[PR]

日別キーワード

第5位  大谷翔平 - 2018年11月05日


関連するイメージは見つかりませんでした



大谷翔平
大谷 翔平(おおたに しょうへい、1994年7月5日 - )は、北海道日本ハムファイターズに所属するプロ野球選手(投手、外野手)。右投左打。 プロ野球では非常に珍しい投手と打者の「二刀流」選手として注目される。球速162km/hを投じるNPB最速投手、大リーグ球団スカウトのスピードガンで101mph(約162.5km/h)を計測。 2014年、2リーグ制以降初の2桁勝利と2桁本塁打(11勝、10本塁打)を同年に達成。 プロ入り前 岩手県水沢市(現:奥州市)出身。社会人野球の選手だった父とバドミントン選手の母のスポーツ一家に生まれる。「翔平」という名前は、父が奥州・平泉にゆかりのある源義経にちなんで、義経の戦うと飛ぶイメージから「翔」の字を用い、平泉から「平」を取って名付けられた。 姉体小学校3年時に水沢リトルリーグで野球を始め全国大会に出場。ナンバー誌上によると6年時に東北地区6チームが集まって行われた試合の決勝戦前に行われた本塁打競争では、他チームの1学年上の選手たちが本塁打を全く打てない状況の中で、15スイング中11本塁打を記録。 (Wikipedia:大谷翔平)


大谷翔平 - 関連ブログ

「羽生さん、藤井さん以外もぜひ注目を」中村太地七段が語る王将戦リーグ、超一流棋士の魅力 - 将棋 - Number Web - ナンバー

NumberWebでは将棋の“競技的”な側面を中心に、王座獲得経験のある中村太地七段に将棋の奥深さについて定期的に語ってもらっている。今回は22日に開幕する王将戦の「挑戦者決定リーグ戦」について展望してもらった。 王将戦はとても歴史あるタイトル戦で、今期70期を迎えます。システムとしてとても特徴的なのは「挑戦者...

ゆりやん…父の教えは「何しゃべろうか考えて生きろ!」 つらい中学時代を救った“きょうでき”の習慣(まいどなニュース) - Yahoo!ニュース

少女のようなかわいい話し方に、ネイティブのような英語トーク、キレのあるダンス、時にはピアノもー。お笑い芸人、ゆりやんレトリィバァさんは、自分の特技を詰め込んだネタで独自の笑いを生み出し、数々のコンテストで優勝を手にしてきました。昨年は憧れのアメリカで、オーディション番組に出演。ことし新型コロナウ...

さつまいもペーストの上に粒餡乗せ🍠足音もなく行き過ぎた 季節をひとり見送って - 簡単レシピを楽しみながら〜1ヶ月食費1万円生活

また失敗〜! こんにちは。またしても手作り芋ようかんに失敗した あやのんです。 前回はボソボソ、今回は滑らか過ぎて固まりませんでした。 さつまいもの種類にも関係あるのかな? 暑くなると聞いていたけれど、すっかり秋の始まりの雰囲気です。 さっき、主人から聞いて、ちょっとビックリしたのが、 なでしこの丸山...

【非常識に行動】ライスワークをライフワークに切り替えるには? | Free Life

こんばんは、@kojisaitojpです。昨日話題にしたライスワークについて更に追加で論じて見ます。 起業したいけど怖くて出来ませんと聞くたびに「別に独立して失敗してみたらええやん」て思う。大企業のエリートが言いがちなんだけど「本当にあなたの会社は30年後もこの世にありますか?」と問いたい。激動の時代に明日なん...

藤井フィーバーから学ぶ・スターは全てを変える!【コラムその6】 - スタ辞苑〜全国スタジアム観戦記〜

昨今、将棋界がにわかに注目を集めています。 それもそのはず、藤井総太さんという恐らく今までの歴史上最も強くなるであろう棋士がすい星のごとく現れたからです。 実は私学生時代将棋をやっていたことがあり、密かに将棋界のことは追い続けていました。 藤井さんも小学生の時点で詰将棋ではすでに敵なしといううわさを...

藤井風とは何者?唄う桃太郎は音楽愛で鬼を征伐に向かう【エンタメ】 - 或る物書きの英語喉と小説まみれのジャズな日々

CONTEMTS Fujii Kazeって誰? 天は二物以上を与えた 何なんw(Nan-Nan) 岡山が生んだ規格外音楽家、アルバムデビュー お父様の凄さ、音楽と英語の英才教育 もうええわ(Mo-Eh-Wa) 帰ろう(Kaerou) YouTubeのカバー曲が高評価でプロの門が開く 世界を視野に英語で発信 楽曲「優しさ」について英語で語る藤井風 Twitter...

はてブでスターを稼ぐ方法 ― はてなスターランキング(2020/07) - ゆとりずむ

こんにちは、らくからちゃです。 いやあ歳を取ると月日が経つのって早いですねえ・・・。前にこのシリーズの記事を書いてからもう1ヶ月が過ぎていました。 ごめんなさい、サボってました(´・ω・`) ちょーっと引越し等でバタバタしてたら諸々遅くなっちゃいました。7月のランキングつってももう半分過ぎてるやんけ、とい...

元巨人「馬場正平」だけじゃない… 意外すぎる転身を果たした“異色のプレーヤー”列伝 | デイリー新潮

プロ野球から他のスポーツへと転身し大成功した人物といえば、プロレスのジャイアント馬場(本名・馬場正平)とゴルフの尾崎将司が双璧を成す。それに異論を唱える人はいないだろう。 馬場は1955年、新潟・三条実業高(現・三条商業高)を中退し投手として巨人入りした。入団3年目の57年10月の中日戦で1軍初先発するも直...

「もう歳だから…」向上欲を失った人が行きつく成れの果て | PHPオンライン 衆知|PHP研究所

(写真提供=公益財団法人天風会) 《新型コロナウイルスがもたらした不安やおそれによって、精神や健康に不調をきたし、気持ちが後ろ向きになる者もいるはずだ。稀代の思想家・中村天風は、「健康を保つには、心を消極的にさせないこと」と説く。 中村天風は1876年に生まれ、大病を克服し実業界で活躍するも、1919年に...

野田洋次郎「お化け遺伝子」ツイートから考える「優生思想」の現在。才能を育てるシンプルな方法 - QJWeb クイックジャパンウェブ

2020年7月16日。RADWIMPS野田洋次郎のツイートをめぐってSNSが紛糾し、「優生思想」の現在をあぶり出すこととなる。乙武洋匡の反論に首肯しながらも「芸能界やスポーツ界で2世や3世がもてはやされるのは今に始まったことではない」と野田ツイートへの一定の理解をベースに、ノンフィクションライター近藤正高が考える。...


大谷翔平 - アマゾン検索


「大谷翔平」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す