[PR]

日別キーワード

第51位  ニクソン - 2018年11月06日


関連するイメージは見つかりませんでした



ニクソン
ニクソン(Nixon)は、英語圏の姓。 リチャード・ニクソン - 第37代アメリカ合衆国大統領 グレッグ・ニクソン - アメリカ合衆国の陸上競技選手 シンシア・ニクソン - アメリカ合衆国の女優 トロット・ニクソン - アメリカ合衆国の野球選手 パット・ニクソン - ニクソン大統領の夫人 マーニ・ニクソン - アメリカ合衆国のオペラ歌手 ニクソン・ペレア・モスケラ - コロンビア出身のサッカー選手。元ベガルタ仙台 ニクソン (映画) - リチャード・ニクソンを主人公にした、オリバー・ストーン監督による映画 ニクソン (時計メーカー) - カリフォルニア州にある腕時計会社pt:Nixon。 (Wikipedia:ニクソン)

ニクソンショック
『ニクソン・ショック』より : ニクソン・ショック(英: Nixon Shock)とは、1971年にアメリカ合衆国のリチャード・ニクソン大統領が電撃的に発表した、既存の世界秩序を変革する2つの大きな方針転換を言う。当初は前者(7月15日のショック)を指し、後者は「ドル・ショック」と言わていたが、その後後者もニクソン・ショックと呼ばれることが多く、両者を併せて「2つのニクソン・ショック」と呼ばれることもある。 第1次ニクソン・ショック(ニクソン訪中宣言)は、1971年7月15日に発表された、ニクソン大統領の中華人民共和国への訪問を予告する宣言から、翌1972年2月の実際の北京訪問にいたる新しい外交政策をいう。→ニクソン大統領の中国訪問 第2次ニクソン・ショック(ドル・ショック)は、1971年8月15日に発表された、ドル紙幣と金との兌換一時停止を宣言し、ブレトン・ウッズ体制の終結を告げた新しい経済政策をいう。→この頁で説明。ニクソン・ショック(ドル・ショック)とは、1971年8月15日(日本時間1971年(昭和46年)8月16日)にアメリカ合衆国政府が、それまでの固定比率(1オンス=35ドル)によるドル紙幣と金の兌換を一時停止したことによる、世界経済の枠組みの大幅な変化を指す。 (Wikipedia:ニクソンショック)

ニクソン・ショック
ニクソン・ショック(英: Nixon Shock)とは、1971年にアメリカ合衆国のリチャード・ニクソン大統領が電撃的に発表した、既存の世界秩序を変革する2つの大きな方針転換を言う。当初は前者(7月15日のショック)を指し、後者は「ドル・ショック」と言わていたが、その後後者もニクソン・ショックと呼ばれることが多く、両者を併せて「2つのニクソン・ショック」と呼ばれることもある。 第1次ニクソン・ショック(ニクソン訪中宣言)は、1971年7月15日に発表された、ニクソン大統領の中華人民共和国への訪問を予告する宣言から、翌1972年2月の実際の北京訪問にいたる新しい外交政策をいう。→ニクソン大統領の中国訪問 第2次ニクソン・ショック(ドル・ショック)は、1971年8月15日に発表された、ドル紙幣と金との兌換一時停止を宣言し、ブレトン・ウッズ体制の終結を告げた新しい経済政策をいう。→この頁で説明。ニクソン・ショック(ドル・ショック)とは、1971年8月15日(日本時間1971年(昭和46年)8月16日)にアメリカ合衆国政府が、それまでの固定比率(1オンス=35ドル)によるドル紙幣と金の兌換を一時停止したことによる、世界経済の枠組みの大幅な変化を指す。 (Wikipedia:ニクソン・ショック)

ニクソン (映画)
作品名 ニクソンNixon
監督 オリヴァー・ストーン
製作総指揮
製作 オリヴァー・ストーンクレイトン・タウンゼントアンドリュー・G・ヴァイナ
脚本 オリヴァー・ストーンスティーヴン・J・リヴェルクリストファー・ウィルキンソン
出演者 アンソニー・ホプキンス
音楽 ジョン・ウィリアムズ (作曲家) ジョン・ウィリアムズ
撮影 ロバート・リチャードソン
編集 ハンク・コーウィンブライアン・バーダン
配給 ブエナビスタ
上映時間 195分
製作国 アメリカ
言語 英語
制作費 $50,000,000
前作
次作
allcinema_id 28624
kinejun_id 10511
(Wikipedia:ニクソン (映画))

ニクソン大統領の中国訪問
ニクソン大統領の中国訪問(ニクソンだいとうりょうのちゅうごくほうもん)は、1972年2月21日にアメリカ合衆国大統領リチャード・ニクソンが中華人民共和国を初めて訪問し、毛沢東共産党主席や周恩来総理と会談して、米中関係をそれまでの対立から和解へと転換して第二次世界大戦後の冷戦時代の転機となった訪問である。また、前年の1971年7月15日に、それまで極秘で進めてきた米中交渉を明らかにして、自身が中華人民共和国を訪問することを突然発表して世界を驚かせたことで、「ニクソンショック」と呼ばれている。 戦後の東西対立 第二次世界大戦後、ヨーロッパは東西対立で冷戦を迎えていた。一方アジアでも、中国大陸、朝鮮半島、ベトナムで対立した結果それぞれで分断国家が誕生した。中国大陸では日中戦争の時期に中国国民党と中国共産党とが共同戦線を張ったが、日本の敗戦で日本軍が去った後に国共内戦が始まり、やがて共産党が勝利して1949年10月1日に成立した中華人民共和国と、台湾に逃れた中華民国の2つの国が存在した。 (Wikipedia:ニクソン大統領の中国訪問)

ニクソン・ドクトリン
ニクソン・ドクトリンは、1969年7月25日にリチャード・ニクソン米国大統領がその原型をグアム島での記者会見で表明した。彼は、アメリカ合衆国が今後南ベトナム自身による自国の軍事防衛を期待すると述べた。これはベトナム戦争の「ベトナム化」の始まりだった。そのドクトリンは同盟国との間で平和の追求のために議論された(但し、内容的には歴代の大統領が言ってきた「彼ら(ベトナム)自身の戦争だ」と大して違いはない)。 ニクソンの言葉(ベトナム戦争中、1969年11月3日の一般教書演説) 最初に、アメリカ合衆国はそのコミットメントをすべて維持する。 次に、核保有国が我々との同盟国の自由、あるいは我々の安全保障に不可欠であるその同盟国の存続を脅かす場合、我々は防衛力を行使する。 第3に、他のタイプの攻撃を含む場合、条約に従って軍事力と経済援助を要求された時、我々はそれを供給する。しかし、国家の防衛は当事国が第一義的責任を負うべきである。First, the United States will keep all of its treaty commitments. Second, we shall provide a shield if a nuclear power threatens the freedom of a nation allied with us or of a nation whose survival we consider vital to our security. Third, in cases involving other types of aggression, we shall furnish military and economic assistance when requested in accordance with our treaty commitments. But we shall look to the nation directly threatened to assume the primary responsibility of providing the manpower for its defense.。 (Wikipedia:ニクソン・ドクトリン)

ニクソン・ペレア
ニクソン・ペレア(Nixon Perea Mosquera、1973年8月15日-)は、コロンビア出身のプロサッカー選手。ポジションはミッドフィルダー。 ベガルタ仙台時代の登録名は「ニクソン」。 所属クラブ 1993年 コロンビアの旗 ユニオン・マグダレナ 1994年-1996年 コロンビアの旗 アトレチコ・ナシオナル 1997年 コロンビアの旗 デポルティボ・ペレイラ 1998年 コロンビアの旗 インデペンディエンテ・サンタ・フェ 1999年 日本の旗 ベガルタ仙台 個人成績 代表歴 コロンビアU-20代表 - 1992年、1993年 1993年FIFAワールドユースコロンビア代表 関連項目 Jリーグの外国籍選手一覧 ベガルタ仙台の選手一覧。 (Wikipedia:ニクソン・ペレア)


ニクソン - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ニクソン - アマゾン検索


「ニクソン」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す