[PR]

日別キーワード

第61位  キリマンジャロ - 2018年11月05日


関連するイメージは見つかりませんでした



キリマンジャロ
キリマンジャロ(スワヒリ語: Kilimanjaro) はタンザニア北東部にある山で、標高5,895m。アフリカ大陸の最高峰。山域がキリマンジャロ国立公園に指定されている。山脈に属さない独立峰としては世界一の高さを誇る。 東南約50km、南北30kmに広がった成層火山である。西からシラ峰(Shira、3962m)、キボ峰(Kibo、5895m) 、マウエンジ峰(Mawenzi、5149m)の3つから成る。南東部には巨大なカルデラがある。中央にあるキボ峰が最高峰で、頂上はスワヒリ語で「自由」を意味するウフル(Uhuru)と呼ばれている。これは1961年のタンザニア独立を記念して命名されたもので、ここにはタンザニア初代大統領ジュリウス・ニエレレの言葉が刻まれたレリーフがある。シラ峰とマウエンジ峰は死火山であるとされるが、キボ峰は休火山であるとされ、ここからガスが出ていることがあり、2003年の調査でマグマは頂上から400mの深さにあると推定された。 (Wikipedia:キリマンジャロ)

キリマンジャロ (山)
キリマンジャロ (Kilima-Njaro) はタンザニア北部にある山で、標高1 E3 m 5,895m。アフリカ大陸の最高峰。山域がキリマンジャロ国立公園に指定されている。
東南約50km、南北30kmに広がった死火山。西からシラ峰、キボ峰、マウエンジ峰の3つから成る。南東部には巨大なカルデラがある。中央にあるキボ峰が最高峰で、頂上はウフル・ピークとよばれている。ウフルとは独立の意味。ウフル・ピークには、タンザニア初代大統領の言葉が刻まれたレリーフがある。キボ峰の頭頂部は、赤道付近にもかかわらず巨大な氷河が存在する。
スワヒリ語で、キリマンジャロの「キリマ(Kilima)」は「山」、「ンジャロ(njaro)」は「輝く」を意味する。
(Wikipedia:キリマンジャロ (山))

キリマンジャロ山
『キリマンジャロ (山)』より : キリマンジャロ(スワヒリ語: Kilimanjaro) はタンザニア北東部にある山で、標高5,895m。アフリカ大陸の最高峰。山域がキリマンジャロ国立公園に指定されている。山脈に属さない独立峰としては世界一の高さを誇る。 東南約50km、南北30kmに広がった成層火山である。西からシラ峰(Shira、3962m)、キボ峰(Kibo、5895m) 、マウエンジ峰(Mawenzi、5149m)の3つから成る。南東部には巨大なカルデラがある。中央にあるキボ峰が最高峰で、頂上はスワヒリ語で「自由」を意味するウフル(Uhuru)と呼ばれている。これは1961年のタンザニア独立を記念して命名されたもので、ここにはタンザニア初代大統領ジュリウス・ニエレレの言葉が刻まれたレリーフがある。シラ峰とマウエンジ峰は死火山であるとされるが、キボ峰は休火山であるとされ、ここからガスが出ていることがあり、2003年の調査でマグマは頂上から400mの深さにあると推定された。 (Wikipedia:キリマンジャロ山)

キリマンジャロ (コーヒー)
キリマンジャロ(英:Kilimanjaro)は、キリマンジャロ山域、タンザニア北部、ケニア国境近くのモシ地方で栽培収穫された果実から加工生産したコーヒー豆のブランド。現在では、タンザニア産コーヒー豆の全てを指すブランドとなっている。 タンザニアのキリマンジャロ山の麓の町、アルーシャやモシ近くの、標高1,500mから2,500m付近のプランテーションで栽培されている。コーヒーノキの品種としてはアラビカ種である。果実から加工生産した生豆は緑灰色で大粒という特徴を有している。この豆のコーヒーは強い酸味と甘い香りを持つ。 農産物の輸出が全体の7割(2000年現在)を占めるタンザニアにあって、貴重な外貨獲得源となっている。ただ、大部分の農園がプランテーションとなっており、農園主と使用人の貧富の格差の原因になっている。現在は、タンザニアコーヒー協会(Coffee Authority of Tanzania、CAT)が生産・販売等の全てを取り仕切っている。 (Wikipedia:キリマンジャロ (コーヒー))

キリマンジャロ国立公園
キリマンジャロ国立公園(―こくりつこうえん)は、キリマンジャロ山域の国立公園。1987年に世界遺産に登録された。 キリマンジャロは、標高5,895mでアフリカ最高峰。また南米のコトパクシ山に並ぶ標高を持つ世界最高峰級の火山でもある。 キリマンジャロの頂上には、氷河が形成されている。この氷河から供給される水で出来た高山湿地帯を始め、標高別に、砂漠、高山湿地帯、高地草原、草原、熱帯雨林と広がっている。 キリマンジャロ山とその周囲の森林は、ドイツ植民地時代の20世紀初頭から保護対象となっていた。1921年に、法的な保護対象となり、タンザニア独立後の1973年、山域の一部75,575haが国立公園として指定された。1987年に世界遺産に登録され、自然保護が活発的に行われている。 一方、キリマンジャロ周囲の乾燥化に伴い、山頂の氷河の縮小が懸念されている。 動植物 動物は、リードバックやバッファローなどの哺乳類。カメレオンなどが生息している。植物では、高山湿地帯には、ジャイアント・セネシオなど、独特の植物も自生している。 (Wikipedia:キリマンジャロ国立公園)

キリマンジャロ国際空港
キリマンジャロ国際空港(キリマンジャロこくさいくうこう、英語:Kilimanjaro International Airport)は、タンザニア連合共和国、アルーシャ、キリマンジャロ付近にある国際空港。キリマンジャロ山やセレンゲティ国立公園周辺への観光客が多く利用する。 就航航空会社と就航都市 国際線 国内線 脚注 外部リンク 公式ウェブサイト (英語)。 (Wikipedia:キリマンジャロ国際空港)

キリマンジャロ州
キリマンジャロ州(Mkoa wa Kilimanjaro)は、タンザニア北東部の州である。南部にタンガ州、南西部にマニャラ州、西部にアルーシャ州、北部から東部にかけてはケニアのリフトバレー州と海岸州に接している。その名の通り州内には、アフリカ最高峰キリマンジャロ山(5,895m)を抱く。ここからパンガニ川が南西部との州境となりインド洋へと流れ出す。人口1,381,149人(2002年)、州都はキリマンジャロ山麓のモシ(Moshi)である。 外部リンク Kilimanjaro Official page (スワヒリ語)。 (Wikipedia:キリマンジャロ州)


キリマンジャロ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

キリマンジャロ - アマゾン検索


「キリマンジャロ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す