[PR]

日別キーワード

第91位  ルーベンス - 2018年11月05日


関連するイメージは見つかりませんでした



ルーベンス
『ピーテル・パウル・ルーベンス』より : ピーテル・パウル・ルーベンス(蘭: Peter Paul Rubens オランダ語: [ˈrybə(n)s]、1577年6月28日 - 1640年5月30日)は、バロック期のフランドルの画家、外交官。祭壇画、肖像画、風景画、神話画や寓意画も含む歴史画など、様々なジャンルの絵画作品を残した。日本語ではペーテル・パウル・リュベンス、ピーテル・パウル・リュベンスなどと表記する場合もある。 ルーベンスはアントウェルペンで大規模な工房を経営し、生み出された作品はヨーロッパ中の貴族階級や収集家間でも高く評価されていた。またルーベンスは画家としてだけではなく、古典的知識を持つ人文主義学者、美術品収集家でもあり、さらに七ヶ国語を話し、外交官としても活躍してスペイン王フェリペ4世とイングランド王チャールズ1世からナイト爵位を受けている。 欧州大学院大学の奨励金制度には、毎年著名な歴史上の人物の名前がつけられており、1976年から1977年の奨励金制度はピーテル・パウル・ルーベンスと名付けられた。 (Wikipedia:ルーベンス)

ルーベンス・バリチェロ
ルーベンス・バリチェロ(Rubens Gonçalves Barrichello, 1972年5月23日 - )は、ブラジル・サンパウロ出身のレーシングドライバー。愛称は「小さなルーベンス」を意味するルビーニョ(Rubinho)。 F1で通算322戦のレースに参戦しており、これはF1史上歴代最多記録である。 F1において、当時の史上最年少でポールポジションを獲得するなど早くから実力を見せていた一方で、競争力の高い車にはなかなか恵まれなかったため、優勝は125戦目に初めて獲得しており、これは当時としては最も遅い記録であった。 名前のカタカナ表記については「フーベンス・ゴンサウヴェス・バヒケール」という表記が実際の発音に近いほか、姓について日本国内では「バリッケッロ」といった表記も多く見られるが、本記事では日本国内で一般的な「ルーベンス・バリチェロ」の表記で統一する。 (Wikipedia:ルーベンス・バリチェロ)

ルーベンス・ゴンサウヴェス・バリチェロ
『ルーベンス・バリチェロ』より : ルーベンス・バリチェロ(Rubens Gonçalves Barrichello, 1972年5月23日 - )は、ブラジル・サンパウロ出身のレーシングドライバー。愛称は「小さなルーベンス」を意味するルビーニョ(Rubinho)。 F1で通算322戦のレースに参戦しており、これはF1史上歴代最多記録である。 F1において、当時の史上最年少でポールポジションを獲得するなど早くから実力を見せていた一方で、競争力の高い車にはなかなか恵まれなかったため、優勝は125戦目に初めて獲得しており、これは当時としては最も遅い記録であった。 名前のカタカナ表記については「フーベンス・ゴンサウヴェス・バヒケール」という表記が実際の発音に近いほか、姓について日本国内では「バリッケッロ」といった表記も多く見られるが、本記事では日本国内で一般的な「ルーベンス・バリチェロ」の表記で統一する。 (Wikipedia:ルーベンス・ゴンサウヴェス・バリチェロ)


ルーベンス - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ルーベンス - アマゾン検索


「ルーベンス」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す