[PR]

日別キーワード

第57位  イエス・キリスト - 2018年11月05日


関連するイメージは見つかりませんでした



イエス・キリスト
イエス・キリスト(紀元前2年頃 - 紀元後33年頃、ギリシア語: Ίησοῦς Χριστός、ヘブライ語ラテン文字転記:Yhoshuah ha-Mashiah)は、ギリシア語で「キリストであるイエス」、または「イエスはキリストである」という意味である。すなわち、キリスト教においてはナザレのイエスをイエス・キリストと呼んでいるが、この呼称自体にイエスがキリストであるとの信仰内容が示されている。イエスの存在についてはフラウィウス・ヨセフス(1世紀)、タキトゥス(1世紀)、スエトニウス(1世紀)などの歴史家がその著作の中で言及している。 本項では、ナザレのイエスについてのキリスト教における観点とその他について述べる。 日本正教会では中世以降のギリシャ語と教会スラヴ語に由来する転写により「イイスス・ハリストス」と呼ばれる。かつてはカトリック教会ではイエスは「イエズス」と表記されていたが、現在ではあまり用いられない。戦国時代から江戸時代初期にかけてのキリシタンは、「ゼス(ゼスス)・キリシト」を用いていた。 キリスト教の多くの教派(正教会、東方諸教会、カトリック教会、聖公会、プロテスタント)において、三位一体(至聖三者)の教義の元に、神の子が受肉(藉身)して人となった、真の神であり真の人である救い主として(一部の教派では、単性論と通称される、神としての属性を強調する立場で)信仰の対象となっている。 (Wikipedia:イエス・キリスト)


イエス・キリスト - 関連ブログ

データが取得できませんでした

イエス・キリスト - アマゾン検索


「イエス・キリスト」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す