[PR]

日別キーワード

第50位  ドワーフ - 2018年11月06日


関連するイメージは見つかりませんでした



ドワーフ
ドワーフ(dwarf、英語の発音はドゥウォーフに近い)は、人間よりも少し背丈の小さい伝説上の種族。民話、神話、童話、ファンタジー作品などに登場することが多い。高度な鍛冶や工芸技能をもつとされており、外観は男女共に背丈が低いものの力強く屈強で、特に男性はその多くで長い髭をたくわえているとされる。 ドワーフ小人、矮人、侏儒、あるいは単に小人と訳されることもある。 北欧神話のドワーフ 北欧神話には闇の妖精ドヴェルグ(Dvergr)がいる。太古の巨人ユミル(Ymir)の死体(=大地)から生じた。生まれた当時はうじ虫だったが、神々の決定により人に似た姿と知性を与えられる。その後も地中を好み、岩穴で暮らす。彼らは信仰の対象ではなく、しばしば神々と対立する立場で登場するが、対価に応じて神々の象徴となる魔力のある武器や宝の制作をする優れた匠としても描かれる。ドヴェルグは太陽の光を浴びると石になる、もしくは体が弾け飛んで死ぬといわれる。 現在残されている資料では地に住まう闇のエルフ、デックアールヴ(døkkálfar)と共通する部分も見られ、古エッダの「巫女の予言(Völuspá)」には名前の接尾に"-álfar"をもつドヴェルグも登場する。 (Wikipedia:ドワーフ)

ドワーフ (トールキン)
J・R・R・トールキンの架空世界である中つ国においてドワーフ(英語: Dwarf、複数形: Dwarves)は背の低い頑健な種族であり、女性も含め全員がひげを生やしている事が特徴である。他種族に対して植物や動物を含めてあまり親密とは言えず、ホビットに対してはまだ友好的な場合が多いが、エルフに対しては昔から不信感を抱いていることが見られる(一部除く)。典型的なドワーフは鍛冶や石工を職業としており、かれらが作り出す作品の中にはエルフの作品よりも優れたものもある。また礼儀も有り誠実ではあるが、多種族とは不和になることさえある。 エルフや人間と異なり、ドワーフはイルーヴァタールの子らには数えられない。ドワーフは鍛冶を司さどるアウレによって作られた。しかしアウレには自らの作品に独立した生命を与える力がなかった。その力はイルーヴァタールのみが持つ力であったためである。アウレはこれを残念に思い、イルーヴァタールにドワーフを作り出したことを告白した。イルーヴァタールはアルダの創造の計画にドワーフを加えることを約束し、ドワーフに生命を与えた。 (Wikipedia:ドワーフ (トールキン))

ドワーフスネークヘッド
名称 ドワーフスネークヘッド
色 pink
界 動物 動物界 w:Animalia Animalia
門 脊索動物 脊索動物門 w:Chordata Chordata
亜門 脊椎動物 脊椎動物亜門 w:Vertebrata Vertebrata
綱 条鰭綱 w:Actinopterygii Actinopterygii
上目 棘鰭上目 w:Acanthopterygii Actihopterygii
目 スズキ目 w:Perciformes Perciformes
亜目 タイワンドジョウ亜目 Channoidei
科 タイワンドジョウ科 w:Channidae Channidae
属 w:Channa ”Channa”
種 ドワーフスネークヘッド ”C. gachua”
学名 ”Channa gachua”(w:Francis_Buchanan-Hamilton Hamilton, 1822年 1822)
英名 w:Channa_gachua Dwarf snakehead
ドワーフスネークヘッド(”Channa gachua”)は、動物 動物界脊索動物 脊索動物門条鰭綱スズキ目タイワンドジョウ科に分類される魚。
インド、インドネシア(ジャワ島、ボルネオ島)、カンボジア、スリランカ、タイ王国 タイ、中華人民共和国南部、ネパール、パキスタン、バングラデシュ、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、ラオス
(Wikipedia:ドワーフスネークヘッド)

ドワーフ (曖昧さ回避)
ドワーフ (dwarf) 主に神話伝説・ファンタジーなどに登場する妖精・矮人種族のことを指す。ドワーフを参照。 J・R・R・トールキン作品に登場する上記種族については、ドワーフ (トールキン)を参照。  天文学においては、ドワーフ(またはドワーフ・スター dwarf star)は矮星のこと。白色矮星はwhite dwarf。また反対語のジャイアント(巨人、giant)は巨星を意味する。 ドワーフ・プラネット(dwarf planet)は準惑星のこと。 生物学におけるドワーフとは矮化したもの(個体・品種・種)を指す。矮性品種・矮性種の中には、「ドワーフ」を名前の一部に含むものがある。 (Wikipedia:ドワーフ (曖昧さ回避))


ドワーフ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ドワーフ - アマゾン検索


「ドワーフ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す