[PR]

日別キーワード

第48位  タルトタタン - 2018年11月06日


関連するイメージは見つかりませんでした



タルトタタン
タルト・タタン (仏: Tarte Tatin) とは、型の中にバターと砂糖で炒めた(キャラメリゼ)リンゴを敷きつめ、その上からタルト生地をかぶせて焼いたフランスの菓子。ひっくり返してリンゴの部分を上にして食べる。 タルト・タタンの誕生 言い伝えによると、タルト・タタンが最初に作られたのは、19世紀後半のラモット=ボーヴロン(現在のロワール=エ=シェール県にある町)にあるホテル『タタン』においてであった。ホテルを経営していたのは、ステファニーとカロリーヌのタタン姉妹であった。有力な説によると、タルト・タタンを作ったのは、調理のほとんどを担当していたステファニーで、彼女はある日余分な仕事をした。彼女は、伝統的なアップルパイを作り始めたが、リンゴをバターと砂糖で炒めていたところ、長く炒めすぎてしまった。焦げるような匂いがしてきたので、ステファニーは失敗を何とか取り返そうと、リンゴの入ったフライパンの上にタルト生地をのせ、そのままフライパンごとオーブンへ入れた。 (Wikipedia:タルトタタン)


タルトタタン - 関連ブログ

データが取得できませんでした

タルトタタン - アマゾン検索


「タルトタタン」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す