[PR]

日別キーワード

第80位  零式艦上戦闘機 - 2018年11月04日


関連するイメージは見つかりませんでした



零式艦上戦闘機
零式艦上戦闘機(れいしきかんじょうせんとうき)は、第二次世界大戦期における日本海軍(以下、海軍と表記する)の主力艦上戦闘機。零戦(ぜろせん)の略称で知られている(以下、零戦と表記する)。試作名称は十二試艦上戦闘機。連合軍側のコードネームは『ZEKE(ジーク)』。 支那事変(日中戦争)から太平洋戦争初期にかけて、2,200 kmに達する長大な航続距離・20mm機関砲2門の重武装・優れた格闘性能を生かして、米英の戦闘機に対し優勢に戦い、米英のパイロットからも「ゼロファイター」と呼ばれた。太平洋戦争中期以降には、アメリカ陸海軍の対零戦戦法の確立やF4UコルセアやF6Fヘルキャットなど新鋭戦闘機の大量投入で劣勢となったが、後継機の開発の遅れによって、終戦まで日本海軍航空隊の主力戦闘機として運用された。また、用途も拡大して、戦闘爆撃機や特攻機としても使われた。 開発元は三菱重工業(以下「三菱」という)。三菱に加え中島飛行機でもライセンス生産され、総生産数の半数以上は中島製である。生産数は日本の戦闘機では最多の約10,000機。 各型の零戦の詳細については、「零式艦上戦闘機の派生型」を参照。 (Wikipedia:零式艦上戦闘機)

零式艦上戦闘機の派生型
零式艦上戦闘機の派生型(れいしきかんじょうせんとうきのはせいがた)では、太平洋戦争を通して大日本帝国海軍(以下、海軍)の主力戦闘機として生産された零式艦上戦闘機(以下、零戦。零戦の概要については左項を参照のこと)の派生型について各型ごとに説明する。なお性能諸元の各値や武装は主に参考文献に拠るが、必ずしも各型の同一機体におけるものではなく、都合上元のデータ表からの再アレンジを行っていることに留意されたい。 零戦一一型系統 十二試艦上戦闘機(1号機・2号機)(A6M1) 海軍から提示された「十二試艦上戦闘機計画要求書」に基づいて作られた零戦の試作1号機は1939年3月に完成、4月には初飛行している。海軍は当時期待の新エンジンであった中島飛行機製の栄を将来的には搭載する意向だったが、試験中で制式採用されていなかったため、試作1号機と2号機には三菱製の瑞星一三型(離昇780hp)が搭載された。 (Wikipedia:零式艦上戦闘機の派生型)

零式艦上戦闘機に対する見解
削除提案中
このページはWikipedia:削除の方針#削除依頼 削除の手続きに従って、削除が提案されています。
この項目を作成された方へ: 項目はまだ削除されていません。どうか怒らないでください。その代わり、議論に参加し、この項目がWikipedia:削除の方針 削除の方針に該当する編集かどうか検討してください。
削除依頼中の記事
零式艦上戦闘機に対する見解では、零式艦上戦闘機を巡る諸見解を列記する。
零式艦上戦闘機、通称「ゼロ戦」はほとんど誰もが「日本の名機」と認める戦闘機である。それだけにこの機を巡る見解には色々なものがある。
搭乗者による戦記や開発者自身の回顧録において様々な記述がなされている本機であるが、そのうち、虚偽と思われる事例や、種々意見が分かれる事例について以下に列挙する。
(Wikipedia:零式艦上戦闘機に対する見解)


零式艦上戦闘機 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

零式艦上戦闘機 - アマゾン検索


「零式艦上戦闘機」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す