[PR]

日別キーワード

第81位  ツール・ド・フランス - 2018年11月05日


関連するイメージは見つかりませんでした



ツール・ド・フランス
ツール・ド・フランスまたは(ル・)トゥール・ド・フランス(仏: Le Tour de France、以下「ツール」)とは毎年7月にフランスおよび周辺国を舞台にして行われる自転車プロロードレースである。1903年から開催されている。主催は傘下にスポーツ新聞レキップや一般紙ル・パリジャンなどを抱えるフランスの大企業・アモリ・スポル・オルガニザシオン (ASO, Amaury Sport Organisation)。 名称はフランス語で「フランス一周」を意味する。フランス語による同様の名称のレースには、スイスで行われるツール・ド・スイスなどがある。単にル・ツール(Le Tour:ル・トゥール)と称されることもある。 毎年7月に23日間の日程で行われるステージレースで距離にして3300km前後、高低差2000m以上という起伏に富んだコースを走り抜く。フランス国内でのレースが中心だがイギリス、イタリア、スペイン、ベルギー、モナコなど周辺国が舞台になるステージもある。 (Wikipedia:ツール・ド・フランス)

ツール・ド・フランス2007
ツール・ド・フランス2007は2007年7月7日から7月29日 29日まで全21ステージで行われた94回目のツール・ド・フランス。
ファイル:Tour de France 2007.png thumb 240px 2007年のツール・ド・フランスのコース
2006年10月26日にパリのパレ・デ・コングレ・ド・パリで全コースが発表された。今大会は7月7日にイギリス・ロンドンのトラファルガー広場をスタート地点とし、途中ベルギーを経由し、時計回り(第16ステージを除く)で29日にシャンゼリゼ通りをゴールとする全21ステージ・3.553.9kmで行われた。参加チームはUCIプロツアー参加チーム(ユニベットを除く19チームユニベットを除外した経緯についてはUCIプロツアー#3大ツールとの主導権争い UCIプロツアーの当該項を参照のこと。)にワイルドカード (スポーツ) 主催者推薦枠で出場するプロフェッショナルコンチネンタルチームの2チーム(アグリチュベル、バルロワールド)を加えた21チームであった。
(Wikipedia:ツール・ド・フランス2007)

ツール・ド・フランス2006
ツール・ド・フランス2006は2006年7月1日から23日まで全21ステージで行われた93回目のツール・ド・フランス。 前年まで7連覇を達成したランス・アームストロングの引退、およびドーピング疑惑によるヤン・ウルリッヒとイヴァン・バッソの出場差し止めにより大混戦の大会となった。 大会は7月1日の個人タイムトライアルを皮切りに、2日間の休養を経て、7月23日の第20ステージまで行われた。フロイド・ランディスが89時間39分30秒で総合優勝したが、ランディスのツール期間中の複数の検体から禁止薬物が検出された。その後アメリカ・アンチ・ドーピング機構がツール優勝タイトルの剥奪と2年間の出場停止処分を決定し、UCIが公式にランディスの失格と総合2位だったペレイロの総合優勝を認定した。ランディスは当初薬物の使用を否定していたが、2010年になって禁止薬物を常用していたことを告白した。 日程と結果 最終成績 総合成績 ポイント賞 山岳賞 新人賞 チーム総合時間 脚注 関連項目 ツール・ド・フランス 外部リンク 第93回 ツール・ド・フランス2006 (フランス語)。 (Wikipedia:ツール・ド・フランス2006)

ツール・ド・フランス (アルバム)
ツール・ド・フランス(Tour de France Soundtracks) はドイツの音楽ユニット、クラフトワークのアルバム。 2003年8月にEMIよりリリースされた。 本作はツール・ド・フランス100年記念として製作された。ジャケットは1983年のシングル「ツール・ド・フランス」と同様メンバーの顔を用いたデザインである。ただし1983年当時のメンバーだったヴォルフガング・フリューアとカール・バルトスの顔は、入れ替わったメンバーのものに差し替えられている。 解説 本作はデュッセルドルフのクリング・クラングスタジオで収録された。ラルフ・ヒュッターとフローリアン・シュナイダーはフリッツ・ヒルパート、ヘニング・シュミッツと本作を録音し、この四人のメンバーでワールドツアーが行われた。ライブでは巨大なスクリーンの映像に合わせ、ラップトップ・コンピューターを用い「softsynth」による演奏が行われた。 収録曲 プロローグ - Prologue (00:30) ツール・ド・フランス-エタップ1 - Tour de France (Étape 1) (04:30) ツール・ド・フランス-エタップ2 - Tour de France (Étape 2) (06:40) ツール・ド・フランス-エタップ3 - Tour de France (Étape 3) (03:55) クロノ - Chrono (03:20) ヴィタミン - Vitamin (08:10) エアロ・ダイナミック - Aéro Dynamik (05:05) チタニウム - Titanium (03:20) エレクトロ・カルディオグラム - Elektro-Kardiogramm (05:15) ラ・フォルム - La Forme (08:40) レジェネラシオン - Regénération (01:15) ツール・ド・フランス - Tour de France (05:10)。 (Wikipedia:ツール・ド・フランス (アルバム))

ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム
ツール・ド・フランスさいたまクリテリウムは、埼玉県さいたま市で開催されている、自転車競技のロードレース大会である。2013年にツール・ド・フランス100回を記念して開始された。「ツール・ド・フランス」の名称をクリテリウムレースとして本大会名に冠するのは世界初である。 2013年 「さいたまクリテリウムbyツールドフランス2013」は、2013年10月26日にさいたま新都心駅を挟んだ特設コース(2.7km×20周)で行われた。 大会の運営費用が為替差損や想定外の経費増によりかさみ、約1億9000万円の赤字となった。大会実行委員会に対する1.5億円の追加支出を含んだ補正予算はさいたま市議会で審議未了のまま廃案となり、2014年1月に清水勇人市長が専決処分を行って支出を執行した。 出場チーム UCIプロチームキャノンデール(イタリアの旗 イタリア、CAN) スカイ(イギリスの旗 イギリス、SKY) モビスター・チーム(スペインの旗 スペイン、MOV) アルゴス・シマノ(オランダの旗 オランダ、ARG) オリカ・グリーンエッジ(オーストラリアの旗 オーストラリア、OGE) AG2R・ラ・モンディアル(フランスの旗 フランス、ALM) FDJ.fr(フランスの旗 フランス、FDJ)プロフェッショナルコンチネンタルチームチーム・ヨーロッパカー(フランスの旗 フランス、EUC)上記海外籍チームの選手のほか、日本籍チームに所属する選手が中心の日本国籍選手も参加する。 (Wikipedia:ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム)

ツール・ド・フランス各部門賞受賞者一覧
ツール・ド・フランス各部門賞受賞者一覧(つーる・ど・ふらんす かくぶもんしょうじゅしょうしゃいちらん)は、1903年より実施されているツール・ド・フランスのマイヨ・ジョーヌ(総合優勝)及び、マイヨ・ブラン・ア・ポワ・ルージュ(山岳賞)、マイヨ・ヴェール(ポイント賞)、マイヨ・ブラン(新人賞)の各受賞者の一覧を示したものである。 各部門賞受賞者一覧 総合優勝回数・国別ランキング 総合首位回数ランキング 脚注 ==。 (Wikipedia:ツール・ド・フランス各部門賞受賞者一覧)


ツール・ド・フランス - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ツール・ド・フランス - アマゾン検索


「ツール・ド・フランス」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す