[PR]

日別キーワード

第60位  レバレッジ - 2018年11月06日


関連するイメージは見つかりませんでした



レバレッジ
レバレッジ(英語: leverage)とは、経済活動において、他人資本を使うことで自己資本に対する利益率を高めること、または、その高まる倍率。 原義は「てこ(レバー、lever)の作用」。レヴァレッジ、リバレッジなどカナ表記はいくつかある。レバレッジ効果、レバレッジ率などとも。ギアリング(gearing)と呼ぶこともあるが趣旨は同じである。 レバレッジ効果 自己資本をもって経済活動をする際に利益率を高めたい(正確には変動性:ボラティリティを高めたい)場合、他人資本を用いることで可能となる。 総資産 = 自己資本 + 他人資本 例1)事業会社が100円の自己資本を持っている場合、総資産は100円である。総資産100円から100円の売り上げと10円の利益がもたらされることが期待できる場合、100円の自己資本に対して利益率は10%となる。ここで市場が非常に有望(拡張性がある)と想定した場合、400円の他人資本(借り入れ)を導入し、総資産を500円にしたとする。 (Wikipedia:レバレッジ)

レバレッジド・バイアウト
レバレッジド・バイアウト(Leveraged Buyout)とは、企業買収の手法の一種。LBOとも略される。
LBOとは、買収先の資産及びキャッシュフローを担保に負債を調達し、買収後に買収した企業の資産、キャッシュフロー等で返済をしていくM&A手法である。少ない資本資金で、大きな資本の企業を買収できる。
1962年に、米国バージニア州リッチモンドのアルベマール コーポレーション アルベマール ペーパー マニュファクチャリング カンパニーが2億米ドルを調達しエチル コーポレーションを買収した。エチル コーポレーションはアルベマールの13倍の規模だった。1962年のこの取引は当時では過去最大のLBOだったhttp://www.newmarket.com/About+NewMarket/Our+History.htm。
主なLBOでは、米国のバイアウト・ファンド ファンドであるKKR (Kohlberg Kravis Roberts & Co.)による、1988年のRJRナビスコの買収が世界最大といわれている。(総額300億ドル超、負債の調達比率8割)
(Wikipedia:レバレッジド・バイアウト)


レバレッジ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

レバレッジ - アマゾン検索


「レバレッジ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す