[PR]

日別キーワード

第65位  里芋 - 2018年11月03日


関連するイメージは見つかりませんでした



里芋
『サトイモ』より : サトイモ(里芋、学名:Colocasia esculenta (L.) Schott), 英: Eddoe)は、東南アジアが原産のタロイモ類の仲間でサトイモ科の植物。茎の地下部分(塊茎)と、葉柄を食用にし、葉柄は芋茎(ズイキ)と呼ばれる。栽培の歴史が長いことから、「同音異種」「異名同種」が多い。地方名:ハイモ。 日本のサトイモは花を咲かせないと言われるが、実際には着花することがある。着花する確率は品種間の差が大きく、毎年開花するものからホルモン処理をしてもほとんど開花しないものまで様々である。着蕾した株では、その中心に葉ではなくサヤ状の器官が生じ、次いでその脇から淡黄色の細長い仏炎苞を伸長させてくる。花は仏炎苞内で肉穂花序を形成する。山地に自生していたヤマイモに対し、里で栽培されることからサトイモという名が付いたとされる。 サトイモの栽培品種は2倍体 (2n=28) 及び3倍体 (2n=42) である。着果はほとんど見られないが、2倍体品種ではよく着果する。種子はウラシマソウなどと比較してかなり小さい。 栽培 適地 熱帯のアジアを中心として重要な主食になっている多様なタロイモ類のうち、最も北方で栽培されている。 (Wikipedia:里芋)


里芋 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

里芋 - アマゾン検索


「里芋」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す