[PR]

日別キーワード

第87位  ブルックナー - 2018年11月05日


関連するイメージは見つかりませんでした



ブルックナー
『アントン・ブルックナー』より : ヨーゼフ・アントン・ブルックナー(Josef Anton Bruckner, 1824年9月4日 - 1896年10月11日) は、オーストリアの作曲家、オルガニストである。交響曲と宗教音楽の大家として知られる。 人物・経歴 1824年9月4日、学校長兼オルガン奏者を父としてオーストリアのリンツにほど近い村アンスフェルデンで生まれる。この年はベートーヴェンが交響曲第9番を、シューベルトが弦楽四重奏曲第14番『死と乙女』を書いた年である。しかしながら同じオーストリア帝国とはいえ、アンスフェルデンのブルックナー少年の生活は首都ウィーンの華やかな音楽史とは無関係なものであった。幼少期から音楽的才能を示したブルックナーは、10歳になる頃には父に代わって教会でオルガンを弾くほどになっていた。11歳になる1835年の春にはブルックナーの名付け親で、同じくリンツ近郊の村であるヘルシングのオルガニストであったヨハン・バプティスト・ヴァイスのもとに預けられ本格的な音楽教育を受けることとなる。 (Wikipedia:ブルックナー)

ブルックナーの版問題
作曲家アントン・ブルックナーの作品、特に交響曲について、同じ曲名でありながら、異なる版・稿を称する複数の楽譜が存在する。これらをブルックナーの版問題あるいは「版問題」と総称することがある。ここでは、その詳細を説明する。
異なる版・稿を称する複数の楽譜が存在する背景として、しばしば以下が指摘される。
一つめの背景は、作曲者による改訂である。ブルックナーは作品を完成させてからもさまざまな理由から手を入れることが多かった。ここには、小規模な加筆もあれば、大掛かりな変更もある。改訂時期も、多岐にわたっているが、大規模な改訂は時期が集中しているとの見方もある。例えばレオポルト・ノヴァークは「第1次改訂の波」「第2次改訂の波」という言葉で、この見解を説明している。
(Wikipedia:ブルックナーの版問題)

ブルックナーの管弦楽曲・吹奏楽曲
ここではアントン・ブルックナーが作曲した管弦楽曲・吹奏楽曲について述べる(偽作を含む)。
行進曲ニ短調WAB96・3つの管弦楽小品WAB97は、ブルックナーが初めて完成させた管弦楽曲とされる。WAB番号は分かれているが出版譜によってはまとめて「4つの管弦楽小品」と称している。
いずれも1862年、すなわちブルックナーがジーモン・ゼヒターに和声法と対位法を学んだ後、オットー・キッツラーに管弦楽法を学んでいる最中に作曲された。いわば習作である。どの楽章も単純な形式による3~4分程度の曲である。
ブルックナーの生前の出版・演奏はされなかったと見られ、第1次全集版編纂に際しアルフレート・オーレルが校訂した。初演は1924年に行われ、出版は1934年に行われた。この時4つの管弦楽小品として出版された。その後、第2次全集としての版も、1996年に出版された。ここでも4つの管弦楽小品として1冊にまとめて出版されている。
(Wikipedia:ブルックナーの管弦楽曲・吹奏楽曲)


ブルックナー - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ブルックナー - アマゾン検索


「ブルックナー」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す