[PR]

日別キーワード

第18位  川口市 - 2018年11月05日


関連するイメージは見つかりませんでした



川口市
川口市(かわぐちし)は、日本の埼玉県南東部の荒川北岸にある人口約59万人の市である。東京都区部への通勤率は32.2%(旧鳩ヶ谷市を除く、平成22年国勢調査)。人口は政令指定都市を除いた市では船橋市、鹿児島市に次いで全国第3位、県内ではさいたま市に次いで第2位、特例市としては日本で最も多い人口を擁する。 荒川を隔てて東京都と接しており、東京に通勤・通学するいわゆる「埼玉都民」が多く、市内の広範に住宅地が広がる。東京駅からの距離が大田区と同じ15km圏(蒲田駅まで14.4km、川口駅まで15.8km)に位置している 川口における市街の形成は、江戸時代に日光御成街道の宿場がおかれていた川口宿(現:本町一丁目周辺)に端を発する。近代以降は、中心部において既に地場産業として成立をみていた鋳物工業が、旧川口宿の東側・北東側を中心に集積・拡大をみせ、川口は工業都市としての発展をみた。その一方、東京の都市域の拡大に伴い、宅地化も急速に進展した。近年、鋳物工場は新郷地区等への移転や廃業に伴い、中央地区周辺では往事に比べて大幅に減少しており、今ではほとんどその姿は見られない。 (Wikipedia:川口市)

川口市立県陽高等学校
川口市立県陽高等学校(かわぐちしりつけんようこうとうがっこう)は、埼玉県川口市並木にある男女共学の高等学校。通称は県陽(けんよう)。 沿革 1942年(昭和17年) - 埼玉県川口実科工業学校開校。 1946年(昭和21年) - 埼玉県川口市立工業学校と改称 1948年(昭和23年) - 埼玉県川口市立青木高等学校と改称。 1965年(昭和40年) - 川口市立県陽高等学校と改称。 1973年(昭和48年) - 全日制開校。 1992年(平成4年) - 外国語コース開設される。 2003年(平成15年) - 外国語コースを国際コミュニケーションコースへ名称変更。 2005年(平成17年) - 国際コミュニケーションコース募集停止。 2018年(平成30年) - 県陽・市立川口・川口総合高校が統合し、川口市立高等学校が開校予定。跡地利用は未定。 部活動 全日制運動部サッカー部、新体操部、卓球部、テニス部、バスケットボール部、バレーボール部、バドミントン部全日制文化部英語部、演劇部、音楽部、茶道部、自然科学部、写真部、書道部、美術部、軽音楽部、生活部定時制運動部バレーボール部、バスケットボール部、ソフトテニス部、卓球部、バドミントン部、軟式野球部、サッカー部定時制文化部なし おもな出身者 七瀬なつみ(女優) 小森美樹(女優・元新体操選手) 美郷あき(歌手) 飯作あゆり(パフォーマー・元新体操選手) 寄特直人(サッカー選手) 関根貴大(サッカー選手) 交通 JR京浜東北線西川口駅より徒歩10分 関連項目 埼玉県高等学校一覧 川口市立高等学校 脚注 外部リンク 川口市立県陽高校。 (Wikipedia:川口市立県陽高等学校)

川口市立科学館
川口市立科学館とは、市立青木公園内に設置されていた児童文化センターを廃止し、新たにSKIPシティに、川口市が設置した施設の名称。 施設概要 施設種別:プラネタリウム、天文台・観測室、宇宙・天文展示、科学実験展示、鉄道模型の自動運転、駐車場(有料、隣接)、食事施設(隣接) 公開内容:天体観望会(土曜夜)、天文台ガイドツアー(土曜昼) 沿革 川口市は、市立青木公園内に児童文化センターを設置し児童教育や生徒教育に役立ててきた。そちらの施設には15センチメートル屈折式天体望遠鏡及びプラネタリウム、産業展示室、図書室等が設置されていた。そちらの施設を、行政改革に伴い閉鎖し生まれたのが市立科学館。なお、以前児童文化センターにあった、産業展示室や図書室は、職業訓練校、中央図書館(キュポ・ラ内)などに集中化することで効率化を図った。 位置 SKIPシティの西館(A1街区)にある。1階には展示室、また3階にはプラネタリウム室、本館屋上には公開天文台を設置。 公開天文台 施設設置型公開望遠鏡。 (Wikipedia:川口市立科学館)

川口市立川口高等学校
川口市立川口高等学校(かわぐちしりつ かわぐちこうとうがっこう)は、埼玉県川口市朝日五丁目にある公立高等学校。通称は「市立川口」(いちりつかわぐち)。なお埼玉県立川口高等学校(こちらも設立当初は市立であった)は別の高等学校である。 設置学科 普通科 国際ビジネス科 沿革 1956年 - 前身の埼玉県川口商業高等学校開校。 1959年2月 - 校歌制定(作詞:下山懋、作曲:土肥泰) 1965年 - 普通科設置に伴い校名を川口市立川口高等学校と改称。 1972年 - 現在地に移転。 1994年 - 商業科を国際ビジネス科に改組。 2008年3月8日 - 卒業式後、校長が脅迫容疑で任意同行を求められ、埼玉県警に逮捕された。 2008年4月 - 普通科に特進クラスを設置。また、特待生制度を導入。 2012年5月 - 少子化による生徒減に対応するため、川口市より川口市立川口高等学校・川口市立県陽高等学校・川口市立川口総合高等学校の三校を統合廃止し、新たに一校を開校する「新校基本計画」が発表された。 (Wikipedia:川口市立川口高等学校)

川口市立安行小学校
川口市立安行小学校(かわぐちしりつ あんぎょうしょうがっこう)は、埼玉県川口市安行原にある公立小学校。 沿革 1873年 - 原村学校として創立 1883年 - 育成学校に改称 1884年 - 明憲尋常小学校に改称 1895年 - 安行尋常小学校に改称 1931年 - 安行国民学校に改称 1943年 - 安行村立安行小学校に改称 1955年 - 川口市立安行小学校に改称 1963年 - 校歌、校旗、副校旗を制定 1975年 - 川口市立慈林小学校が開校されて生徒の一部が移動 1980年 - 川口市立安行東小学校を分離 2011年 - 特別支援学級(なかよし学級)を新設 教育目標 まじめな子 明るい子 がんばる子 通学区域 安行原 - 一部 安行北谷 - 全域 安行小山 - 一部 脚注 関連項目 埼玉県小学校一覧 白鳥省吾 - 校歌作詞者 中田喜直 - 校歌作曲者 外部リンク 公式ウェブサイト。 (Wikipedia:川口市立安行小学校)

川口市立川口総合高等学校
川口市立川口総合高等学校(かわぐちしりつ かわぐちそうごうこうとうがっこう)は、埼玉県川口市上青木三丁目に所在する市立の高等学校。前身は川口市立川口女子高等学校(~1996年)。 設置学科 総合学科 人文系列 理数系列 芸術映像系列 情報ビジネス系列 生活福祉系列 沿革 クラブ 著名な出身者 キューティー鈴木 大口与枝(スーツアクトレス) 交通 (JR)西川口駅東口より徒歩20分またはバス8分、西川08西川口駅東口→青木中央通り→総合高校→上青木交番→西川口駅東口(上青木循環・総合高校先行) 西川08西川口駅東口→塚越町→上青木交番→総合高校→青木中央通り→西川口駅東口(上青木循環・イオンモール川口キャラ先行) 西川09西川口駅東口→青木中央通り→総合高校正門→SKIPシティ→総合高校→青木中央通り→西川口駅東口(SKIPシティ循環・朝夕のみ運行)※ 川口駅よりバス9分川18鳩ヶ谷駅経由鳩ヶ谷公団住宅・ 川19川口市立グリーンセンター経由戸塚安行駅・川20東川口駅南口・川23川口市立医療センター経由新井宿駅 JR武蔵野線東川口駅南口:バス川20川口駅東口行 埼玉高速鉄道鳩ヶ谷駅・・徒歩20分:バス川18川口駅東口行 路線バスはすべて国際興業バスの総合高校停留所で下車※西川09は総合高校正門下車 再編計画 2012年5月、少子化による生徒減に対応するため、川口市より川口市立川口総合高等学校・川口市立川口高等学校・川口市立県陽高等学校の三校を統合廃止し、新たに一校を開校する「新校基本計画」が発表された。 (Wikipedia:川口市立川口総合高等学校)


川口市 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

川口市 - アマゾン検索


「川口市」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す