[PR]

日別キーワード

第75位  シビック - 2018年11月05日


関連するイメージは見つかりませんでした



シビック
『ホンダ・シビック』より : シビック(Civic)は、本田技研工業が生産及び販売している乗用車である。8代目をもって日本市場での販売は撤退しており、それ以降は2015年にスポーツグレードの限定販売にとどまっている。尚欧州ではCセグメントに、アメリカ合衆国ではコンパクトカーにそれぞれ区分されている。 1972年に販売が開始され、世界各国で販売されるホンダの世界戦略を担う基幹車であり、現在販売されている乗用車の中でも長く同一の名称で販売されている車である。初代から7代目までは小型乗用車の分類に属しており、3ドアおよび5ドアハッチバックと4ドアセダンの幅広い展開だった。8代目から3ナンバーサイズの中型乗用車にボディサイズが拡大され、日本仕様に関しては、4ドアセダンのみとなったが、日本以外の国ではハッチバックや2ドアクーペなども展開されている。エンジンは、初代より現在にいたるまで直列4気筒エンジンを搭載しているが、排気量は1.2Lから徐々に拡大され、現在は2.0Lガソリンエンジンのほか、2.2Lディーゼルエンジンやガソリン電気ハイブリッドなどが搭載されている。 (Wikipedia:シビック)

シビック フェリオ
『ホンダ・シビックフェリオ』より : シビックフェリオ(Civic ferio)は、本田技研工業がかつて生産、販売していたセダン型の小型乗用車である。 日本国内市場において、5代目から7代目までのシビックセダンにこの名称が適用されていた。またシビック セダンとして3世代とも日本国外でも生産された。 初代 EG7/8/9/EH1/EJ3型(1991-1995年) 1991年9月10日に発表された(発売は翌9月11日)。通称「スポーツシビック」。基本的には3ドアと同じようなグレード構成だが、フェリオにはスタンバイ4WDのリアルタイム4WDが設定された。 1992年5月に、日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞記念車が限定発売された。「VTi」をベースに、運転席パワーシート、キーレスエントリーなどが特別装備されている。 1992年9月に、「ETi」に4速AT車と、D15Bシングルキャブレター仕様(91PS)の「ML」が発売された。 1993年5月に、特別限定車「ML・X」が発売された。 1993年9月に、マイナーチェンジが行なわれた。助手席用のSRSエアバッグが設定され、エアコンの冷媒が変更された。 (Wikipedia:シビック フェリオ)

シビック ハイブリッド
『ホンダ・シビックハイブリッド』より : シビックハイブリッド(Civic hybrid)は、本田技研工業が生産、販売するセダン型のハイブリッドカーである。 初代は3代目シビックフェリオ(シビック全体としては7代目)、2代目は8代目シビックをベースにしたガソリンと電気のハイブリッドカーである。初代はインサイトに搭載した独自のハイブリッドシステム「Honda IMA(インテグレーテッド・モーター・アシスト)システム」を高効率化させた「新Honda IMAシステム」を搭載し、2代目はその発展版である「3ステージi-VTEC + IMA」を搭載している。 初代 ES9型(2001-2005年) 発売に先駆け、2001年の第35回東京モーターショーに市販予定車として参考出品された。 2001年12月14日に発売が開始された。ベースとなるシビックフェリオとの駆動システム以外の違いは、10mm低い車高、黒檀調のセンターパネル、専用アルミホイール、トランクリッドエアスタビライザー、空気整流用のアンダーパネル、リアシート後方の室内吸気口(走行用バッテリーを空冷し、トランク内部に廃熱する)、革装のステアリングホイールとシフトノブや左右側面方向指示器下部の「hybrid」エンブレム(日本版は後期型のみ、欧州版では「IMA」エンブレム)などである。 (Wikipedia:シビック ハイブリッド)

シビック シャトル
『ホンダ・シビックシャトル』より : シビックシャトル(Civic shuttle)は、本田技研工業がかつて生産、販売していたハッチバック型の小型自動車である。 なお、商用モデルはシビックプロ(Civic PRO)として発売されており、本稿ではこれについても記述する。 1983年から1996年に生産/販売された、3代目及び4代目シビックの5ドアハッチバック版で、2代目に設定されていたシビックカントリーの実質的な後継車である。1.3Lから1.6Lのエンジンを搭載し、当初FFのみであったが、後に4WDも追加された。 当時の同クラスライバル車と比べ、5ドアハッチバック車よりは全高が約10cmも高く、ワゴン車よりは全長が約20cmも短いそのボディスタイルは独特のもので、後の「ショートワゴン」や「セミトールワゴン」の先駆けとなった。また、当時のカタログには「新しいセダンです」という記載もあった。 初代 AJ/AK/AR型(1983 - 1987年) 1983年10月20日、3代目シビックの5ドアとして、3ドアより約1か月遅れて販売された。 (Wikipedia:シビック シャトル)

シビック カントリー
『ホンダ・シビックカントリー』より : シビックカントリー(Civic country)は、本田技研工業がかつて生産、販売していたステーションワゴン型の小型乗用車である。 本田技研工業が初めて販売したステーションワゴンで、シビックバンと車体を共用し、1980年1月22日に発表された。2代目シビック(通称スーパーシビック)の派生車種であり、テールゲートとボディサイドに木目調パネル(ボディサイドはオプション)、ステーを延長して大型化した専用のリア・バンパーを装備していた。 北米仕様は「シビックワゴン」として発売し、1980年の米国インポート・カー・オブ・ザ・イヤー(米・モータートレンド誌)第1位を受賞した。 初代 WD型(1980 - 1983年) 1980年1月22日 - 発表された(発売は、翌1月23日)。装備仕様によるグレード分けはなかったが、発売記念として1,500台に木目調サイドパネルが標準装備された。(以後はオプション) 1980年 7月31日 - エンジンがCVCC-IIに、ホンダマチックがO.D.付きにそれぞれ変更された。 (Wikipedia:シビック カントリー)

シビックハイブリッド
『』より : (Wikipedia:シビックハイブリッド)

シビッククーペ
『』より : (Wikipedia:シビッククーペ)


シビック - 関連ブログ

スーパー耐久観戦記~第1戦 富士 SUPER TEC 24時間レースPart1~ - RSKCarCameBlog

こんにちは。 今回は富士スピードウェイで行われたスーパー耐久シリーズ第1戦、富士 SUPER TEC 24時間レースの観戦レポートです。 はじめに言っておきますが、写真がかなり多いので長編になりますw スーパー耐久とは? 市販車ベースのレース 車両クラス ST-X(ゼッケンカラー黄色) ST-Z(ゼッケンカラー水色) ST-TCR(...

都庁と伽藍とバザール|miyasaka|note

東京都の情報技術利活用への取り組みは都庁内に常勤で働いている情報技術系職員に加え高い専門性の人にフェローとして非常勤でサポートしてもらってます。 その一人の関フェローの嬉しいニュースが。 デブサミ2020夏のベストスピーカーが決定、1位はCode for Japan 関治之氏 日本で有数の伝統もあって大規模なエンジニア...

50年分の魅力「トミカ博」ひらかたパークで19日開幕 - 産経ニュース

誕生から50年になる玩具のミニカー「トミカ」の魅力を伝える「トミカ博」が19日、大阪府枚方市のひらかたパークで開幕する。同園での開催は初めてで、期間は10月11日まで。自動車メーカー各社がトミカの50周年に合わせてデザインした本物のスポーツカー=写真=も登場する。 Honda シビックTYPE R...

2020年8月の話題〜いのちの輝きくん、10年残る故人ブログ、感想文の書き方 - ぐるりみち。

毎月恒例、「今月のブックマークを振り返ろう」のコーナー、今回は2020年8月編です。2014〜2019年の7月の振り返りも末尾に掲載しているので、お暇な方はどーぞ! 社会・時事 この割れ切った世界の片隅で 高校3年生……え!?高校3年生!?10代でこれだけ多くの「普通」を知ってきたこと、それを常に考えながら咀嚼してきた...

ハイエースにレクサスのエンブレム装着「詳しい人には笑われます」 - ライブドアニュース

2020年8月27日 14時10分 ざっくり言うと 車のエンブレムを別ブランドのものなどに変更する人もいるという トヨタ「ハイエース」にレクサスのエンブレムを装着している男性ドライバー 「『お洒落』として取り付けています」「詳しい人には笑われます」と語った あくまで「お洒落」?の象徴をなぜ交換する? クルマの前後...

日本の自動車メーカーの規模感、知っていますか? - 非天マザー by B-CHAN

自動車販売台数シェア ボクは、経営に関する書物や資料を読むのが大好きで、このブログでも、関連ネタを記事にしています。 今回は、日本の自動車メーカーの状況をヒマつぶしに見てみましょう。 メーカーの規模を比べる場合、販売台数、売上高、利益など、いくつかの指標を見る必要があります。 例えば、みなさんは、日...

ホンダ、英から生産移管 寄居工場 新協定見据え活用  :日本経済新聞

ホンダは2021年に終了する予定の英国生産について、一部を日本に移管する方針を固めた。英国を巡っては欧州連合(EU)脱退に伴い、日英両政府が自動車関税の撤廃に向けた詰めの協議に入っている。ホンダは為替リスクを減らすため現地生産比率を高めていたが、通商協定の合意を見据え国内工場の活用を進める。 英スウィン...

「台湾」で李登輝を研究する難しさ | nippon.com

2020年7月30日、台湾の李登輝前総統が亡くなり、その死は日本でも大きな衝撃とともに報道された。その訃報が報じられてから、彼の功績についてあらゆるメディアでさまざまなエピソードとともに語られており、これからさらに特集が組まれたりするだろう。この大きな節目に際し、大学院時代から李登輝のことを研究してきた...

デンソー欠陥問題がホンダに波及、判断遅れ計479万台リコールへ | 日経クロステック(xTECH)

デンソーの欠陥燃料ポンプ問題が深刻化している。ホンダが2020年5月末に届け出た「シビック」や「CR-V」、「HR-V」、「NSX」など世界で137万台を数えるメガリコールの原因も、デンソー製欠陥燃料ポンプにあることが関係者への取材で分かった。中国市場で77.5万台の、アジア市場(中国市場を除く)で35.9万台の、米国市場...

GitHubが日本向けオンラインイベントを開催、セキュリティや企業向けなどの新機能を解説(Impress Watch) - Yahoo!ニュース

ギットハブ・ジャパン合同会社(以下、GitHub Japan)は5日、5月に開催された国際イベント「GitHub Satellite」で発表された内容などを日本で紹介するイベント「GitHub Enterprise Virtual Roadshow Japan」を、オンラインで開催した。 【この記事に関する別の画像を見る】 GitHubによる発表のほか、民間団体「Code for ...


シビック - アマゾン検索


「シビック」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す