[PR]

日別キーワード

第19位  戦力外通告 - 2018年11月05日


関連するイメージは見つかりませんでした



戦力外通告
戦力外通告(せんりょくがいつうこく)とは、主にプロスポーツにおいてチームに所属する選手に対して、すでに自チームの戦力構想から外れていることを通告すること。選手契約の解除や選手整理を意味する言葉である。 身体能力の低下、怪我・病気、あるいは成績の伸び悩みや試合で起用されなくなったなどの理由で自チームの戦力構想から外れた選手に行われる。主にベテラン選手に対して行われることが多いが、若くして戦力外を通達される選手もいる。その裁量は状況によって多様である。 また複数年契約の途中であっても結果が伴わなければ中途での契約解除(事実上の戦力外)とする場合もある。その場合、特約がない限り複数年契約で約束された残りの年俸は支払われる。 日本プロ野球における戦力外通告 日本のプロ野球の場合戦力外通告は公式には任意引退や自由契約といった区別がある。 支配下登録選手の契約期間は2月1日から11月30日までと定められており、翌年度も継続して契約を希望する場合は、11月末日までに日本野球機構(NPB)に提出される次年度契約保留選手名簿に記載される必要がある(この名簿は12月最初の平日に公示される)。 (Wikipedia:戦力外通告)


戦力外通告 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

戦力外通告 - アマゾン検索


「戦力外通告」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す