[PR]

日別キーワード

第81位  ホモ・サピエンス - 2018年11月03日


関連するイメージは見つかりませんでした



ホモ・サピエンス
『ヒト』より : ホモ・サピエンス(英語: Homo sapiens、ラテン語で「賢い人間」を意味する)は、現生人類の属する種の学名である。ネアンデルタール人(ホモ・ネアンデルターレンシス)などのすでに絶滅した多くの旧人類もこれに含める。ヒト属の唯一の現存種である。 種の下位の亜種の分類では、現生人類をホモ・サピエンス・サピエンスとすることで、彼らの祖先だと主張されてきたホモ・サピエンス・イダルトゥと区別している。創意工夫に長け、適応性の高いホモ・サピエンスはこれまでに疑いようもなく、地球上で最も支配的な種として繁栄してきた。国際自然保護連合が作成した絶滅危惧種のレッドリストでは、「軽度懸念」(低危険種)とされている。 分類 「ホモ・サピエンス」という学名は1758年にカール・フォン・リンネによって考え出された。ラテン語の名詞で「homō」(属格の「hominis」)は「人間」を意味する。 ホモ・サピエンスの亜種にはホモ・サピエンス・イダルトゥと唯一現存するホモ・サピエンス・サピエンスが含まれる。 (Wikipedia:ホモ・サピエンス)

ホモ・サピエンス・サピエンス
『人間』より : ヒト(人) とは、広義にはヒト亜族(Hominina)に属する動物の総称であり、狭義には現生の(現在生きている)人類(学名 Homo sapiens)を指す。 「ヒト」はいわゆる「人間」の生物学上の標準和名である。生物学上の種としての存在を指す場合には、カタカナを用いて、こう表記することが多い。 本記事では、ヒトの生物学的側面について述べる。現生の人類(狭義のヒト)に重きを置いて説明するが、その説明にあたって広義のヒトにも言及する。 なお、化石人類を含めた広義のヒトについてはヒト亜族も参照のこと。ヒトの進化については「人類の進化」および「古人類学」の項目を参照のこと。 ヒトとは、いわゆる人間のことで、学名が Homo sapiens(ホモ・サピエンス)あるいは Homo sapiens sapiens(ホモ・サピエンス・サピエンス)とされている動物の標準和名である。 (Wikipedia:ホモ・サピエンス・サピエンス)


ホモ・サピエンス - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ホモ・サピエンス - アマゾン検索


「ホモ・サピエンス」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す