[PR]

日別キーワード

第75位  行幸 - 2018年11月06日


関連するイメージは見つかりませんでした



行幸
行幸(ぎょうこう、みゆき)とは、天皇が外出することである。目的地が複数ある場合は特に巡幸(じゅんこう)と言う。 また、御幸(ごこう、ぎょこう、みゆき)と言う場合もあるが、これは上皇・法皇・女院に対しても使う。 語法 皇后・皇太后・皇太子・皇太子妃の外出を行啓(ぎょうけい)/巡啓(じゅんけい)と言い、行幸と併せて行幸啓(ぎょうこうけい)/巡幸啓(じゅんこうけい)と言う。単に「行幸啓」といった場合は、天皇と皇后が一緒に外出することを指す場合が多い。 行幸啓した皇族が外出先から帰ることを還幸(かんこう)、還啓(かんけい)、還幸啓(かんこうけい)という。 これら以外の皇族の外出は御成り・お成り(おなり)、お成りをした皇族が外出先から帰ることをご帰還(ごきかん)と言う。 ただし、奈良時代などには、神功皇后の伊勢行幸の様に行啓を行幸と言う場合もあった。また、奈良時代などには、行幸の際に宿泊するところを行宮(かりみや)と言う。 行幸に際し、地名や社名が付く場合がある。特に、目的地を持った行幸には地名が付くことがある。例えば、住吉大社に行幸する場合は「住吉行幸」などと呼ばれる。 (Wikipedia:行幸)

行幸啓
『行幸』より : 行幸(ぎょうこう、みゆき)とは、天皇が外出することである。目的地が複数ある場合は特に巡幸(じゅんこう)と言う。 また、御幸(ごこう、ぎょこう、みゆき)と言う場合もあるが、これは上皇・法皇・女院に対しても使う。 語法 皇后・皇太后・皇太子・皇太子妃の外出を行啓(ぎょうけい)/巡啓(じゅんけい)と言い、行幸と併せて行幸啓(ぎょうこうけい)/巡幸啓(じゅんこうけい)と言う。単に「行幸啓」といった場合は、天皇と皇后が一緒に外出することを指す場合が多い。 行幸啓した皇族が外出先から帰ることを還幸(かんこう)、還啓(かんけい)、還幸啓(かんこうけい)という。 これら以外の皇族の外出は御成り・お成り(おなり)、お成りをした皇族が外出先から帰ることをご帰還(ごきかん)と言う。 ただし、奈良時代などには、神功皇后の伊勢行幸の様に行啓を行幸と言う場合もあった。また、奈良時代などには、行幸の際に宿泊するところを行宮(かりみや)と言う。 行幸に際し、地名や社名が付く場合がある。特に、目的地を持った行幸には地名が付くことがある。例えば、住吉大社に行幸する場合は「住吉行幸」などと呼ばれる。 (Wikipedia:行幸啓)

行幸湖
行幸湖(みゆきこ)は、埼玉県幸手市と茨城県猿島郡五霞町の境界にある調整池である。
正式名称は権現堂調整池。調整池であると同時に、利根川水系一級河川権現堂川でもある。
延長5.18km、面積0.57km2、有効貯水量は370万m3。利根川と接続する北端には川妻給排水機場が、中川と接続する南端には行幸給排水機場(みゆき水門)がある。
埼玉県が管理する多目的調整池で、中川の洪水抑制と工業用および水道水の取水に利用されている。
1928年(昭和3年) 旧権現堂川が廃川となる。
1971年(昭和46年) 権現堂川が一級河川に指定され、埼玉県が管理することが決まる。
1972年(昭和47年) 中川総合開発事業として実施計画調査を開始。再整備が始まる。
1977年(昭和52年) 建設事業が始まる。
(Wikipedia:行幸湖)

行幸通り
『東京都道404号皇居前東京停車場線』より : 東京都道404号皇居前東京停車場線(とうきょうとどう404ごう こうきょまえとうきょうていしゃじょうせん)とは、皇居前の和田倉門交差点から東京駅前の東京駅中央口交差点までを結ぶ特例都道である。また、天皇が行幸するために利用する道路として、行幸通りとも呼ばれている。 帝都復興院の関東大震災後の震災復興再開発事業の一環として、皇居の和田倉門から東京駅に通じる幅員73 mの東京市を代表する広規格道路道路として建設された。当初は道路中央から高速車線、イチョウ並木、緩速車線、歩道の配置だったが、その後、中央車線は天皇の行幸と信任状捧呈式に向かう外国大使の送迎の車馬が通行する時にのみ使用される専用道となり一般車の通行は禁止された。その後、中央車線は再整備され、 2010年(平成22年)4月12日に歩道兼馬車道として交通開放された。ただし、行幸や信任状捧呈の車馬が通行する時のみは専用道として一般歩行者の通行が制限される。 1923年(大正12年)9月27日 : 帝都復興院が設立され、関東大震災後の震災復興再開発事業による再整備が始まる。 (Wikipedia:行幸通り)

行幸村 (埼玉県)
行幸村(みゆきむら)は、かつて埼玉県北葛飾郡にあった村。現在の埼玉県幸手市北部に所在。
河川;中川、行幸湖(御現堂川)
旧行幸村の行政地域は2007年現在、幸手市千塚、高須賀、松石、円藤内、外国府間の地域。
1889年4月1日 - 町村制施行に伴い、行幸村が置かれる。
1954年11月3日 - 旧幸手町、上高野村、吉田村 (埼玉県) 吉田村、権現堂川村と市町村合併 合併。幸手町となる。(昭和の大合併)
埼玉県の廃止市町村一覧
埼玉県の市町村 (廃止) みゆきむら
幸手市 旧みゆきむら
(Wikipedia:行幸村 (埼玉県))

行幸村
行幸村(みゆきむら) 行幸村 (埼玉県) - かつて埼玉県北葛飾郡に存在した村。現在の幸手市の一部。 行幸村 (岡山県) - かつて岡山県邑久郡に存在した村。現在の瀬戸内市の一部。 関連項目 御幸村 行幸 みゆき。 (Wikipedia:行幸村)


行幸 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

行幸 - アマゾン検索


「行幸」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す