[PR]

日別キーワード

第77位  合気道 - 2018年11月06日


関連するイメージは見つかりませんでした



合気道
合気道(あいきどう・合氣道)は、武道家・植芝盛平が大正末期から昭和前期にかけて創始した武道。植芝盛平が日本古来の柔術・剣術など諸武術を研究し、独自の精神哲学でまとめ直した、体術を主とする総合武道である。 (植芝盛平が創始したもの以外の「合気道」は→“「合気道」の名称について” にて詳述。) 「合気道」とは「天地の“気”に合する道」の意。 柔道・剣道・空手道等と並ぶ、21世紀初頭の日本において代表的な武道の一つである。大東亜戦争(太平洋戦争)終了後、一般社会への普及が始まり、日本のみならず世界で大きく広まった。 合理的な体の運用により体格体力によらず相手を制することが可能であるとしている点が特徴。 技の稽古を通して心身を練成し、自然との調和、世界平和への貢献を行う等を主な理念とする。 歴史:成立から展開 合気道の創始者・植芝盛平は1883年(明治16年)和歌山県西牟婁郡西ノ谷村(後の田辺市)の富裕な農家に生まれた。 (Wikipedia:合気道)

合気道養神会
『養神館合気道』より : 養神館合気道(ようしんかんあいきどう)は、合気道開祖・植芝盛平の高弟であった塩田剛三が、1956年(昭和31年)に創始した合気道の会派。公益財団法人合気道養神会が主宰。 創始者の塩田剛三は幼少の頃より、剣道・柔道を習い、旧制中学校5年の時には、柔道三段の腕前だった。1932年(昭和7年)18歳の時、植芝道場を見学した際、植芝に勝負を挑み完敗し、合気道の素晴らしさに惹かれ即日入門する。これ以後、約8年間(内弟子時代も含む)、植芝盛平のもとで修行に励む。1941年(昭和16年)大学卒業後、軍属として海外各地に派遣され、それぞれの地で合気道の普及に努める。終戦後、1946年(昭和21年)に帰国。茨城県岩間に居を構えていた植芝盛平の下で、再び修行に励む。 1955年(昭和30年)7月、ライフ・エクステンション(長寿会)主催の「日本総合古武道大会」において、最優秀賞を受賞する。これ以降、社会の合気道への関心が高まり、政財界の後押しもあり、翌1956年(昭和31年)、道場・養神館と合気道養神会を創設した。 (Wikipedia:合気道養神会)

合気道武産会
合気道武産会(あいきどうたけむすかい)は、京都を基点とする特定の会派に所属しない合気道団体である。田中万川・斉藤守弘の教えに依拠する。
道場主・師範は樋口隆成。
1973年(昭和48年):合気道武産会を結成
2000年(平成12年):特定非営利活動法人合気道武産会となる
合気道団体
日本の特定非営利活動法人
(Wikipedia:合気道武産会)

合気道S.A.
合気道S.A.(シュート・アイキドウ)は、養神館合気道創始者である塩田剛三の内弟子として20年の間修行をし、養神館合気道本部師範六段位に列せられた櫻井文夫(現・合気道S.A.代表師範)が、合気道の武術的深化・実践を目指し独立して創始した合気道およびその団体である。 合気道S.A.の特徴 養神館合気道を母体とし、打撃技と組手・試合形式が加えられている。試合形式には、1)実戦・リアル合気道ルール トーナメント、2)伝統合気道ルール トーナメント、3)新人戦トーナメントがあり、1)2)に関しては、他流派の選手もエントリーできる等、自流派だけで完結するのではなく、広く競技者を受け入れているのが特徴である。 正式名称は国際実践合気道連盟 合気道S.A.。代表的な選手にリングス実験リーグ、初期シューティング、トーナメントオブJ等に出場した奥田康則選手がいる。 体術の稽古内容は、基本動作・型稽古・打撃稽古・手首相撲(合気道技限定組手)・合気組手(合気道技+打撃)・試合と段階的に練習を行っている。 (Wikipedia:合気道S.A.)

合気道SA
『合気道S.A.』より : 合気道S.A.(シュート・アイキドウ)は、養神館合気道創始者である塩田剛三の内弟子として20年の間修行をし、養神館合気道本部師範六段位に列せられた櫻井文夫(現・合気道S.A.代表師範)が、合気道の武術的深化・実践を目指し独立して創始した合気道およびその団体である。 合気道S.A.の特徴 養神館合気道を母体とし、打撃技と組手・試合形式が加えられている。試合形式には、1)実戦・リアル合気道ルール トーナメント、2)伝統合気道ルール トーナメント、3)新人戦トーナメントがあり、1)2)に関しては、他流派の選手もエントリーできる等、自流派だけで完結するのではなく、広く競技者を受け入れているのが特徴である。 正式名称は国際実践合気道連盟 合気道S.A.。代表的な選手にリングス実験リーグ、初期シューティング、トーナメントオブJ等に出場した奥田康則選手がいる。 体術の稽古内容は、基本動作・型稽古・打撃稽古・手首相撲(合気道技限定組手)・合気組手(合気道技+打撃)・試合と段階的に練習を行っている。 (Wikipedia:合気道SA)

合気道団体
合気道団体(あいきどうだんたい)は、合気道の普及に努めている団体全般。開祖植芝盛平の開いた合気道団体は合気会。また植芝盛平の弟子が、その教えに独自の創意工夫を加え分派創設した団体も多く、それらの団体の中には、もともと試合のない合気道に、組み手や試合を取り入れている団体もある。 主な合気道団体(括弧内は創設者) 財団法人 合気会(植芝盛平) 合気道養神会(養神館合気道)(塩田剛三) 合気道錬身会(千田務) 合気道親和館(井上強一) 合気道S.A.(櫻井文夫) 覇天会(藤嵜敬太) 万生館合気道(砂泊諴秀) 心身統一合氣道会(藤平光一) 正氣会合気道(栗田稔) 真武道会(今泉鎮雄) 合気道唯心会(丸山維敏) 実心館合氣道会(村山實) 合気道光気会(丸山修道) 日本合気道協会(富木謙治) 天道流合気道(清水健二) 岩間神信合氣修練会(斉藤仁弘) 植芝盛平とは別系統の合気道 光輪洞合気道 武田流中村派合気道 ハプキドー 外部リンク 財団法人合気会 合気道養神会 心身統一合気道/氣の研究会 合氣万生道 合気道錬身会。 (Wikipedia:合気道団体)


合気道 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

合気道 - アマゾン検索


「合気道」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す