[PR]

日別キーワード

第14位  テイエム - 2018年11月04日


関連するイメージは見つかりませんでした



テイエムオペラオー
テイエムオペラオー(英語表記: TM Opera O、香港表記: 好歌劇、1996年3月13日 - )は日本の競走馬・種牡馬。1999年JRA賞最優秀4歳牡馬、2000年年度代表馬およびJRA賞最優秀5歳以上牡馬(部門名はいずれも当時)。顕彰馬。シンボリルドルフに続いての中央競馬GI最多勝タイ(7勝)、2000年の年間無敗記録を達成し、また2016年現在獲得賞金の世界記録を保持している。 デビュー前 当馬の血統は、姉にCBC賞2着のチャンネルフォーがおり、その他の兄弟の勝ちあがり率も高かったものの、父であるオペラハウスが日本でまだ良績を残していなかったサドラーズウェルズ系種牡馬ということもあり、それほど良血と呼べる血統ではなかった。また、馬体もバランスは取れていたものの、これといった特徴があるものではなかったために、牧場にいるときの同馬の評価はそれほど高いものではなかった。しかし、後にオーナーとなる竹園は牧場で同馬を見たときに「光り輝いて見えた」というぐらい惚れ込み、購入する事を決めた。 (Wikipedia:テイエムオペラオー)

テイエムオーシャン
テイエムオーシャンは日本の元競走馬で、現在は繁殖牝馬。競走馬時代はデビューから引退まで一貫して本田優が騎乗している。 おもな勝ち鞍は2000年の阪神3歳牝馬ステークス、2001年の桜花賞、秋華賞。2000年JRA賞最優秀3歳牝馬、2001年JRA賞最優秀3歳牝馬(馬齢表記改正にともないJRA賞の部門名も改称されたため、2000年に受賞したのは現在のJRA賞最優秀2歳牝馬にあたる)。 デビュー前 母は桜花賞優勝馬エルプスの仔であった。現役時代1勝しかできなかったが、繁殖入りしてダンシングブレーヴとの間に生まれたのが本馬である。生誕して10日後、川越牧場に赴いた馬主の竹園は偶然みかけたオーシャンを「小柄な馬だったが走りそうな馬」と感じ同行していた数人の調教師の反対を押し切り購入を決断した。 競走馬時代 2000年8月、旧馬齢(数え年)3歳時に札幌競馬場でデビュー。新馬戦・500万下条件戦を連勝し、札幌3歳ステークスでは後の東京優駿(日本ダービー)優勝馬であるジャングルポケットの3着に終わるものの、その後2ヵ月半の休み明けで出走した阪神3歳牝馬ステークスを制し、この年の最優秀3歳牝馬に選ばれた。 (Wikipedia:テイエムオーシャン)

テイエムドラゴン
テイエムドラゴン(2002年4月10日 - )は日本の競走馬。アドマイヤベガ産駒初のJ・GI優勝馬である。 戦績 2歳、3歳 2004年秋の京都競馬でデビュー。芝の中長距離を中心に出走する。翌2005年秋まで9戦未勝利で、障害へ転向。これが功を奏して障害未勝利戦をあっさり勝ち上がると、いきなり重賞京都ハイジャンプに挑戦する。2番人気のテイエムドラゴンと3番人気のオンワードラトゥルが共に未勝利を勝ち上がったばかりという低調なメンバーのなか前走阪神ジャンプステークスで重賞初勝利のアズマビヨンドが圧倒的な1番人気となったが、レースではそのアズマビヨンドを直線入口で楽々差しきり4馬身差をつけて圧勝する。 そして僅か障害3戦目にして暮れの中山大障害に出走。中山初出走、-14kgの大幅な体重減ということもあり、前年の2着馬でイルミネーションジャンプステークスを勝って臨んだメジロオーモンドに続く2番人気となっていたが、中段追走から第3コーナーで先頭に並びかけ、終わってみれば後方から追い込んだ2着のメルシーエイタイムに9馬身差をつけ、障害戦3戦3勝でのJ・GI制覇。 (Wikipedia:テイエムドラゴン)

テイエムチュラサン
テイエムチュラサンとは日本の元競走馬である。主戦騎手は田嶋翔。 スピードに長けたところがあり、2005年のアイビスサマーダッシュを制している。これは九州産馬としては、コウエイロマンの小倉3歳ステークス以来7年ぶり、古馬混合重賞ではケンセイグットの日経新春杯以来24年ぶりのことであった。 馬名の由来は、冠名と沖縄の言葉で美しい人と言う意味だが、命名にはNHK朝の連続テレビ小説ちゅらさんの影響も少なからずあるのではないかともいわれている。 競走実績 2004年7月17日のデビュー戦「2歳新馬」は2番人気だったが逃げ切り1着。フェニックス賞では10着と惨敗したが、九州産馬限定のひまわり賞を制した。しかし、2歳牝馬のチャンピオンを決める阪神ジュベナイルフィリーズでは先行し途中で息を切らして14着に惨敗、フェアリーステークスも6着に敗れた。 翌2005年は、牝馬限定オープン特別の紅梅ステークスを8着。乗り替わった田嶋翔との新コンビでぶっつけで挑んだ桜花賞では再び16着惨敗。しかし、橘ステークスでは2着に入る。その後GIIIのファルコンステークスでは5着。 (Wikipedia:テイエムチュラサン)

テイエムプリキュア
テイエムプリキュアは日本の競走馬、繁殖牝馬である。2005年度JRA賞最優秀2歳牝馬。馬名の由来は「冠名+キャラクター名」。「プリキュア」とはアニメ『ふたりはプリキュア』シリーズの主人公たちが変身する伝説の戦士の名であり、名付け親は馬主・竹園正繼の娘である。 戦績 場内に新冠泥火山があるタニグチ牧場で2003年4月8日に誕生。誕生後すぐ母・フェリアードが腸捻転の手術を受けるため入院し、人間の手により乳を与えられて育つ。同年秋に日高軽種馬農業協同組合主催のオータムセールに上場され、250万円で竹園正繼に購買された。2005年、兄・テイエムハクバオーも管理する五十嵐忠男厩舎に入厩。 2005年 2005年9月3日に小倉競馬場で赤木高太郎を背にデビューし、ドリームパスポートなどを退けて初戦勝利を挙げた。続くかえで賞(500万円以下)は、鞍上に熊沢重文を迎えて連勝。2歳女王戦の阪神ジュベナイルフィリーズを迎える。当日は8番人気と低評価であったが中団待機策から残り100mで一気に先頭に立ち、2着のシークレットコードに1馬身半差を付けて優勝した。 (Wikipedia:テイエムプリキュア)

テイエム牧場
テイエム牧場(テイエムぼくじょう)は、鹿児島県垂水市と北海道日高町にある競走馬の生産牧場である。 テイエム技研の社長であり、冠名「テイエム」の競走馬を所有する馬主でもある竹園正繼が、オーナーブリーダーを目指して開設した。 鹿児島県垂水市にテイエム牧場と新テイエム牧場、北海道日高町にテイエム牧場日高支場とテイエム牧場門別育成場の4場がある。 所有する繁殖牝馬の大半に竹園所有のテイエムオペラオーやテイエムサンデーを配合している。鹿児島県の本場所属の繁殖牝馬は北海道で種付けされ、夏を過ごしたあと、秋に鹿児島県に移動し、翌年春に仔馬を出産する。これによって仔馬は九州産馬の恩恵を得られる。繁殖牝馬は出産後すぐに北海道に移動し、再び種付けというサイクルを繰り返す。 1996年に牧場の建設が開始され、1999年に最初の競走馬が誕生した。鹿児島県の本場で生産されたテイエムチュラサンが2005年にアイビスサマーダッシュに優勝し、牧場としてJRA重賞初優勝となった。 (Wikipedia:テイエム牧場)


テイエム - 関連ブログ

データが取得できませんでした

テイエム - アマゾン検索


「テイエム」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す