[PR]

日別キーワード

第99位  横山典弘 - 2018年11月05日


関連するイメージは見つかりませんでした



横山典弘
横山 典弘(よこやま のりひろ、1968年2月23日 - )は日本中央競馬会 (JRA) の騎手である。美浦トレーニングセンター所属で現在はフリー。 父は元JRA騎手の横山富雄、兄も元JRA騎手の横山賀一(ただしJRAの騎手免許は典弘のほうが先に取得している)。さらに叔父に元JRA調教師の奥平真治がおり、身内に競馬関係者が多数存在するなかで育つ。そのほか、義弟(妹の夫)に元JRA騎手・JRA調教師の菊沢隆徳が、長男にJRA騎手の横山和生がいる。 なお、競馬新聞ではデビュー当時は横山雄一と、現在は横山義行および息子の和生と区別するため、横山典と表記されている。 1986年3月1日、中山競馬第2競走でデビュー(リキアイシンプウに騎乗し12頭立ての3着)。初勝利は同年4月29日の東京競馬第12競走のキオイゴッド。デビュー年は8勝と奮わなかったが、翌年は31勝(障害競走1勝も含む)を挙げる。3年目の1988年にはウインターステークスでソダカザンに騎乗し重賞初制覇。 1990年にはキョウエイタップでエリザベス女王杯を制し初めてのGIタイトルを獲得。 (Wikipedia:横山典弘)


横山典弘 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

横山典弘 - アマゾン検索


「横山典弘」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す