[PR]

日別キーワード

第29位  明治神宮 - 2018年11月04日


関連するイメージは見つかりませんでした



明治神宮
明治神宮(めいじじんぐう)は、東京都渋谷区にある神社。明治天皇と昭憲皇太后を祭神とする。初詣では例年日本一の参拝者数を誇る。正式な表記は「宮」の「呂」の中間の線が入らない「明治神宫」。 明治神宮は、明治天皇と昭憲皇太后を御祭神とする神宮である。 面積約70万平方メートルの境内はそのほとんどが全国青年団の勤労奉仕により造苑整備されたもので、現在の深い杜の木々は全国よりの献木が植樹された。また、本殿を中心に厄除・七五三などを祈願を行う神楽殿、「明治時代の宮廷文化を偲ぶ御祭神ゆかりの御物を陳列する」宝物殿、「御祭神の大御心を通じて健全なる日本精神を育成する」武道場至誠館などがある。 明治天皇は崩御後、京都の伏見桃山陵に葬られたが、東京に神宮を建設したいとの運動が天皇を崇敬する東京市民(当時)から起こり、1914年(大正3年)になると天皇に縁の深かったこの地への神宮建設が決定した。 (Wikipedia:明治神宮)

明治神宮野球大会
明治神宮野球大会(めいじじんぐうやきゅうたいかい)は、毎年11月に明治神宮野球場で開催される学生野球のトーナメント大会。主催は明治神宮と日本学生野球協会。 大会概要 明治神宮鎮座50年を記念して行われた1970年(昭和45年)の奉納野球が同大会の始まりである。第3回までは大学野球のみであったが、第4回大会から高校野球も加わり、高校と大学の2つの部となり、現在に至っている。 なお、本大会開始の2年前にあたる1968年(昭和43年)秋(11月)には、明治維新百年記念明治神宮野球大会として、大学の部、高校の部、社会人の部がそれぞれ行われている。かつて早春(3月)に実施されていた日本学生野球協会結成記念野球大会(1946年-1964年の18年間毎年開催)が取りやめになって数年経ていたことに加え、この1968年に実施された大会が思いのほか好評だった事が現在の明治神宮野球大会の起草に繋がったとされている。 (Wikipedia:明治神宮野球大会)

明治神宮大会
『明治神宮野球大会』より : 明治神宮大会(めいじじんぐうたいかい) 明治神宮野球大会 明治神宮競技大会。 (Wikipedia:明治神宮大会)

明治神宮野球場
明治神宮野球場(めいじじんぐうやきゅうじょう)は、東京都の明治神宮外苑に所在する野球場。 所有者は宗教法人・明治神宮であり、「神宮球場(じんぐうきゅうじょう)」の通称で知られている。ここではメイン球場のほか、隣接する神宮第2球場(兼明治神宮外苑ゴルフ練習場西練習場)についても触れる。 東京六大学野球連盟のリーグ戦開催球場として1926年(大正15年)に開場以来、アマチュア野球においては大学野球の主要球場として長年使用され、六大学野球のほか東都大学野球1部リーグおよび入れ替え戦を中心に今日まで使用されている。 他にも高校野球の東東京大会および西東京大会や全日本大学野球選手権大会、明治神宮野球大会の他、社会人野球(JABA東京スポニチ大会。過去には都市対抗野球大会、現在も東京都予選が)、日本リトルシニア全日本選手権など多くのアマチュアの大会が開催されている。日本国内では阪神甲子園球場とならんで「野球の聖地」とうたわれる野球場でもある。 アマチュア専用として初期はプロ野球公式戦での使用は認められなかったが、徐々に緩和され現在では東京ヤクルトスワローズが専用球場(本拠地球場)として使用している。 (Wikipedia:明治神宮野球場)

明治神宮球場
『明治神宮野球場』より : 明治神宮野球場(めいじじんぐうやきゅうじょう)は、東京都の明治神宮外苑に所在する野球場。 所有者は宗教法人・明治神宮であり、「神宮球場(じんぐうきゅうじょう)」の通称で知られている。ここではメイン球場のほか、隣接する神宮第2球場(兼明治神宮外苑ゴルフ練習場西練習場)についても触れる。 東京六大学野球連盟のリーグ戦開催球場として1926年(大正15年)に開場以来、アマチュア野球においては大学野球の主要球場として長年使用され、六大学野球のほか東都大学野球1部リーグおよび入れ替え戦を中心に今日まで使用されている。 他にも高校野球の東東京大会および西東京大会や全日本大学野球選手権大会、明治神宮野球大会の他、社会人野球(JABA東京スポニチ大会。過去には都市対抗野球大会、現在も東京都予選が)、日本リトルシニア全日本選手権など多くのアマチュアの大会が開催されている。日本国内では阪神甲子園球場とならんで「野球の聖地」とうたわれる野球場でもある。 アマチュア専用として初期はプロ野球公式戦での使用は認められなかったが、徐々に緩和され現在では東京ヤクルトスワローズが専用球場(本拠地球場)として使用している。 (Wikipedia:明治神宮球場)

明治神宮外苑
明治神宮外苑(めいじじんぐうがいえん)は、東京都新宿区・港区(一部)にある洋風庭園である。 「明治天皇の業績を後世までに残そう」という趣旨で建設された洋風庭園で、内苑(代々木にある明治神宮)に対して、外苑と呼ぶ。明治神宮による管轄の関係から、神社の敷地の一画と見なされている。内苑である明治神宮は神社建築を基調としているのに対して、外苑は「洋風」を基調としているのが特徴である。通常は、略して神宮外苑と呼ばれることが多い。異称として神宮の杜とも呼ばれる。広大な敷地の中に、よく知られている銀杏並木などの多くの樹木がある園地や明治神宮野球場(神宮球場)がある。なお国立霞ヶ丘競技場は、戦前は外苑競技場として外苑の施設であったが、戦後は国有地に戻って神宮外苑の用地でも施設でもなくなった。 明治天皇崩御後に建設が計画され、全国からの寄付金とボランティアにより、明治天皇大喪儀に際し葬場殿の儀が行われた青山練兵場跡地に1926年に完成した。 (Wikipedia:明治神宮外苑)

明治神宮競技大会
明治神宮競技大会(めいじじんぐうきょうぎたいかい)は、1924年(大正13年)から1943年(昭和18年)にかけ14回にわたって行われた総合競技大会。現在の国民体育大会を創設するにあたって影響を与えた。
目的:明治天皇の聖徳を憬仰し、国民の身体鍛錬、精神の作興に資す
性格:神事的体育行事
主催:第1回~第2回は内務省 (日本) 内務省、第3回~第9回は明治神宮体育会、第10回~第13回は厚生省(第14回は地方予選のみ)
期日:毎年11月明治神宮例祭を含む一定期間
主会場:明治神宮外苑競技場
参加者:青年団、一般(学生を含む)
選手選出方法:青年団は道府県単位(1府県10名程度とする)。一般は北海道・東北・関東・北陸・東海・近畿・中国・四国・九州・台湾・朝鮮・関東州の12地域ごとに予選を行い選出。
(Wikipedia:明治神宮競技大会)

明治神宮前駅
明治神宮前駅(めいじじんぐうまええき)は、東京都渋谷区神宮前にある、東京地下鉄(東京メトロ)の駅である。2010年(平成22年)3月6日以降「〈原宿〉」(はらじゅく)を併記・併称する。 千代田線・副都心線が乗り入れる。駅番号は、千代田線がC 03、副都心線がF 15となっている。 また、東日本旅客鉄道(JR東日本)山手線の原宿駅の至近にあり、乗り換え駅として案内されるほか、千代田線を経路とする定期券では連絡運輸が実施されている(副都心線については対象外で渋谷駅経由での取り扱いとなる)。 2010年3月に行われた山括弧付きの「〈原宿〉」の併記は、人気地区である原宿にあることを強調し、特に休日の利用者を増加させることを意図されている。同日のダイヤ改正以降、土曜・休日ダイヤにおいて副都心線の急行列車が停車する。2015年度計画(PDF)では平日においても停車する計画がされ、2016年3月26日より停車するようになった。 1962年(昭和37年) - 都市交通審議会答申第6号において、東京8号線が規定される。 (Wikipedia:明治神宮前駅)

明治神宮外苑競技場
明治神宮外苑競技場(めいじじんぐうがいえんきょうぎじょう、Meiji Jingu Gaien Stadium)は東京・青山の明治神宮外苑内に1924年(大正13年)に完成し、1957年(昭和32年)に取り壊された陸上競技場で、翌58年に完成、2015年に取り壊された国立競技場の前身にあたる施設。近代日本における最初の大規模スタジアムである。 施設概要 設計は内務省明治神宮造営局技師小林政一。世界の有名なスタジアムを参考にし、当時として最新鋭の設備を備えた。基本構造は南北方向に配置されたトラックと西側に設置されたメインスタンドであった。メインスタンドの両端には塔がたてられ、北側の塔には大時計がついていた。よく「明治神宮外苑競技場はストックホルム・オリンピアスタディオン」(1912年完成)を範として建築」されたといわれることがあるが、後藤健生はこれを俗説であるとする。その理由として、設計においてさまざまなスタジアムを参考にしていることを小林自身が著作『明治神宮外苑工事に就て』の中で述べている点、さらに二つのスタジアムの共通点であるとされるメインスタンドの塔(時計塔)が、実際にはウェンブリースタジアムなどにみられるように当時の世界のスタジアム建築での流行であったことをあげている。 (Wikipedia:明治神宮外苑競技場)


明治神宮 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

明治神宮 - アマゾン検索


「明治神宮」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す