[PR]

日別キーワード

第59位  エウレカセブン - 2018年11月05日




エウレカセブン
『エウレカセブン』は、ボンズやバンダイなどが中心となって展開するメディアミックスプロジェクト。展開しているメディアはアニメ、ゲーム、漫画、小説など多岐にわたる。全てを統括する場合に用いられる名称は「Project EUREKA」である。 ※以下の記述は基本的に『交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい』以前の作品についてのもの。 プロジェクトの根幹を成す作品はボンズ制作のSFロボットアニメ『交響詩篇エウレカセブン』とPlayStation 2用のゲームソフト『エウレカセブン TR1:NEW WAVE』の2作品で、この2作品の世界を元にした100種類以上の関連商品を様々なメディアに展開している。関連商品には漫画、小説、DVD、サウンドトラック、プラモデルなどのほか、スニーカーやTシャツなどの衣類もあり、北米を中心に海外でのプロジェクト展開も行われた。バンダイでロボットへの乗り降りをリアルタイムで行うゲームが企画されていたところに、ボンズからオリジナルのロボットアニメを作りたいというオファーがあり、それがプロジェクト発足の切っ掛けとなった。 (Wikipedia:エウレカセブン)

エウレカセブンAO
『エウレカセブンAO』(エウレカセブン エーオー、EUREKA SEVEN AO ASTRAL OCEAN)は、ボンズ制作による日本のテレビアニメ。全24話。毎日放送ほかで2012年4月から9月まで、第1話から第22話が放送され、同年11月に『エウレカセブンAO 完結編』として第23話と第24話が放送された。 ボンズ制作により2005年に放送されたTVアニメ『交響詩篇エウレカセブン』の続編。前作の主人公だったレントン・サーストンとエウレカの息子であるフカイ・アオが、国家や組織の諍いに翻弄されながらも、世界各地に出現する「スカブコーラル」や「シークレット」の正体に迫っていく物語。タイトルの“AO”は「アストラルオーシャン(ASTRAL OCEAN)」を意味する略称である。 監督は前シリーズと同じく京田知己が担当する。キーキャラクターデザインの吉田健一、ニルヴァーシュデザインの河森正治などが前作から引き続き参加し、キャラクターデザインの織田広之が新たに起用されている。 (Wikipedia:エウレカセブンAO)

エウレカセブン RADIO ray=out
『』より : (Wikipedia:エウレカセブン RADIO ray=out)

エウレカセブン NEW VISION
『』より : (Wikipedia:エウレカセブン NEW VISION)

エウレカセブン TR1:NEW WAVE
『』より : (Wikipedia:エウレカセブン TR1:NEW WAVE)


エウレカセブン - 関連ブログ

データが取得できませんでした

エウレカセブン - アマゾン検索


アマゾンから探す