[PR]

日別キーワード

第100位  丸谷才一 - 2018年11月05日


関連するイメージは見つかりませんでした



丸谷才一
丸谷 才一(まるや さいいち、1925年(大正14年)8月27日 - 2012年(平成24年)10月13日)は、日本の小説家、文芸評論家、翻訳家、随筆家。 主な作品に『笹まくら』『年の残り』『たつた一人の反乱』『裏声で歌へ君が代』『女ざかり』など。文字遣いは、1966年から74年までをのぞいて、歴史的仮名遣いを使用。日本文学の暗い私小説的な風土を批判し、軽妙で知的な作品を書くことを目指した。小説の傍ら『忠臣蔵とは何か』『後鳥羽院』『文章読本』などの評論・随筆も多数発表しており、また英文学者としてジョイスの『ユリシーズ』の翻訳などにも携わった。座談や講演も多く、「文壇三大音声」(〜おんじょう)の一人と自負していた。 1925年、山形県鶴岡市馬場町乙三番地にて、開業医・丸谷熊次郎(1956年死去、74歳)とその妻・千(せん。1978年死去、85歳)との間に次男として誕生。1932年、鶴岡市立朝暘第一尋常小学校に入学、1938年、同小学校を卒業、旧制鶴岡中学校(現・山形県立鶴岡南高等学校)に入学、1943年、同中学校を卒業。 (Wikipedia:丸谷才一)


丸谷才一 - 関連ブログ

タイポグラフィの領域:補遺 / 河野 三男 | ÉKRITS / エクリ

はじめに 本稿は、拙著『タイポグラフィの領域※1』(以下、『領域』)について、その結論部を補足する試みである。 『領域』を執筆した動機は、タイポグラフィという言葉の定義化の必要を痛感したからである。まずこの国では、本来の意味と齟齬をきたす使われ方がなされていると見えたからであり、次に本質的な概念の抽...

「山崎正和オーラルヒストリー」書評(週刊朝日) - jun-jun1965の日記

七十歳を過ぎたような学者の知り合いには、私はことあるごとに、自 伝を書いてくださいと言うことにしている。学者の自伝は最近好きでだ いぶ読んだが、何といっても学問的にも、時代の雰囲気を知る史料とし ても面白い。とはいえ、自伝であれ伝記であれ、「まんじゅう本」はど うもかたわら痛い。つまりキレイゴトに満...

山崎正和さん死去 86歳 劇作家、文化勲章受章 「柔らかい個人主義の誕生」 - 毎日新聞

劇作家で、幅広いジャンルでの評論活動でも知られる文化勲章受章者で大阪大名誉教授の山崎正和(やまざき・まさかず)さんが19日、悪性中皮腫のため亡くなった。86歳だった。葬儀は近親者のみで営んだ。 1934年生まれ。演劇学を専門とし、京都大大学院博士課程修了。関西大教授、米国・コロンビア大客員教授、大阪大教授...

『食は広州に在り』と『吉本隆明「食」を語る』;芋づる読書・その2. - クルルのおじさん 料理を楽しむ

新型コロナ感染者が再度、急増しています。30日の朝刊では「全国で29日に確認された新規感染者は1237人、一日あたりの過去最多を更新した」。東京だけでなく首都圏外でも感染が急増。愛知県も例外でなく、同29日には過去最多の167人。大阪、福岡などでも過去最多を更新、今まで感染者がゼロであった岩手県でも2人の感染...

丸谷才一さんは「言いはぐらかしの多い人で、そうしているうちに話が別のことに移る。これは言質を取られまいとする慎重さよりも、言うべきことが乏しいせいではないか」と書いた。後に多くの人が気づく「首… https://t.co/EQiYerU0bA"" target="view">冨永 格(たぬちん) on Twitter: "〈安倍氏が最初に首相に就いた14年前、丸谷才一さんは「言いはぐらかしの多い人で、そうしているうちに話が別のことに移る。これは言質を取られまいとする慎重さよりも、言うべきことが乏しいせいではないか」と書いた。後に多くの人が気づく「首… https://t.co/EQiYerU0bA"

〈安倍氏が最初に首相に就いた14年前、丸谷才一さんは「言いはぐらかしの多い人で、そうしているうちに話が別のことに移る。これは言質を取られまいとする慎重さよりも、言うべきことが乏しいせいではないか」と書いた。後に多くの人が気づく「首… https://t.co/EQiYerU0bA

松本人志が見捨てた「銀座の女」に不幸の影(プレジデントオンライン) - Yahoo!ニュース

銀座の歓楽街では、新型コロナウイルスのクラスターが発生。さらに、都の休業要請により多くのクラブが営業を自粛している。週末の夜でさえも人影は見当たらず、「夜の社交場」はその機能を失ってしまった。このままでは歴史ある文壇バーも閉店を余儀なくされる――。しかし、どうしても閉められない理由がそれぞれのママ...

さすがの読み応え『輝く日の宮』丸谷才一著 - あとは野となれ山となれ

久しぶりの本のご紹介。なかなか進まなかったコロナ禍中の読書で、やっと4月の3冊目に滑り込んだ『輝く日の宮』。 丸谷才一さんが好きで(と言っても評論や随筆が中心で、小説はそれ程読んでいないのだけれど)、この作品が出版された時、新聞の広告を見てすぐ購入したものだ。装画装丁はいつもの和田誠さんだが、源氏...

村上春樹をめぐるメモらんだむ:「日本文学離れ」の欲求の先に… なぜ村上春樹は世界中で読まれる存在になったのか=完全版 - 毎日新聞

なぜ村上春樹という人だけが現代日本の作家で一人、こんなに世界中で読まれる特別な存在になったのか。 これは村上文学に関する大きなテーマであり、既に国内外の数多くの研究者、評論家らによって、さまざまな分析、解説が試みられてきた。むろん筆者に十分な準備や際立ったアイデアがあるわけではないが、ちょっと意外...

ベストセラー「日本文学全集」全30巻完結、編者・池澤夏樹さんインタビュー 日本文学の大きな特徴は「恋愛中心」|好書好日

構成:宮田裕介、中村真理子 「選者はぼく一人」必死で進めた こういう大きな仕事はうかつに始めてしまうもの。始めたら前に進むしかない。目の前の責務を必死でしていたら、気が付くと出口にいるんですよ。 『世界文学全集』は、河出書房新社の編集者が僕が住んでいたフランスまで来て依頼されました。もう全集の時代で...

「二つの文化」とピンカー - jun-jun1965の日記

小谷野敦 スティーブン・ピンカーの『21世紀の啓蒙』は、人類がその歴史においていかに進歩してきたか、啓蒙主義を基調として論述し、人類の未来は明るいとしたもので、地球温暖化などは取り組まなければならない危機とされている。その最後のほうでピンカーは、啓蒙主義を否定するロマン主義が戦争を賛美したことから...


丸谷才一 - アマゾン検索


「丸谷才一」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す