[PR]

日別キーワード

第16位  ヘリオス - 2018年11月04日


関連するイメージは見つかりませんでした



ヘリオス
ヘーリオス(古希: Ἥλιος , Hēlios)は、ギリシア神話の太陽神である。その名はギリシア語で「太陽」の意である。その象徴となる聖鳥は雄鶏。 太陽は天空を翔けるヘーリオス神の4頭立て馬車であると古代ギリシア人は信じていた。 日本語では長母音を省略してヘリオスとも表記する。 紀元前4世紀頃から、ヘーリオスはアポローンと同一視(習合)されるようになった。これはアポローンに光明神としての性質があったためと考えられる。 また、アポローンの双子の姉であるアルテミスは、ヘーリオスの妹で月の女神であるセレーネーと同一視されるようになった。 ヘーシオドスの『神統記』によれば、ヒュペリーオーンとテイアーの息子である。曙の女神エーオースや月の女神セレーネーは姉妹。また魔女のキルケーやヘーリアデス(太陽神の5人の娘たち)、パエトーンの父親でもある。 アポローンが乗る太陽の車を青空の牧場に駆る御者とも考えられた。 オリュムポスからみて、東の地の果てに宮殿を持つ。盲目になったオーリーオーンの目を治療した。また、常に空にあって地上のすべてを見ているため、アプロディーテーのアレースとの浮気をヘーパイストスに密告したのも、ハーデースがペルセポネーを誘拐したこと(正確にはゼウスが加担したこと)をデーメーテールに教えたのもヘーリオスとヘカテーである。 (Wikipedia:ヘリオス)

ヘリオスの巨像
『ロードス島の巨像』より : ロドス島の巨像(ロドスとうのきょぞう、Colossus of Rhodes)は、紀元前3世紀頃にリンドスのカレスによってエーゲ海南東部のロドス島に建造された、太陽神ヘーリオスをかたどった彫像(コロッソス)。世界の七不思議の一つ。 全長は34メートル。台座まで含めると約50メートルになり、現代のニューヨークの自由の女神像に匹敵する大きさであった。ヘーリオスは同じ太陽神のソルやアポロン(ローマ名アポロ)と混同されたため、アポロの巨像とも呼ばれる。 日本での表記には様々あり、ヘーリオスの巨像、ロドスの巨像や、ロドス島が「ロードス島」と表記されることもしばしばであることから(ロドス島#名称参照)、ロードスの巨像、ロードス島の巨像などとも表記される。また、1961年製作のアメリカ映画の邦題では「ロード島の要塞」と題された。 建造に至る経緯 紀元前323年、アレクサンドロス3世が死亡。彼には後継者が存在しなかったため、マケドニア帝国は有力な将軍たちによって分裂し、ディアドコイ戦争に突入した。 (Wikipedia:ヘリオスの巨像)

ヘリオス航空522便墜落事故
ヘリオス航空522便墜落事故 (ヘリオスこうくう522びんついらくじこ、Helios Airways Flight 522)は、2005年8月14日にギリシャで発生した航空事故である。キプロスの新興航空会社のヘリオス航空522便の乗客と乗員あわせて121名が全員死亡した、ギリシャ航空史上最悪の事故であった。操縦士が与圧システムの異常により酸素欠乏で意識不明となり、着陸できないまま燃料切れとなり山間部の森林に激突した。事故の翌日に政府高官が、事故機があと5分飛行してアテネの市街地上空に到達したならば、市街地への墜落を避けるために戦闘機に撃墜させるつもりであったと発言した。 事故当日のヘリオス航空522便 使用機材:ボーイング737-300(機体記号5B-DBY 愛称:オリンピア) フライトプラン:キプロス・ラルナカ午前9時7分(現地時間)発・ギリシャ・アテネ経由チェコ・プラハ行き 乗員乗客:合計121名 コックピットクルー 機長:ハンス・メルテン(58歳) 副操縦士:パンボス・チャララーン・ボース(51歳) 客室乗務員:アンドレアス・プロドロモ等4名 乗客:115名 事故の概略 ヘリオス航空522便は午前9時7分にキプロスを出発して高度約34,000フィート(約10,400メートル)に上昇し、午前9時37分にキプロスの飛行情報区を出てアテネ飛行情報区に入域した。 (Wikipedia:ヘリオス航空522便墜落事故)

ヘリオス航空522便
『ヘリオス航空522便墜落事故』より : ヘリオス航空522便墜落事故 (ヘリオスこうくう522びんついらくじこ、Helios Airways Flight 522)は、2005年8月14日にギリシャで発生した航空事故である。キプロスの新興航空会社のヘリオス航空522便の乗客と乗員あわせて121名が全員死亡した、ギリシャ航空史上最悪の事故であった。操縦士が与圧システムの異常により酸素欠乏で意識不明となり、着陸できないまま燃料切れとなり山間部の森林に激突した。事故の翌日に政府高官が、事故機があと5分飛行してアテネの市街地上空に到達したならば、市街地への墜落を避けるために戦闘機に撃墜させるつもりであったと発言した。 事故当日のヘリオス航空522便 使用機材:ボーイング737-300(機体記号5B-DBY 愛称:オリンピア) フライトプラン:キプロス・ラルナカ午前9時7分(現地時間)発・ギリシャ・アテネ経由チェコ・プラハ行き 乗員乗客:合計121名 コックピットクルー 機長:ハンス・メルテン(58歳) 副操縦士:パンボス・チャララーン・ボース(51歳) 客室乗務員:アンドレアス・プロドロモ等4名 乗客:115名 事故の概略 ヘリオス航空522便は午前9時7分にキプロスを出発して高度約34,000フィート(約10,400メートル)に上昇し、午前9時37分にキプロスの飛行情報区を出てアテネ飛行情報区に入域した。 (Wikipedia:ヘリオス航空522便)

ヘリオス (航空機)
「ヘリオス」(Helios) は、アメリカ航空宇宙局 アメリカ航空宇宙局 (NASA) が開発した、太陽電池と燃料電池を電源とする無人航空機「パスファインダー」(Pathfinder) の実験機。
無人機製作に長けたエアロバイメント社 (AeroVironment, Inc.) が、NASAの「ERASTプロジェクト(環境調査飛行機およびセンサー技術プロジェクト、:en:ERAST Project ERAST)の下で開発した機体である。
2003年6月26日、「ヘリオス」は故障し、ハワイ・カウアイ島西約16 キロの太平洋上に墜落した。
NASAによると、この実験でパスファインダーの概念を立証し、実際に実現させたとすれば、数ヶ月間の連続的な飛行を行うことも可能であるという。それゆえに、「パスファインダー」がいつか人工衛星の代替として大気圏内衛星 (atmospheric satellites) とでも呼べる物の先駆けになるとしている。
(Wikipedia:ヘリオス (航空機))

ヘリオスプロトタイプ
「ヘリオス」(Helios) は、アメリカ航空宇宙局 (NASA) が開発した、太陽電池と燃料電池を電源とする無人のソーラープレーン「パスファインダー」(Pathfinder) の実験機。 無人機製作に長けたエアロバイメント社 (AeroVironment, Inc.) が、NASAの「ERASTプロジェクト(環境調査飛行機およびセンサー技術プロジェクト、ERAST)の下で開発した機体である。 2001年8月13日、高度9万6863 フィート (2万9511 メートル) を達成し、プロペラ機としての高度記録を作った。この高度の空気は火星の大気と類似しており、この成果を受けてNASAの科学者は将来「パスファインダー」が火星の大気圏において使用できる機体になる可能性を研究している。 2003年6月26日、「ヘリオス」は故障し、ハワイ・カウアイ島西約16 キロの太平洋上に墜落した。 機体の意義と今後の目標 NASAによると、この実験でパスファインダーの概念を立証し、実際に実現させたとすれば、数ヶ月間の連続的な飛行を行うことも可能であるという。 (Wikipedia:ヘリオスプロトタイプ)

ヘリオス酒造
ヘリオス酒造株式会社(ヘリオスしゅぞう)は、1961年、ラム酒の製造から始まった、沖縄県名護市に本社を置く日本の酒造メーカー。 6種類の酒類製造免許(泡盛、リキュール、ウィスキー、スピリッツ、発泡酒、地ビール)を取得している総合酒類メーカーである。また日本国内では数少ない、独自のラム酒の製造を行う一社でもある。 沿革 1961年 - 松田正が那覇市にて合資会社太陽醸造を設立。 1969年 - 社名をヘリオス酒造株式会社に変更。 1972年 - 本社・工場を現在地の沖縄県名護市字許田405番地に移転。 1982年 - 沖縄県那覇市久茂地に那覇営業所を開設。 1985年 - 東京支店を開設。 1995年 - 本社事務所を新築。本社第二工場を新築。 1996年 - 地ビール製造免許を取得。沖縄県島尻郡具志頭村(現・八重瀬町)にビール工場が完成。同工場に併設したブルワリー・レストラン「ヘリオスブルワリー」がオープン。 事業所 本社・ブルワリー:沖縄県名護市許田405 東京支社: 東京都港区西新橋3-23-11 御成門小田急ビル10F 那覇支店: 沖縄県那覇市西1-20-4 大阪支店: 大阪府大阪市北区梅田2-5-6桜橋八千代ビル5-D 関連項目 泡盛の銘柄一覧 外部リンク ヘリオス酒造株式会社 泡盛百科(沖縄県酒造組合)。 (Wikipedia:ヘリオス酒造)


ヘリオス - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ヘリオス - アマゾン検索


「ヘリオス」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す