[PR]

日別キーワード

第40位  DSD - 2018年11月04日


関連するイメージは見つかりませんでした



DSD
『Direct Stream Digital』より : DSD 以下の言葉における英語の略称に使用される。 ダイレクトストリームデジタル (Direct Stream Digital) - 音声の信号化方式の1つ。 性分化疾患(英: Disorders of Sex Development, Disorders of Sex Differentiation) - 先天的な性の非定型性を指す医学用語。また、これに伴う出生時などにおける性別の判別が難しい状態を指してかつては半陰陽、インターセックス(英: Intersex、略称: IS)という言葉がよく用いられていた。 (Wikipedia:DSD)

DSDL
『文書スキーマ定義言語』より : 文書スキーマ定義言語(ぶんしょスキーマていぎげんご、英: Document Schema Definition Languages, DSDL)は、マークアップ言語 XML もしくは SGML に準拠した文書に対して、異なる複数の妥当性検証技術 (スキーマ言語) による検証処理を適用するためのフレームワークであり、単一の検証技術を適用する場合よりも強力な検証処理を実現することを目的とする。 2007年8月現在、ISO/IEC 19757 で仕様の制定が進められている。 RELAX NG などいくつかの仕様は、既に制定作業を終了している。 文書スキーマ定義言語の標準は、10部 (パート) から構成される。 文書構造を記述する仕様、データ型を記述する仕様、構造化文書内のデータの関連を記述する仕様など、複数の仕様からなるモジュール化されたセットを定義する。 第1部 概要 第2部 正規文法に基づく妥当性検証 - RELAX NG 第3部 規則に基づく検証 - Schematron 第4部 名前空間に基づく検証委譲言語 - NVDL 第5部 データ型ライブラリ言語 - DTLL (Data Type Library Language) 第6部 パスに基づく一貫性制約 第7部 文字レパートリ記述言語 - CREPDL (Character Repertoire Description Language) 第8部 文書スキーマ再命名言語 - DSRL (Document Schema Renaming Language) 第9部 データ型および名前空間を認識するDTD 第10部 検証管理2007年8月現在、第2部 (RELAX NG)、第3部 (スキマトロン) 及び第4部 (NVDL) は既に制定され、ISO国際規格となっている。 (Wikipedia:DSDL)


DSD - 関連ブログ

データが取得できませんでした

DSD - アマゾン検索


「DSD」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す