアスキーの子会社だったアストロアーツから商号変更した法人である。以前のアスキーはメディアリーヴスに商号変更した。以下では2002年(平成14年)以前のアスキーについても述べるがメディアリーヴスの項目も参照のこと。 1977年(昭和52年)に当時雑誌『I/O』(アイオー)の編集者であった西和彦、郡司明郎、塚本慶一郎(後に独立してインプレスを設立)らが独立し月刊アスキーなどの雑誌を発行するために設立した会社である。日本のベンチャー企業の元祖といわれている。 1986年(昭和61年)に日本ソフトバンク(後のソフトバンク)に対抗すべく三井物産などが出資してパソコンソフト等の卸売会社「ソフトウィング」を設立したが、1994年(平成6年)に東証2部上場のカテナに吸収合併された。 (Wikipedia:アスキー (企業))

アスキー・メディアワークス
アスキー・メディアワークス(英: ASCII MEDIA WORKS)は、日本の出版社・KADOKAWAの事業局の一つ。 2008年(平成20年)4月1日に、サブカルチャー系出版社・ゲームメーカーであるメディアワークスが、IT系出版社のアスキー(新社)を吸収合併し、株式会社アスキー・メディアワークス(英: ASCII MEDIA WORKS Inc.)として発足した。2013年(平成25年)10月1日にKADOKAWAへ吸収合併され、ブランドカンパニー(社内カンパニー)の一社となったのち、ブランドカンパニーを廃止した2015年4月以降は(2016年1月現在)事業局となっている。 沿革 株式会社アスキーおよび株式会社メディアワークス 1977年5月24日 - 株式会社アスキー(旧社)設立。 1991年6月24日 - 株式会社アストロアーツ設立。 1992年10月15日 - 株式会社メディアワークス設立。主婦の友社の支援を受ける。 1999年 - メディアワークス、主婦の友社との提携を解消し同社の発行物は角川書店発売となる。 (Wikipedia:アスキー・メディアワークス)

アスキーサムシンググッド
『』より : (Wikipedia:アスキーサムシンググッド)


アスキー - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アスキー - アマゾン検索


「アスキー」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す