[PR]

日別キーワード

第5位  武豊 - 2018年11月04日


関連するイメージは見つかりませんでした



武豊
武 豊 (たけ ゆたか、1969年(昭和44年)3月15日 - )は、日本中央競馬会 (JRA) の騎手である。 曽祖父の彦七は函館大経の弟子で、祖父芳彦は馬主協会元会長、現役騎手邦彦、の三男として生まれる京都府で生まれるものの、すぐ現在の栗東市へ引っ越す。なお、四男の幸四郎も騎手である。10歳の時乗馬を始める。栗東市立金勝小学校・栗東市立栗東中学校を経て1984年(昭和59年)JRA競馬学校入学。 1987年(昭和62年)3月1日、アグネスディクターに騎乗し、騎手デビューを果たす。同3月7日、ダイナビショップで初勝利。1988年(昭和63年)菊花賞をスーパークリークで制しG1初勝利。 2010年 (平成22年) 4月12日に日本騎手クラブの東西役員総会で柴田善臣の後任として会長に選出、同年9月に会長へ就任した。 ダービージョッキーとして 日本競馬界において頂点の競走として位置付けられている東京優駿(日本ダービー)では5勝を挙げており、歴代最多。 (Wikipedia:武豊)

武豊線
武豊線(たけとよせん)は、愛知県大府市の大府駅から同県知多郡武豊町の武豊駅に至る、東海旅客鉄道(JR東海)の鉄道路線(地方交通線)である。 知多半島のおよそ北半分の東側を通る。 名古屋への通勤・通学路線となっているが、元来は1886年(明治19年)3月1日に中山道鉄道(後に東海道経由に変更され東海道本線)の建設資材を武豊港(衣浦港)から陸揚げし運搬するために敷設された路線である。 JR東海の発足後はキハ75形といった新型車両の導入や運転本数の増加、2015年(平成27年)3月1日には全線が電化される(後述の「電化」の節を参照)などの輸送改善が図られた。 2008年(平成20年)度の輸送密度は約9,156人。これは地方交通線では可部線(JR西日本、約18,635人)に次いで2番目に高い数値である。 大府駅の東海道本線からの分岐部は立体交差になっており、大府 - 尾張森岡間は旅客列車と貨物列車がそれぞれ別の線路を通る。前者の線路は南方貨物線計画により貨客分離を目的として建設された高架線、後者の線路は明治時代から存在する地上線で、途中に1か所、愛知県道50号名古屋碧南線との踏切がある。 (Wikipedia:武豊線)

武豊町
武豊町(たけとよちょう)は、愛知県知多郡の町。三河湾の臨海部に位置し、重要港湾の衣浦港を抱え、沿岸には工業地帯が広がっている。 「浦島太郎伝説の町」として町をあげてPRしており、「浦島」「竜宮」「乙姫橋」などの地名が残っている。 地理 河川: 石川・堀川・新川 湿地: 壱町田湿地 地区 上ヶ・馬場・下門・市場・玉貫(玉東・玉西1・玉西2・六貫山)・小迎・北山・中山・緑・原田・大足・富貴・富貴市場・市原・東大高・新田の16地区。 町内の地名 (武豊=1954年までの旧武豊町域。大字が編成されておらず現在でも「武豊町」の後に字名・番地を続けている。) 富貴 (旧富貴村) 東大高 (旧富貴村) 豊成 (成立年不明、武豊の一部より成立) 鹿ノ子田 (成立年不明、武豊の一部より成立) 梨子ノ木 (成立年不明、武豊の一部より成立) 祠峯 (成立年不明、武豊の一部より成立) 砂川 (成立年不明、武豊の一部より成立) 平井 (成立年不明、武豊の一部より成立) 二ケ崎 (成立年不明、武豊の一部より成立) 池田 (成立年不明、武豊の一部より成立) 天神前 (成立年不明、武豊の一部より成立) 上山 (成立年不明、武豊の一部より成立) 中山 (成立年不明、武豊の一部より成立) 長宗 (成立年不明、武豊の一部より成立) 北中根 (成立年不明、武豊の一部より成立) 青木ケ丘 (成立年不明、武豊の一部より成立) 中根 (成立年不明、武豊の一部より成立) 緑台 (成立年不明、武豊の一部より成立) 桜ケ丘 (成立年不明、武豊の一部より成立) 楠 (成立年不明、武豊の一部より成立) 向陽 (成立年不明、武豊の一部より成立) 多賀 (成立年不明、武豊の一部より成立) 六貫山 (成立年不明、武豊の一部より成立) 旭ケ丘 (成立年不明、武豊の一部より成立) 隣接する自治体 北 - 半田市 西 - 常滑市 南 - 知多郡美浜町 1878年(明治11年) - 長尾村と大足村が合併して武豊村となった。 (Wikipedia:武豊町)

武豊インターチェンジ
武豊インターチェンジ(たけとよインターチェンジ)は、愛知県知多郡武豊町にある南知多道路のインターチェンジ。名古屋方面には武豊パーキングエリアを併設している。 道路 南知多道路 接続する道路 愛知県道72号武豊小鈴谷線 料金所 入口 レーン数:2 ETC専用:1 一般:1 出口 レーン数:3 ETC専用:1 一般:2 周辺 愛知県立武豊高等学校 日油武豊工場 隣 南知多道路 半田IC - 武豊IC/PA - 美浜PA - 美浜IC 関連項目 日本のインターチェンジ一覧。 (Wikipedia:武豊インターチェンジ)

武豊駅
武豊駅(たけとよえき)は、愛知県知多郡武豊町字金下にある、東海旅客鉄道(JR東海)武豊線の駅である。 武豊駅は、東海道本線の大府駅から南方へ伸びる武豊線の終着駅である。武豊町内ではJR線唯一の駅で、町内の市街地に位置している。とはいえ駅の西約500 mの場所にある名古屋鉄道(名鉄)河和線の知多武豊駅のほうが、乗車人員ベースで4倍近く利用客が多い。 開業は1886年(明治19年)で、愛知県下で最も古い駅の一つ。名古屋市の熱田駅へと伸びる、県内最初の鉄道の起点であった。当初は現在よりも南方の臨海部にあったが、開業6年後の1892年(明治25年)に現在地に移転した。移転前の旧駅はその後貨物駅の武豊港駅として開業したが、1965年(昭和40年)に廃止されている。 武豊線は関東地方と近畿地方を結ぶ幹線鉄道への資材運搬線として建設された経緯があるが、当初その起点である武豊駅付近には長さ約140 m・幅約5.5 mの木製桟橋が建設され、資材の陸揚げ基地とされていた。 (Wikipedia:武豊駅)

武豊パーキングエリア
武豊パーキングエリア(たけとよパーキングエリア)は、愛知県知多郡武豊町の南知多道路上にあるパーキングエリア。上り線にのみ設置されている。南知多道路を運営する愛知県道路公社は駐車場のみを管理しており、売店やレストランの運営は名鉄レストラン(2002年よりメイフーズ)が行っている。 なお、駐車場から本線に戻るルートと出口(料金所)へ向かうルートが違う(進行方向が逆になる)ため、衝突事故に注意。PAからICへ出ることは可能だが、ICからPAに入ることはできない。豊丘方面から中部国際空港方面へ向かう場合、当PAが最終休憩所となる。 道路 南知多道路 施設 駐車場 大型5台 小型60台 車椅子用2台 レストイン武豊 トイレ レストラン 売店 自動販売機 隣 南知多道路 半田IC - 武豊IC/PA - 美浜PA - 美浜IC 関連項目 日本のサービスエリア・パーキングエリア一覧 外部リンク 愛知県道路公社による紹介。 (Wikipedia:武豊パーキングエリア)

武豊TV!
武豊TV!II(たけゆたかティービーツー)は、2009年4月よりフジテレビワンツーネクストで毎月1回(各開催終了後)放映されている競馬に関する番組。フジテレビの動画配信サービス『フジテレビ On Demand』でも配信されている。 2009年4 - 12月まではフジテレビNEXTでの放送だったが、2010年1月からはフジテレビTWOに、2012年4月にはフジテレビONEにチャンネルが変更された。   2005年4月から2009年3月までフジテレビ739及びフジテレビ On Demandにて放送されていた『武豊TV!』(たけゆたかティービー)のリニューアル版であるが、番組内容は実質的に同一であるため、本項目では両番組について扱う。 ジョッキー・武豊をフィーチャーした番組。武豊が騎手としての視点で自らの騎乗をレース映像やゲストの騎手・関係者らを交えて振り返っていく「豊プレイバック」のコーナーを中心に、武豊騎手の素顔、またゲストとの交遊録などで構成される。 (Wikipedia:武豊TV!)

武豊TV
『』より : (Wikipedia:武豊TV)


武豊 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

武豊 - アマゾン検索


「武豊」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す