[PR]

日別キーワード

第59位  よさこい - 2018年11月04日


関連するイメージは見つかりませんでした



よさこい
よさこいは、夜さり来い(夜にいらっしゃい)という古語が変化した言葉。または、高知県の民謡であるよさこい節、同県のよさこい祭りの略。他に高知県のよさこい祭りの形式を取り入れた、各地の祭り・イベント・踊りの呼称として、よさこいと呼ぶ場合がある。よさこい節のよさこいの意味は、どの説に従うかによって解釈が異なる(よさこい節の項参照)。 言葉の意味 「夜さり」は夜分や今夜という意味で、9世紀末から使われていた言葉である。「さらに夜さりこの寮(つかさ)にまうで来(こ)とのたまいて/竹取物語」。また「り」がとれた「夜さ」という形では1707年ごろから人形浄瑠璃に登場する。「夜さ来いと言う字を金糸で縫はせ裾に清十郎と寝たところ/心中重井筒・近松門左衛門」、「短い夏の一夜さに/鎌倉三代記・近松半二」。 なお、日本の各地で夜分のことを「夜さり」と言う方言が残っているようであるが、現在の土佐弁ではよさこいと言えば、よさこい節・よさこい祭りのことを指し、夜にいらっしゃいという意味では使われていない。 (Wikipedia:よさこい)

よさこいソーラン祭り
『YOSAKOIソーラン祭り』より : YOSAKOIソーラン祭り(よさこいソーランまつり)とは、YOSAKOIソーラン祭り組織委員会が主催する毎年6月上旬に北海道札幌市で行われるイベント。 北海道では、6月上旬のこの時期は「さっぽろ雪まつり」のような北海道外からの観光客を呼び込む大きなイベントや観光材料が少ないことや、本州以南では梅雨入りにあたるため避暑地を求め北海道に来る人たちがいる。6月上旬のYOSAKOIソーラン祭りのイベント開催によって観光客を呼び込む観光材料となった。そのため北海道の経済効果として観光収入の増収や観光客の増加などそれなりの影響を与えている。 北海道大学の学生だった長谷川岳(現・参議院議員)が大学2年の時、母親がガンを患い、兄が医師として勤める高知県の病院へ入院したため、看病のために訪れた際、本場のよさこい祭りに接しその躍動感に感動、「こうした光景を北海道でも見られたら…」と、1991年12月、学生仲間を募り5名で「YOSAKOIソーラン祭り実行委員会」を発足させ、高知県の「よさこい祭り」と北海道の「ソーラン節」を融合させた「YOSAKOIソーラン祭り」として企画・立案し、誕生したものである。 (Wikipedia:よさこいソーラン祭り)

よさこい祭り
よさこい祭り(よさこいまつり)は、毎年8月9日の前夜祭、8月10日と8月11日の本番、8月12日の全国大会と後夜祭の4日間にわたって高知県高知市で開催される祭り。前夜祭の行われる9日には、約4,000発の花火を打ち上げる高知市納涼花火大会も開催される。延べ約100万人の人出があり、四国三大祭りの一つである。 祭り本番は市内9ヶ所の競演場・6ヶ所の演舞場で趣向を凝らした150以上のチーム・約1万5000人が演舞を繰り広げる。なお、「よさこい」という言葉の意味についてはよさこいを参照。 1954年(昭和29年)、徳島の阿波踊りに対抗する形で、高知商工会議所有志により第1回よさこい祭り開催(第1回開催に先立つ1950年(昭和25年)、南国高知産業大博覧会にてよさこい踊りが初披露されている)。祭りはパレード形式で開催されるが、地方車(じかたしゃ)と呼ばれるトラックにPA機器を搭載し、踊り子がその後ろに連なってよさこい踊りを舞い、各演舞場を順番に回っている。 (Wikipedia:よさこい祭り)

よさこい祭
『よさこい祭り』より : よさこい祭り(よさこいまつり)は、毎年8月9日の前夜祭、8月10日と8月11日の本番、8月12日の全国大会と後夜祭の4日間にわたって高知県高知市で開催される祭り。前夜祭の行われる9日には、約4,000発の花火を打ち上げる高知市納涼花火大会も開催される。延べ約100万人の人出があり、四国三大祭りの一つである。 祭り本番は市内9ヶ所の競演場・6ヶ所の演舞場で趣向を凝らした150以上のチーム・約1万5000人が演舞を繰り広げる。なお、「よさこい」という言葉の意味についてはよさこいを参照。 1954年(昭和29年)、徳島の阿波踊りに対抗する形で、高知商工会議所有志により第1回よさこい祭り開催(第1回開催に先立つ1950年(昭和25年)、南国高知産業大博覧会にてよさこい踊りが初披露されている)。祭りはパレード形式で開催されるが、地方車(じかたしゃ)と呼ばれるトラックにPA機器を搭載し、踊り子がその後ろに連なってよさこい踊りを舞い、各演舞場を順番に回っている。 (Wikipedia:よさこい祭)

よさこい節
『よさこい』より : よさこいは、夜さり来い(夜にいらっしゃい)という古語が変化した言葉。または、高知県の民謡であるよさこい節、同県のよさこい祭りの略。他に高知県のよさこい祭りの形式を取り入れた、各地の祭り・イベント・踊りの呼称として、よさこいと呼ぶ場合がある。よさこい節のよさこいの意味は、どの説に従うかによって解釈が異なる(よさこい節の項参照)。 言葉の意味 「夜さり」は夜分や今夜という意味で、9世紀末から使われていた言葉である。「さらに夜さりこの寮(つかさ)にまうで来(こ)とのたまいて/竹取物語」。また「り」がとれた「夜さ」という形では1707年ごろから人形浄瑠璃に登場する。「夜さ来いと言う字を金糸で縫はせ裾に清十郎と寝たところ/心中重井筒・近松門左衛門」、「短い夏の一夜さに/鎌倉三代記・近松半二」。 なお、日本の各地で夜分のことを「夜さり」と言う方言が残っているようであるが、現在の土佐弁ではよさこいと言えば、よさこい節・よさこい祭りのことを指し、夜にいらっしゃいという意味では使われていない。 (Wikipedia:よさこい節)

よさこいケーブルネット
よさこいケーブルネット株式会社は、高知県須崎市に本社があるケーブルテレビ局である。 本社所在地 高知県須崎市緑町15番10号ザッツビル2F サービスエリア 高知県須崎市 高知県土佐市 高知県高岡郡中土佐町 主な放送チャンネル 地上波系列別再送信局 テレビ局 デジタル放送はJC-HITSを使用 ラジオ局 区域外再放送について 関連項目 ケーブルテレビ局の一覧 セットトップボックス ケーブルテレビ 日本ケーブルラボ 日本ケーブルキャスセンター 社団法人日本CATV技術協会 社団法人日本ケーブルテレビ連盟 デジタルCATV実験協議会 区域外再放送 外部リンク よさこいケーブルネット。 (Wikipedia:よさこいケーブルネット)

よさこい高知国体
第57回国民体育大会(だい57かいこくみんたいいくたいかい)は、2002年の1月26日から10月31日までの期間、高知県の高知市を主な会場として開催された。大会スローガンは「いしん前進」。大会マスコットはくろしおくん。 1月26日から北海道帯広市で冬季大会スケート・アイスホッケー競技会、2月20日からは新潟県妙高高原町ほかでスキー競技会が行われた。 9月21日からは夏季大会が、10月26日からは秋季大会が開催された。 四国での開催はこれまで複数の県が共同開催されたが、単独での開催は初めて。そのため、宿舎や競技会場が不足した。これを受けて、宿舎に入りきれなかった選手を県民有志の自宅や公共施設内に宿泊させる異例の運営方針をとったほか、陸上競技会の開催も秋季大会開会式前に前倒しすることを余儀なくされた。個人では多くの選手が好成績を収めたが、県勢全体の競技成績は振るわず、結局、高知は男子・女子総合とも入賞はならなかった。これは国体史上初めてのことである。 イメージソング 「魔法のリングにkissをして」作詞・作曲・歌:岡本真夜 総合成績 天皇杯 優勝:東京都 準優勝:埼玉県 第3位:愛知県 皇后杯 優勝:東京都 準優勝:大阪府 第3位:宮城県 外部サイト よさこい高知国体 高知新聞 よさこい高知国体特集。 (Wikipedia:よさこい高知国体)

よさこい鳴子踊り
よさこい鳴子踊り 武政英策が作詞作曲したよさこい祭りの楽曲。都はるみが歌ったバージョンが有名。 よさこい祭りで踊られる踊り。 1954年に第1回よさこい祭りを高知市で開催することになったとき、高知商工会議所の作業グループ(後のよさこい祭振興会)が花柳、若柳、藤間、坂東、山村の日舞五流派に依頼して振りつけた舞踊。現在ではこのオリジナルのよさこい鳴子踊りを正調(せいちょう)と呼ぶ。 関連項目 よさこい節。 (Wikipedia:よさこい鳴子踊り)


よさこい - 関連ブログ

データが取得できませんでした

よさこい - アマゾン検索


「よさこい」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す