[PR]

日別キーワード

第45位  ステロイド - 2018年11月06日


関連するイメージは見つかりませんでした



ステロイド
ステロイド (steroid) は、天然に存在する化合物または合成アナログである。シクロペンタヒドロフェナントレンを基本骨格とし、その一部あるいはすべての炭素が水素化されている。通常はC-10とC-13にメチル基を、また多くの場合C-17にアルキル基を有する。天然のステロイドはトリテルペノイド類から生合成される。共通して、ステロイド核(シクロペンタノ-ペルヒドロフェナントレン核)と呼ばれる、3つのイス型六員環と1つの五員環がつながった構造を持っている。ステロイド骨格そのものは脂溶性で水に不溶であるが、生体物質としてのステロイドはC-3位がヒドロキシル化されあるいはカルボニル基となったステロール類であり、ステロイドホルモンをはじめ、水溶性の性質も有する。 ステロイドはステラン核と付随する官能基群により特徴付けられるテルペノイド脂質で、核部分は3つのシクロヘキサン環と1つのシクロペンタン環から成る4縮合環炭素構造である。ステロイドはこれらの炭素環に付随する官能基およびその酸化状態により異なったものとなる。 何百もの異なるステロイドが植物、動物、菌類で見つかっており、それらすべてのステロイドがそれぞれの細胞においてラノステロール(動物および菌類)またはシクロアルテノール(植物)といったステロールから生成され、これらステロール(ラノステロールとシクロアルテノール)は何れもトリテルペンの一種であるスクアレンの環状化により誘導される。 (Wikipedia:ステロイド)

ステロイド皮膚症
アトピー性皮膚炎(アトピーせいひふえん、英語: atopic dermatitis)とは、アレルギー反応と関連があるもののうち皮膚の炎症(湿疹など)を伴うもので過敏症の一種。アトピーという名前は「場所が不特定」という意味のギリシャ語「アトポス」(atopos - a=不特定、topos=場所)から由来し、1923年コカ (Arthur F. Coca) とクック (Robert A. Cooke) という学者が「遺伝的素因を持った人に現れる即時型アレルギーに基づく病気」に対して名づけた。 皮膚に関する現代病の代表格。原因は解明されておらず、かゆみを伴う湿疹が、反復的に症状として生じる。 初出 アトピー性皮膚炎という言葉が医学用語として登場するのは、1933年である。アメリカ人のザルツバーガー皮膚科医が、皮膚炎と結びつけて「アトピー性皮膚炎 (atopic dermatitis)」という病名を初めて使用した。医学用語としては気管支喘息、鼻炎などの他のアレルギー疾患にも冠されるが、日本においては慣用的に「アトピー」のみで皮膚炎のことを指すことが多い。 (Wikipedia:ステロイド皮膚症)

ステロイドホルモン
『ステロイド』より : ステロイドホルモン (steroid hormones) とは脊椎動物や節足動物などに作用するホルモンである。脊椎動物のステロイドホルモンは結合する受容体により以下のように分類することができる。 副腎皮質ホルモン アルドステロン(鉱質コルチコイド) 糖質コルチコイド アンドロゲン(男性ホルモン) 性ホルモン エストロゲン 黄体ホルモン他である。 ビタミンD誘導体はホルモン様受容体に結合するホルモン系に関係するが、化学構造的にはステロイドというよりはステロールに属する。 炎症性疾患の治療のために用いられる、いわゆる「ステロイド」は、ステロイドホルモンを配合した薬品(ステロイド剤)のことであり、多くの場合は糖質コルチコイドおよびその改変型が用いられる。また、スポーツなどでその投与がドーピング問題として取り上げられることがある「ステロイド」とは、ステロイドホルモンと同様あるいはそれより強力なホルモン作用を持つ人工的に合成されたステロイドであり、アルドステロンやアンドロゲンが用いられる。 (Wikipedia:ステロイドホルモン)

ステロイドアルカロイド
ステロイドアルカロイドは、ステロイド骨格を有するアルカロイドである。基本骨格がアミノ酸に由来する真正アルカロイドと異なり、窒素源がアンモニアに由来する。そのため偽アルカロイド(プソイド(シュード)アルカロイド、英語: pseudoalkaloid)に分類される。 じゃがいもなどの植物の芽や皮に含まれるステロイドアルカロイド配糖体ソラニンがよく知られている。また、未熟なトマトにも含まれている。 ソラニンは摂取から7-19時間後から一過性の嘔吐、下痢などがある。疲労感、傾眠から重篤になると錯乱、脳圧亢進、呼吸困難、呼吸停止、頻脈、腎不全をきたす。 代表的なステロイドアルカロイドの一覧 ナス属 (Solanum) α-ソラニン α-カコニン (チャコニン、chaconine) ソラニジン - ソラニンアグリコン ソラノカプシン (solanocapsine) トマチン (tomatine) シュロソウ属 (Veratrum) ベラルカミン (veralkamine) シクロパミン (cyclopamine) シクロポシン (cycloposine) ジェルビン (jervine) ムルダミン (muldamine) ベラトリジン (veratridine) キョウチクトウ科 コネシン (conessine) その他 サマンダリン サマンダリジン (samandaridine) バトラコトキシン 外部リンク Plants Poisonous to Livestock: STEROID ALKALOIDS - Cornell University, Department of Animal Science。 (Wikipedia:ステロイドアルカロイド)


ステロイド - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ステロイド - アマゾン検索


「ステロイド」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す