[PR]

日別キーワード

第94位  囲碁 - 2018年11月05日


関連するイメージは見つかりませんでした



囲碁
囲碁(いご)とは、2人で行うボードゲームの一種。交互に盤上に石を置いていき、自分の石で囲んだ領域の広さを争う。単に碁(ご)とも呼ばれる。 2人のプレイヤーが、碁石と呼ばれる白黒の石を、通常19×19の格子が描かれた碁盤と呼ばれる板へ交互に配置する。一度置かれた石は、相手の石に全周を取り囲まれない限り、取り除いたり移動することはできない。ゲームの目的は、自分の色の石によって盤面のより広い領域(地)を確保する(囲う)ことである。 アブストラクトゲーム、ボードゲームの一種で、ゲーム理論の言葉で言えば二人零和有限確定完全情報ゲームである。勝敗は、より大きな地を確保することで決定される(#勝敗に関するルール)。ゲームの終了は、将棋やチェスと同じように、一方が負けを認めること(投了という)もしくは双方の「もう打つべきところがない」という合意によって行われる。他のボードゲームと比較した場合の特異な特徴は、ルール上の制約が極めて少ないこと、パスが認められていることが挙げられる。 (Wikipedia:囲碁)

囲碁の歴史
この項目では、囲碁の歴史(いごのれきし)について解説する。 中国の囲碁 棋待詔(囲碁を以って仕えた官職)も参考 起源・考古資料 囲碁の実際の起源ははっきりとは判っていないが、中国で占星術の一法が変化・洗練されて今の形となったのではないかと言われている。 考古学的な考証を見ると、2002年に中国陝西省の考古学者が、前漢の景帝陽陵で、前漢時代(206 BC - 24 AD)のものと思われる陶製碁盤の断片を発見した。中国の考古学者の調査によれば、この碁盤は皇帝の陵墓から出土したとはいえ、皇族が使用したものではなく、陵墓の墓守達の遊戯のために使用されていたものと推定されている。このことから、中国では囲碁は2000年前には庶民の間にゲームとして一般的であったと考えられる。初期の碁石は、唐宋期のものが残っている。 先秦時代 伝説では、堯が息子のzh:丹朱が賢くないのを見て、囲碁を発明し、教えたという。晋代の張華は「博物志」で、「堯造圍棋,以教子丹朱」と「舜以子商均愚,故作圍棋以教之」と記載する。 (Wikipedia:囲碁の歴史)

囲碁タイトルの在位者一覧
囲碁のタイトル在位者一覧は、日本国内棋戦七大タイトルの歴代在位者一覧であり、1941年の本因坊戦創設から現在までを網羅する。 表記上の注意 5期以上のタイトルを獲得した棋士の名前には着色している。 同一タイトル4連覇以上を達成した棋士、初のタイトル獲得、それぞれのタイトルの最年少保持記録は備考に入れている。 名誉称号資格を獲得した棋士は備考に入れている。 一覧 七大タイトル獲得数 タイトル数の黄色は名誉称号資格、太字は最多獲得。 2016年十段戦終了時点。 年代別優勝ランキング ※0年~9年までの10年間のタイトル獲得数 関連項目 囲碁の女流タイトル在位者一覧 囲碁世界タイトルの獲得者一覧 国際団体棋戦の優勝国一覧。 (Wikipedia:囲碁タイトルの在位者一覧)

囲碁のルール
囲碁のルール(いごのルール)について、以下に記す。 基本的なルールは長い歴史の中でも変わっていないが、トラブルが少なくなるように、またゲームとして楽しめるように細かな改良が続けられてきた。だが大部分はほぼ不変で、囲碁がボードゲームとして完成されていることを表している。現在では大きく分けて、中国ルールと日本ルールの2系統が主流であるが、どちらを用いてもほとんどの場合勝敗や戦略には変わりがない。 以下では日本ルールを説明する。個々の概念の詳細は、外部リンクを参照されたい。 まず、囲碁においては信義則が重要となる。日本囲碁規約にも「この規約は対局者の良識と相互信頼の精神に基づいて運用されなければならない。」とある。とりわけゲームの特性上、終局処理に両者の合意が数多く必要とされる囲碁においては円滑に対局を行う上で必要不可欠である。近年、ネット碁で対局者がお互い匿名である場合も多いが、そのような状況では信義則はより重要である。 基本ルール 碁盤の線の交差部分に黒と白が交互に打つ。 地(自分の領域)の多いほうが勝利。 相手の石は上下左右を囲うと取れる。 (Wikipedia:囲碁のルール)

囲碁棋士
『棋士 (囲碁)』より : 棋士(きし)は、碁打ちともいい、囲碁を打つ人の総称。 プロを指す事が多いが、アマチュアでも棋士と呼ぶ事もある。 呼称 室町時代末期に囲碁を専業とする者が現れると、彼らは「碁打」と呼ばれるようになる。江戸時代に家元が俸禄を受けるようになると、「碁衆」あるいは将棋の家元との区別で「碁方」「碁之者」などの呼び名が使われた。また江戸時代には「碁士」「碁師」などの呼び方も生れ、地方においても賭碁をする者は碁打と呼ばれた。明治になると「碁客」「碁家」「棋客」「棋家」といった呼び方がされ、また棋戦に出場する者は「選手」とも呼ばれ、大正時代の裨聖会もこの呼び名を使った。日本棋院が設立されると「棋士」を使うようになり、以降の各組織でもこれに倣い現在に至っている。また日本棋院以前の囲碁専業の者や高手に対しても棋士と呼ぶことが多い。 中世まで 漢の時代には『奕旨』を著した歴史家の班固などの愛棋家が知られ、建安七子と呼ばれた文人でも孔融や、王粲、『弈勢』を著した応瑒が碁に長じていた。 (Wikipedia:囲碁棋士)

囲碁棋士一覧
『棋士 (囲碁)』より : 棋士(きし)は、碁打ちともいい、囲碁を打つ人の総称。 プロを指す事が多いが、アマチュアでも棋士と呼ぶ事もある。 呼称 室町時代末期に囲碁を専業とする者が現れると、彼らは「碁打」と呼ばれるようになる。江戸時代に家元が俸禄を受けるようになると、「碁衆」あるいは将棋の家元との区別で「碁方」「碁之者」などの呼び名が使われた。また江戸時代には「碁士」「碁師」などの呼び方も生れ、地方においても賭碁をする者は碁打と呼ばれた。明治になると「碁客」「碁家」「棋客」「棋家」といった呼び方がされ、また棋戦に出場する者は「選手」とも呼ばれ、大正時代の裨聖会もこの呼び名を使った。日本棋院が設立されると「棋士」を使うようになり、以降の各組織でもこれに倣い現在に至っている。また日本棋院以前の囲碁専業の者や高手に対しても棋士と呼ぶことが多い。 中世まで 漢の時代には『奕旨』を著した歴史家の班固などの愛棋家が知られ、建安七子と呼ばれた文人でも孔融や、王粲、『弈勢』を著した応瑒が碁に長じていた。 (Wikipedia:囲碁棋士一覧)

囲碁の時間
『囲碁の時間』(いごのじかん)は、2012年3月までNHK教育テレビで毎週日曜日に放送された囲碁番組である。 番組は以下の2部で構成される(放送時間は2011年度のもの)。 第1部 - 囲碁講座(12:15 - 12:30) 現役棋士や女流棋士が講師を務め、女流棋士やタレントなどが聞き手を担当する。1993年までは毎年4月から翌年3月までを、1994年以降は毎年4月から9月まで(前期)と、10月から翌年3月まで(後期)をそれぞれ一つのタームとしてあるテーマを持って講座が進められた。 2007年上期は講師と聞き手講座ではなく2人で講座を行う方式で行われた。 2010年の囲碁講座については木曜日(05:05 - 05:25)に再放送がなされた。 第2部 - NHK杯テレビ囲碁トーナメント大会(12:30 - 14:00、短縮の場合もある)2010年度までは第1部が12:00 - 12:20、第2部が12:20 - 14:00の放送であった。 (Wikipedia:囲碁の時間)

囲碁の手合割
囲碁における手合割(てあいわり)とは、囲碁の対局における実力差に応じたハンディキャップのこと。またそれに基づく実力差、ないし段級位差を指すこともある。 囲碁において、棋力の差に応じたハンディキャップを与えて、対等な勝負ができるようにするための仕組みである。 現代の一般的な対局では、棋力に差が無い、もしくは対等として対局する際は、対局時の先手番(先番)、後手番はどちらとなってもよく、先番が何目かの目数をハンディキャップとして負う(コミ)こととし、これを互先(たがいせん)という。 棋力に差があるとき、その差に応じて下位者がコミ無しの先番を持つか、あらかじめ下位者が盤上にいくつかの石を配置した状態で開始する。これを置き碁(おきご)と言う。置き碁では必ず上位者の手番で対局で開始する。この時の上位者を上手(うわて)、下位者を下手(したて)と呼ぶ。置き碁の2子局の下位者となる手番を2子番などとも呼ぶ。 プロ棋士の手合割 現在は全ての互先での対局が、先番がコミを出して1局で勝敗を決着するコミ碁となっている。 (Wikipedia:囲碁の手合割)

囲碁のタイトル
『棋戦 (囲碁)』より : 棋戦(きせん)とは囲碁の大会、特にプロのものを指す言葉。 黎明期 室町時代末期から公家や大名により当代の名手を集めた碁会が催されることが多くなり、著名な碁打ちの強さの格付けもされるようになる。江戸時代になると、その中の本因坊算砂や利玄といった者たちから家元制が生まれ、家元が幕府に出仕しての御城碁や、寺社奉行の許可に基づく争碁などが公的な対局として行われていた他、武家や豪商が後援者となっての対局も行われた。 明治時代になって囲碁界が江戸幕府の保護を失うと、棋士達はスポンサーの支援によって対局を行った他、新たに結成された方円社では月例会の棋譜は雑誌「囲棋新報」に掲載される。囲碁愛好者の拡大に応じ、1878年(明治11年)に郵便報知新聞で初めて新聞に棋譜が掲載され、時事新報が1896年から「碁の栞」と題して棋譜連載、続いて1898年に國民新聞、神戸新聞で棋譜を掲載する。 (Wikipedia:囲碁のタイトル)

囲碁・オセロ板
2ちゃんねる掲示板=囲碁・オセロ板
愛称=-
カテゴリ名=ゲーム
サーバー名=schiphol
フォルダ名=gamestones
書き込み数=約450
書き込み数の時点=2006年10月中旬
関連板名=将棋・チェス板
開設日=2005年5月6日
開設理由=分割
名無しの名前=名無し名人
ID制度=強制
囲碁・オセロ板(いご・オセロいた)は、匿名掲示板2ちゃんねるにある電子掲示板 板の一つ。正式名称は「囲碁・連珠・オセロ@2ch掲示板」である。
もともと囲碁やオセロ (遊戯) オセロ、連珠は将棋やチェスとともに囲碁・将棋板で取り扱われていた。しかし、もともと違うジャンルである競技を1つの板で扱うことに関しては異論もあり(将棋・チェス板#概要 将棋・チェス板参照)、2006年5月6日のゲームカテゴリの大量新設に伴い分割されることとなった。
(Wikipedia:囲碁・オセロ板)

囲碁界
囲碁界(いごかい)は、囲碁という遊戯をめぐって、プロの棋士 (囲碁) 棋士・女流棋士 (囲碁) 女流棋士やアマチュア、囲碁愛好者、業界関係者などで構成する社会領域。囲碁は、中華民国、中華人民共和国、大韓民国 韓国などでも盛んだが、日本国内では日本棋院・関西棋院がその総本山である。
通算タイトル獲得数 趙治勲 69(2006年現在)
タイトル最長防衛 趙治勲 10期(本因坊 本因坊戦、1989年〜1998年)
同時タイトル保持数 坂田栄男 7(1964年)
同一タイトル戦連続出場 加藤正夫 12期(王座戦、1980年〜1991年)
最年長タイトル 藤沢秀行 69歳(王座)
最年少タイトル 井山裕太 16歳(阿含・桐山杯、2005年)
(Wikipedia:囲碁界)

囲碁用語一覧
囲碁用語一覧(いごようごいちらん)は、囲碁に関する用語のうち既に記事のあるもの、及び記事の書かれる予定であるものの一覧である。なお囲碁用語は、「トビ」「ノゾキ」「ケイマ」などのように、カタカナで表記されることが一般的である。 参考図書に『新・早わかり 用語小事典―読んで調べる囲碁知識 』(日本棋院)がある。 あ行 アキ隅 アゲハマ 味:近くに石が来たら厳しい手段が成立するなど、すぐには問題はなくとも危険をはらんだ状態を「味が悪い」と表現する。またこうした危険を残さない確実な手を「味のよい手」などと呼ぶ。 アタリ 厚み アテ アテコミ アテツケ アマシ:先に地を稼ぎ、敵の攻撃をいなしてうまく勝ちに持っていく打ち方。 荒らし 囲碁 囲碁の歴史 囲碁界 囲碁九品 囲碁殿堂 石の下 一合マス 一間トビ 薄い:すぐに取られるわけではないが、敵の勢力圏内にあって眼が作りにくいなど、石の一団が弱い様子。 (Wikipedia:囲碁用語一覧)

囲碁・将棋チャンネル
囲碁・将棋チャンネル(いご・しょうぎチャンネル)は、ケーブルテレビおよびスカパー!プレミアムサービス、スカパー!(東経110度CS放送)で放送される、囲碁と将棋に特化した番組のテレビチャンネルである。衛星基幹放送事業者の株式会社囲碁将棋チャンネルが運営している。 囲碁・将棋とも、講座とプロ棋戦の解説が多く放送され、棋界の最新情報を紹介する番組(囲碁・将棋のそれぞれで別番組)もある。また、囲碁将棋チャンネルが主催する棋戦(囲碁:竜星戦、将棋:銀河戦)の放送も行っている。詳しくは後述。 概歴 1990年8月2日 - 日建学院を運営する建築資料研究社によりサテライトカルチャージャパン株式会社設立。 1991年10月 - ケーブルテレビ向け番組配信開始。 JSAT(現・スカパーJSAT)のJCSAT-2を用いたCS放送第16チャンネル「ニッケンサテライト」として、「工務店チャンネル」(日建学院・工務店関係者向け専門チャンネル)と供用する形で、毎日6:00 - 8:00、18:00 - 24:00に配信していた(8:00-18:00は工務店チャンネル)。 (Wikipedia:囲碁・将棋チャンネル)

囲碁発陽論
『囲碁発陽論』(いごはつようろん)は、囲碁の手筋や詰碁を収めた棋書。作者は名人碁所であった4世井上因碩(道節)で、1713年(正徳3年)に完成した。難解なことで知られ、別名「不断桜」。「発陽論」とも記される。 成り立ち 井上因碩は本書完成後も、井上家門外不出の書とし、門下の者でも容易に見ることはできなかった。因碩死後もその内容は秘されていたが、井上家の火災にあって原本は焼失した。しかし本因坊烈元門下の伊藤子元が入手していたものが、人づてに伝わり、1906年に安藤如意が伊藤松和の門人からその存在を聞き、山崎外三郎の未亡人より筆写の許しを得た。これを入手した本因坊秀哉が、15世井上因碩所蔵のものと合わせ、時事新報に掲載し、1904年に秀哉、因碩による解説とともに『囲碁珍朧発陽論』として出版した。写本で現在まで古書として残っているものもある。 現在も解説本が出版されており、もっとも難解な詰碁集としてプロ棋士を目指す者にとってのバイブル的な存在となっている。 内容 死活の問題(詰碁)、攻め合いの問題、シチョウ問題、盤中詰碁などで構成され、原本では183題ともされるが、異本を含めると202題ともされる。 (Wikipedia:囲碁発陽論)

囲碁・将棋ジャーナル
囲碁・将棋ジャーナル(いご・しょうぎジャーナル)は、NHK衛星第2テレビジョンで2011年3月19日まで放送された囲碁界・将棋界の最新情報を伝えていた情報番組。前身の番組名は「囲碁・将棋ウィークリー」であり、本記事でも触れる。 2011年4月から地上波の教育テレビで放送の「囲碁・将棋フォーカス」(毎週日曜日11:45 - 12:15)に引き継がれる。 放送 JST・毎週土曜日の12:10-13:28に生放送 2010年1月16日に放送500回を数えた。 2005年度までは大相撲本場所が開催されている週は13:00までの短縮版での放送であったが、2006年度以降は通常通りの放送となっている。 『列島縦断短歌スペシャル』・『列島縦断俳句スペシャル』と放送日が重なる場合は休止となった。 2008年4月放送分よりデジタル放送では16:9のサイズで放送した(日本国内のみ)。ただし番組中のVTRは4:3の場合が多く、その場合サイドパネルが付いた。 番組内容 「今週の囲碁」「今週の将棋」 その週に行われた将棋と囲碁の棋戦の結果や動向・情報を伝えると共に、注目の一局ピックアップしてを聞き手と解説者とが盤を用いて解説した。 (Wikipedia:囲碁・将棋ジャーナル)

囲碁・将棋板
ゲームは、匿名掲示板2ちゃんねるの中において、複数の掲示板を方針や趣旨ごとにまとめたカテゴリの中の1つである。 各種ゲームに関する話題を話す板をまとめており、電源を必要とするテレビゲームやパソコンゲームだけでなく、テーブルゲームも取り扱っている。ただし、トランプ板(趣味カテゴリ)や麻雀・他板(ギャンブルカテゴリ)など、テーブルゲーム系の板の中にはゲームカテゴリに属していないものもある。 携帯型ゲーム・ネットゲームはゲームカテゴリではなく、それぞれ携帯型ゲームカテゴリ・ネットゲームカテゴリで取り扱う。 アダルトゲームに関してはPINKちゃんねるで扱うのでこのカテゴリには属さない。ただし、女向ゲーム大人板がゲームカテゴリに属するなど、例外もある。 1999年6月14日 - ゲーム板(現在はPCゲーム板)が新設される。 1999年10月24日 - 囲碁・将棋・ボードゲーム板が新設される。 2000年1月3日 - アーケード板、家庭用ゲーム板が新設され、ゲーム板はPCゲーム板に名称変更される。 (Wikipedia:囲碁・将棋板)

囲碁将棋板 (2ch)
『囲碁・将棋板』より : ゲームは、匿名掲示板2ちゃんねるの中において、複数の掲示板を方針や趣旨ごとにまとめたカテゴリの中の1つである。 各種ゲームに関する話題を話す板をまとめており、電源を必要とするテレビゲームやパソコンゲームだけでなく、テーブルゲームも取り扱っている。ただし、トランプ板(趣味カテゴリ)や麻雀・他板(ギャンブルカテゴリ)など、テーブルゲーム系の板の中にはゲームカテゴリに属していないものもある。 携帯型ゲーム・ネットゲームはゲームカテゴリではなく、それぞれ携帯型ゲームカテゴリ・ネットゲームカテゴリで取り扱う。 アダルトゲームに関してはPINKちゃんねるで扱うのでこのカテゴリには属さない。ただし、女向ゲーム大人板がゲームカテゴリに属するなど、例外もある。 1999年6月14日 - ゲーム板(現在はPCゲーム板)が新設される。 1999年10月24日 - 囲碁・将棋・ボードゲーム板が新設される。 2000年1月3日 - アーケード板、家庭用ゲーム板が新設され、ゲーム板はPCゲーム板に名称変更される。 (Wikipedia:囲碁将棋板 (2ch))

囲碁・将棋板 (2ch)
『囲碁・将棋板』より : ゲームは、匿名掲示板2ちゃんねるの中において、複数の掲示板を方針や趣旨ごとにまとめたカテゴリの中の1つである。 各種ゲームに関する話題を話す板をまとめており、電源を必要とするテレビゲームやパソコンゲームだけでなく、テーブルゲームも取り扱っている。ただし、トランプ板(趣味カテゴリ)や麻雀・他板(ギャンブルカテゴリ)など、テーブルゲーム系の板の中にはゲームカテゴリに属していないものもある。 携帯型ゲーム・ネットゲームはゲームカテゴリではなく、それぞれ携帯型ゲームカテゴリ・ネットゲームカテゴリで取り扱う。 アダルトゲームに関してはPINKちゃんねるで扱うのでこのカテゴリには属さない。ただし、女向ゲーム大人板がゲームカテゴリに属するなど、例外もある。 1999年6月14日 - ゲーム板(現在はPCゲーム板)が新設される。 1999年10月24日 - 囲碁・将棋・ボードゲーム板が新設される。 2000年1月3日 - アーケード板、家庭用ゲーム板が新設され、ゲーム板はPCゲーム板に名称変更される。 (Wikipedia:囲碁・将棋板 (2ch))

囲碁殿堂
囲碁殿堂(いごでんどう)は、囲碁の普及と発展に貢献した人物を顕彰するために設立された殿堂。 日本棋院が2004年、創立80周年記念事業の一環として、野球殿堂を参考に設立した。 有識者や棋士らで構成する囲碁殿堂表彰委員会によって選考され、2004年5月の第1回では対象が江戸時代の人物に限定された。 殿堂入りした人物は、2004年11月15日に日本棋院内に開館する囲碁殿堂資料館(資料館内の研究室は「大阪商業大学アミューズメント産業研究所東京分室」となっている)に胸像と功績を掲げて顕彰される。 殿堂入り 第1回(2004年5月28日) - 徳川家康、一世本因坊算砂、四世本因坊道策、本因坊秀策 第2回(2005年9月28日) - 十二世本因坊丈和 第3回(2006年7月28日) - 大倉喜七郎、十四世本因坊秀和 第4回(2007年8月1日) - 十八世本因坊秀甫 第5回(2008年8月5日) - 十七世・十九世本因坊秀栄、二十一世本因坊秀哉 第6回(2009年8月28日) - 瀬越憲作 第7回(2010年7月23日) - 木谷実 第8回(2011年7月13日) - 岩本薫 第9回(2012年6月22日) - 安井算哲、陳毅 第10回(2013年7月16日) - 喜多文子 第11回(2014年7月18日) - 橋本宇太郎 第12回(2015年7月21日) - 呉清源 辞退 呉清源は明治以降の人物を選考の対象とした最初の回に打診されるも「未だ修業中の身であるため」と辞退している。 (Wikipedia:囲碁殿堂)


囲碁 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

囲碁 - アマゾン検索


「囲碁」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す