[PR]

日別キーワード

第96位  岡崎市 - 2018年11月03日


関連するイメージは見つかりませんでした



岡崎市
岡崎市(おかざきし)は、愛知県の旧三河国のほぼ中央に位置する市。全国的には「八丁味噌」の産地として知られ、豊田市とともに西三河を代表する都市。中核市に指定されている。 足利氏族である細川氏、仁木氏、戸崎氏、また、鳥居氏、大久保氏、土井氏の発祥地、徳川家康の生誕地として有名である。中世の鎌倉街道や、江戸時代の東海道宿場町、城下町として栄え、歴史的に西三河地方の中心都市として機能してきた。中心部は旧額田郡で、明治時代初期には額田県の県庁所在地であった。また、一部に旧碧海郡の地域もある。 研究教育施設や史跡が多く、市の規模に比して文教都市の色が濃い。また、伝統地場産業には八丁味噌、花火、石製品、額田の豆腐などがある。 岡崎市民は、「岡崎」の地名を「おかざき」ではなく、「川崎」と同じように「おかざき」と平板に発音する(JRの駅の行き先放送では「おかざき」と発音されている)。人名(姓)の場合は「おかざき」と発音して区別する。岡崎が舞台となったNHK連続テレビ小説『純情きらり』や大河ドラマ『徳川家康』の中でも、放映開始当初は「おかざき」と発音していたが、途中から「おかざき」の発音に改められた。 (Wikipedia:岡崎市)

岡崎市郷土館
岡崎市郷土館(おかざきしきょうどかん)は、愛知県岡崎市にかつて存在していた資料館。岡崎市せきれいホールに隣接している。 1969年(昭和44年)1月14日、開館。岡崎市と周辺地域の資料が、収集・展示されていた。本館及び収蔵庫は、1913年(大正2年)に、額田郡公会堂並びに額田郡物産陳列所として建てられたものを使用していた。これら2棟の建物は、「我が国における最初期の郡立の公会堂・物産陳列所建築で、両者が一組で現存する数少ない例として貴重。また、地方における西洋建築の様式的・技術的修得過程の達成度を示す建築遺構としても意義が認められる。」とし、1999年(平成11年)12月1日に国の重要文化財に指定された。 2010年(平成22年)4月1日には老朽化していた建物の耐震補強工事を行うためとして閉館した。規模を縮小して重要文化財建造物についての展示がかつての管理室(未指定)で行われていたが、2014年(平成26年)4月1日をもって、完全閉館となった。 (Wikipedia:岡崎市郷土館)

岡崎市立秦梨小学校
秦梨小学校(はだなししょうがっこう)は愛知県岡崎市の山間部に位置する小学校である。
全学年1クラス。障害者学級1クラス。計7クラス
全校児童65人(2007年 平成19年4月現在)
学校林活動
炭焼き
ビオトープ
:入学式・下校指導・給食開始・退任式・健康診断・避難訓練・授業参観・PTA総会・児童引き渡し訓練・家庭訪問・1年生を迎える会・交通教室
:山菜摘み・山菜会食・運動能力試験 テスト・全校田植え・基礎学力テスト1
:学区大運動会・プール開き・フリー授業参観・不審者対応避難訓練・心肺蘇生法講習会
:七夕集会・山の学習・校内水泳大会・選手激励会・基礎学力テスト2・個別懇談会・大掃除・終業式
:夏休み中の奉仕作業
:始業式・避難訓練・給食開始・フリー授業参観
(Wikipedia:岡崎市立秦梨小学校)

岡崎市立根石小学校
岡崎市立根石小学校(おかざきしりつねいししょうがっこう)は、愛知県岡崎市にある小学校である。
1872年5月に投町(現在の岡崎市若宮町)有志が同町の法円寺を仮校舎として読み書き算盤の教育を開始、同年9月の小学校則発布に伴い小学校支校根石小学校となった。以降、学制改革や地方自治体改革などにより校名は幾度か変わり、1947年に現在の校名となる。開校130年を超えており、日本の公立小学校の中で最も歴史の古い学校のひとつである。
市立の小学校にしては珍しく制服があり、男子は襟の寝た(国民学校風の)学生服、女子は地域で「スズメ服」の愛称がある茶色のブレザーと釣りスカートを着用する。ただしこれは岡崎市の市立学校によくあるように正式行事の際にのみの着用となっており、普段は体操服での登下校となっている。
(Wikipedia:岡崎市立根石小学校)

岡崎市民球場
岡崎市民球場(おかざきしみんきゅうじょう)とは、愛知県岡崎市にある岡崎中央総合公園内にある野球場のことである。 1991年3月30日竣工、同年6月1日供用開始。 全国高等学校野球選手権愛知大会や中日ドラゴンズのオープン戦・2軍戦(ウエスタン・リーグ)で使用されるなど、プロ・アマ問わず実績が多い。 地方球場としては破格のグラウンド面積を誇り、特に中堅は126mとプロ野球のどの本拠地球場よりも深いが、収容人数の少なさや交通アクセス面が充分とはいえないことなどから、プロ野球の一軍公式戦開催は難しいとされている。 施設概要 本体RC造 両翼:99.1m、中堅:126.0m 収容人数:25,000人(内野:椅子席10,000人、外野:芝生席15,000人) フェンス:ラバー+ネット:2.8m スコアボード:電光式(3色LED表示〔2008年以前は緑色表示〕)投球スピード表示あり フィールド:内野=土(黒土混合土)、外野=天然芝(ティフトン芝) 放送席(バックネット裏上段。 (Wikipedia:岡崎市民球場)


岡崎市 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

岡崎市 - アマゾン検索


「岡崎市」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す