[PR]

日別キーワード

第75位  シビック - 2018年11月05日


関連するイメージは見つかりませんでした



シビック
『ホンダ・シビック』より : シビック(Civic)は、本田技研工業が生産及び販売している乗用車である。8代目をもって日本市場での販売は撤退しており、それ以降は2015年にスポーツグレードの限定販売にとどまっている。尚欧州ではCセグメントに、アメリカ合衆国ではコンパクトカーにそれぞれ区分されている。 1972年に販売が開始され、世界各国で販売されるホンダの世界戦略を担う基幹車であり、現在販売されている乗用車の中でも長く同一の名称で販売されている車である。初代から7代目までは小型乗用車の分類に属しており、3ドアおよび5ドアハッチバックと4ドアセダンの幅広い展開だった。8代目から3ナンバーサイズの中型乗用車にボディサイズが拡大され、日本仕様に関しては、4ドアセダンのみとなったが、日本以外の国ではハッチバックや2ドアクーペなども展開されている。エンジンは、初代より現在にいたるまで直列4気筒エンジンを搭載しているが、排気量は1.2Lから徐々に拡大され、現在は2.0Lガソリンエンジンのほか、2.2Lディーゼルエンジンやガソリン電気ハイブリッドなどが搭載されている。 (Wikipedia:シビック)

シビック フェリオ
『ホンダ・シビックフェリオ』より : シビックフェリオ(Civic ferio)は、本田技研工業がかつて生産、販売していたセダン型の小型乗用車である。 日本国内市場において、5代目から7代目までのシビックセダンにこの名称が適用されていた。またシビック セダンとして3世代とも日本国外でも生産された。 初代 EG7/8/9/EH1/EJ3型(1991-1995年) 1991年9月10日に発表された(発売は翌9月11日)。通称「スポーツシビック」。基本的には3ドアと同じようなグレード構成だが、フェリオにはスタンバイ4WDのリアルタイム4WDが設定された。 1992年5月に、日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞記念車が限定発売された。「VTi」をベースに、運転席パワーシート、キーレスエントリーなどが特別装備されている。 1992年9月に、「ETi」に4速AT車と、D15Bシングルキャブレター仕様(91PS)の「ML」が発売された。 1993年5月に、特別限定車「ML・X」が発売された。 1993年9月に、マイナーチェンジが行なわれた。助手席用のSRSエアバッグが設定され、エアコンの冷媒が変更された。 (Wikipedia:シビック フェリオ)

シビック ハイブリッド
『ホンダ・シビックハイブリッド』より : シビックハイブリッド(Civic hybrid)は、本田技研工業が生産、販売するセダン型のハイブリッドカーである。 初代は3代目シビックフェリオ(シビック全体としては7代目)、2代目は8代目シビックをベースにしたガソリンと電気のハイブリッドカーである。初代はインサイトに搭載した独自のハイブリッドシステム「Honda IMA(インテグレーテッド・モーター・アシスト)システム」を高効率化させた「新Honda IMAシステム」を搭載し、2代目はその発展版である「3ステージi-VTEC + IMA」を搭載している。 初代 ES9型(2001-2005年) 発売に先駆け、2001年の第35回東京モーターショーに市販予定車として参考出品された。 2001年12月14日に発売が開始された。ベースとなるシビックフェリオとの駆動システム以外の違いは、10mm低い車高、黒檀調のセンターパネル、専用アルミホイール、トランクリッドエアスタビライザー、空気整流用のアンダーパネル、リアシート後方の室内吸気口(走行用バッテリーを空冷し、トランク内部に廃熱する)、革装のステアリングホイールとシフトノブや左右側面方向指示器下部の「hybrid」エンブレム(日本版は後期型のみ、欧州版では「IMA」エンブレム)などである。 (Wikipedia:シビック ハイブリッド)

シビック シャトル
『ホンダ・シビックシャトル』より : シビックシャトル(Civic shuttle)は、本田技研工業がかつて生産、販売していたハッチバック型の小型自動車である。 なお、商用モデルはシビックプロ(Civic PRO)として発売されており、本稿ではこれについても記述する。 1983年から1996年に生産/販売された、3代目及び4代目シビックの5ドアハッチバック版で、2代目に設定されていたシビックカントリーの実質的な後継車である。1.3Lから1.6Lのエンジンを搭載し、当初FFのみであったが、後に4WDも追加された。 当時の同クラスライバル車と比べ、5ドアハッチバック車よりは全高が約10cmも高く、ワゴン車よりは全長が約20cmも短いそのボディスタイルは独特のもので、後の「ショートワゴン」や「セミトールワゴン」の先駆けとなった。また、当時のカタログには「新しいセダンです」という記載もあった。 初代 AJ/AK/AR型(1983 - 1987年) 1983年10月20日、3代目シビックの5ドアとして、3ドアより約1か月遅れて販売された。 (Wikipedia:シビック シャトル)

シビック カントリー
『ホンダ・シビックカントリー』より : シビックカントリー(Civic country)は、本田技研工業がかつて生産、販売していたステーションワゴン型の小型乗用車である。 本田技研工業が初めて販売したステーションワゴンで、シビックバンと車体を共用し、1980年1月22日に発表された。2代目シビック(通称スーパーシビック)の派生車種であり、テールゲートとボディサイドに木目調パネル(ボディサイドはオプション)、ステーを延長して大型化した専用のリア・バンパーを装備していた。 北米仕様は「シビックワゴン」として発売し、1980年の米国インポート・カー・オブ・ザ・イヤー(米・モータートレンド誌)第1位を受賞した。 初代 WD型(1980 - 1983年) 1980年1月22日 - 発表された(発売は、翌1月23日)。装備仕様によるグレード分けはなかったが、発売記念として1,500台に木目調サイドパネルが標準装備された。(以後はオプション) 1980年 7月31日 - エンジンがCVCC-IIに、ホンダマチックがO.D.付きにそれぞれ変更された。 (Wikipedia:シビック カントリー)

シビックハイブリッド
『』より : (Wikipedia:シビックハイブリッド)

シビッククーペ
『』より : (Wikipedia:シビッククーペ)


シビック - 関連ブログ

データが取得できませんでした

シビック - アマゾン検索


「シビック」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す