[PR]

日別キーワード

第1位  iPhone - 2018年11月05日


関連するイメージは見つかりませんでした




iPhone - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  電光超人グリッドマン - 2018年11月07日


関連するイメージは見つかりませんでした



電光超人グリッドマン
『電光超人グリッドマン』(でんこうちょうじんグリッドマン)は、1993年(平成5年)4月3日から1994年(平成6年)1月8日まで、TBS系(一部系列局を除く)で毎週土曜17:30 - 18:00(JST、関東地区)に全39話が放送された円谷プロダクション制作の特撮テレビ番組。 あらすじ 翔直人、馬場一平、井上ゆかは、桜ヶ丘中学に通う中学2年のクラスメート。両親がインテリア店を営む一平の家の地下に、3人だけの秘密のラボを作っている。中古パーツを集めて組み上げたコンピュータ「ジャンク」を中心に、研究と開発の日々に明け暮れていた。 藤堂武史も直人たちのクラスメートだが、陰湿な性格で友達は誰一人おらず、コンピュータオタクとなり自室にこもってばかりいた。武史がゆかの家に怪獣ギラルスでハッキングを仕掛けていたその時、目の前に現れたのは、魔王・カーンデジファーだった。カーンデジファーは「ハイパーワールド」と呼ばれる異次元空間から逃亡してきた悪魔で、武史のコンピュータに寄生し「コンピュータワールド」に生きている。 (Wikipedia:電光超人グリッドマン)


電光超人グリッドマン - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  ジャンヌ・ダルク - 2018年11月07日


関連するイメージは見つかりませんでした



ジャンヌ・ダルク
ジャンヌ・ダルク(フランス語: Jeanne d'Arc、古綴:Jehanne Darc、IPA: [ʒan daʁk]、英: Joan of Arc、ユリウス暦 1412年頃1月6日 - 1431年5月30日)は、15世紀のフランス王国の軍人。フランスの国民的ヒロインで、カトリック教会における聖人でもある。「オルレアンの乙女」(フランス語: la Pucelle d'Orléans/英: The Maid of Orléans)とも呼ばれる。 ジャンヌは現在のフランス東部に、農夫の娘として生まれた。神の啓示を受けたとしてフランス軍に従軍し、イングランドとの百年戦争で重要な戦いに参戦して勝利を収め、後のフランス王シャルル7世の戴冠に貢献した。その後ジャンヌはブルゴーニュ公国軍の捕虜となり、身代金と引き換えにイングランドへ引き渡された。イングランドと通じていたボーヴェ司教ピエール・コーションによって「不服従と異端」の疑いで異端審問にかけられ、最終的に異端の判決を受けたジャンヌは、19歳で火刑に処せられてその生涯を閉じた。 (Wikipedia:ジャンヌ・ダルク)

ジャンヌ・ダルク (ヘリ空母)
ジャンヌ・ダルク(Porte-hélicoptères Jeanne d'Arc, R97)は、フランス海軍のヘリ空母。起工時の艦名は「ラ・レゾリュー」(La Résolue)であったが、竣工時に前任の練習巡洋艦「ジャンヌ・ダルク」の艦名を踏襲して改名した。ジャンヌ・ダルクはフランスの英雄の名前。 1950年代半ばより、練習巡洋艦として用いられてきた「ジャンヌ・ダルク (軽巡洋艦)」の更新が必要となってきた。当初はコマンダン・リヴィエル級フリゲート(Aviso-escorteur)を複数艦用いることが検討されていたが、1956年、専用の大型艦の建造が決定された。これは、戦時には対潜戦や水陸両用作戦、兵員輸送任務にも充当することを想定した措置であった。これに基づいて建造されたのが本艦であり、1957年度計画において建造が認可された。 設計 本艦の設計はPH-57と称されており、防空巡洋艦「コルベール」をタイプシップとしている。ただし戦術要求から高速力が省かれたことから、機関区画の容積は削減されている。 (Wikipedia:ジャンヌ・ダルク (ヘリ空母))

ジャンヌ・ダルク (映画)
『ジャンヌ・ダルク』(原題: The Messenger: The Story of Joan of Arc)は、1999年に公開されたフランス・アメリカ合作の伝記映画。リュック・ベッソン監督、ミラ・ジョボヴィッチ主演で、ジャンヌ・ダルクの生まれから処刑までを描いた歴史映画である。 フランスの英雄として扱われてきたジャンヌ・ダルクを一人の少女という視点から描いた映画。全体を通して宗教と神の存在を絡めながら進行するが、同時にジャンヌは神の使いではないと否定的に描いている。また、作中にたびたび登場する大規模で迫力のある攻城シーンにより、娯楽大作としても評価が高い。一貫して当時の状況をリアルに描いており、ジャンヌの目の前で彼女の姉の服を引き裂いたあと刺し殺して死体を強姦したり、ジャンヌが処女かどうかを確かめるために性器の中に手をいれるのをギリギリの場所から撮影したり、宗教裁判でジャンヌが捕らわれている際に、男達に囲まれて殴る蹴るの暴行を受け、飯を顔面に投げつけられるなど過激な描写が多々ある。 (Wikipedia:ジャンヌ・ダルク (映画))

ジャンヌ・ダルク (曖昧さ回避)
ジャンヌ・ダルク ジャンヌ・ダルク - フランスの国民的英雄、カトリック教会の聖女 上記人物を題材にした映画 ジャンヌ・ダーク - 1948年製作のヴィクター・フレミング監督、イングリッド・バーグマン主演の映画 ジャンヌ・ダルク (映画) - 1999年製作のリュック・ベッソン監督、ミラ・ジョヴォヴィッチ主演の映画 Janne Da Arc - 日本のヴィジュアル系ロックバンド フランス海軍の艦名 ジャンヌ・ダルク (装甲巡洋艦) - 1902年竣工の装甲巡洋艦 ジャンヌ・ダルク (軽巡洋艦) - 1931年竣工の練習巡洋艦 ジャンヌ・ダルク (ヘリ空母) - 1964年竣工のヘリ空母(ヘリ巡洋艦・練習艦) ジャンヌ・ダルク - 天川すみこの漫画 JEANNE D'ARC - 2006年に発売されたレベルファイブ開発のPlayStation Portable用ゲーム ジャンヌ・ダルク - アニメ『機動戦士Vガンダム』に登場するラー・カイラム級戦艦 架空の人物 対戦型格闘ゲーム『ワールドヒーローズ』のレギュラーキャラクター(ただしフルネームを名乗るのは最終作『パーフェクト』のみ) 漫画『ズバ蛮』の登場キャラクター(架空の設定であるが、かつて本物の代理として生き、死んだと見せかけた過去がある) 漫画『放課後のカリスマ』のクローン人間の一人 漫画『ドリフターズ』の悪役キャラクター ライトノベル『緋弾のアリア』の登場人物(正確な名前はジャンヌ・ダルク30世) アニメ『聖戦士ダンバイン』の登場人物(正確な名前はジェリル・クチビ) ジャンヌダルクの娘たち - 日本のラジオ番組。 (Wikipedia:ジャンヌ・ダルク (曖昧さ回避))


ジャンヌ・ダルク - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  今日から俺は!! - 2018年11月07日


関連するイメージは見つかりませんでした



今日から俺は!!
『今日から俺は!!』(きょうからおれは)は、西森博之による日本の漫画作品。またそれを原作にしたOVA作品及び実写作品(オリジナルビデオと劇場公開映画)。通称「今日俺」。 増刊少年サンデー(小学館)にて1988年9月号から1990年8月号まで連載、その後掲載誌を週刊少年サンデー(小学館)に移し、1990年40号から1997年47号まで連載。コミックス版全38巻。ワイド版全19巻。コンビニコミック版全14巻。文庫版全18巻。累計発行部数は4000万部にも及ぶ。 舞台は千葉。軟葉高校とその周辺地域を舞台にしたバトル漫画でありギャグ漫画。三橋貴志と伊藤真司が様々な敵と戦ったり珍事に巻き込まれたりする。各サブタイトルは全て「○○編」。 「不良モノ」の漫画には珍しく暴走族構成員が全く登場せず、良が女子を助けた時(3巻)や、三橋の過去(18巻)などにのみ登場している。作中の不良の暴力性も比較的控えめで殺し合いレベルの戦闘はない。「ヤンキーギャグ漫画」でありながら下ネタが非常に少なく、また恋愛関係において奥手で、性描写もない。 (Wikipedia:今日から俺は!!)


今日から俺は!! - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  大谷翔平 - 2018年11月07日


関連するイメージは見つかりませんでした



大谷翔平
大谷 翔平(おおたに しょうへい、1994年7月5日 - )は、北海道日本ハムファイターズに所属するプロ野球選手(投手、外野手)。右投左打。 プロ野球では非常に珍しい投手と打者の「二刀流」選手として注目される。球速162km/hを投じるNPB最速投手、大リーグ球団スカウトのスピードガンで101mph(約162.5km/h)を計測。 2014年、2リーグ制以降初の2桁勝利と2桁本塁打(11勝、10本塁打)を同年に達成。 プロ入り前 岩手県水沢市(現:奥州市)出身。社会人野球の選手だった父とバドミントン選手の母のスポーツ一家に生まれる。「翔平」という名前は、父が奥州・平泉にゆかりのある源義経にちなんで、義経の戦うと飛ぶイメージから「翔」の字を用い、平泉から「平」を取って名付けられた。 姉体小学校3年時に水沢リトルリーグで野球を始め全国大会に出場。ナンバー誌上によると6年時に東北地区6チームが集まって行われた試合の決勝戦前に行われた本塁打競争では、他チームの1学年上の選手たちが本塁打を全く打てない状況の中で、15スイング中11本塁打を記録。 (Wikipedia:大谷翔平)


大谷翔平 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す