[PR]

日別キーワード

第59位  ルイボスティー - 2018年11月06日


関連するイメージは見つかりませんでした



ルイボスティー
ルイボス((Aspalathus linearis、アフリカーンス語:rooibos)はマメ亜科のアスパラトゥス属の一種(1種)。 針葉樹様の葉を持ち、落葉するときに葉は赤褐色になる。南アフリカ共和国は西ケープ州ケープタウンの北に広がるセダルバーグ山脈一帯にのみ自生する。乾燥した30度以上の温度差の高い場所を好むため、セダルバーグ山脈以外での栽培は失敗に終わっている。 呼称 属名 Aspalathus はヒトツバエニシダ類などいくつかのマメ科植物を指して用いられていた古代ギリシア語: ασπαλαθος (aspalathos) を転用したもの。 種小名 linearis はラテン語で「線でできた、線形の」の意。 通用名ルイボス(rooibos)はアフリカーンス語で「赤い潅木」の意。ただし、アフリカーンス語では「ローイボス」[ˈrɔːibɔs]、英語でも「ロイボス」[ˈrɔɪbɒs] のように発音する。 利用 乾燥させた葉は、茶(ルイボス茶)として利用されるほか、リキュール(ルイボスリキュール)としても楽しまれている。 (Wikipedia:ルイボスティー)


ルイボスティー - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ルイボスティー - アマゾン検索


「ルイボスティー」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す