[PR]

日別キーワード

第2位  電光超人グリッドマン - 2018年11月05日


関連するイメージは見つかりませんでした



電光超人グリッドマン
『電光超人グリッドマン』(でんこうちょうじんグリッドマン)は、1993年(平成5年)4月3日から1994年(平成6年)1月8日まで、TBS系(一部系列局を除く)で毎週土曜17:30 - 18:00(JST、関東地区)に全39話が放送された円谷プロダクション制作の特撮テレビ番組。 あらすじ 翔直人、馬場一平、井上ゆかは、桜ヶ丘中学に通う中学2年のクラスメート。両親がインテリア店を営む一平の家の地下に、3人だけの秘密のラボを作っている。中古パーツを集めて組み上げたコンピュータ「ジャンク」を中心に、研究と開発の日々に明け暮れていた。 藤堂武史も直人たちのクラスメートだが、陰湿な性格で友達は誰一人おらず、コンピュータオタクとなり自室にこもってばかりいた。武史がゆかの家に怪獣ギラルスでハッキングを仕掛けていたその時、目の前に現れたのは、魔王・カーンデジファーだった。カーンデジファーは「ハイパーワールド」と呼ばれる異次元空間から逃亡してきた悪魔で、武史のコンピュータに寄生し「コンピュータワールド」に生きている。 (Wikipedia:電光超人グリッドマン)


電光超人グリッドマン - 関連ブログ

データが取得できませんでした

電光超人グリッドマン - アマゾン検索


「電光超人グリッドマン」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す