[PR]

日別キーワード

第93位  昭和元禄落語心中 - 2018年11月06日


関連するイメージは見つかりませんでした



昭和元禄落語心中
『昭和元禄落語心中』(しょうわげんろくらくごしんじゅう)は、雲田はるこによる日本の漫画で『ITAN』(講談社)2010年零号(創刊号)より連載中。第17回2013年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門で優秀賞を、第38回(2014年度)講談社漫画賞一般部門でそれぞれ受賞している。 2014年12月にテレビアニメ化が発表され、2016年1月から放映された。 あらすじ 与太郎放浪篇 単行本第1巻から第2巻に収録。舞台は昭和50年代頃。落語が絶頂期を過ぎ、テレビや漫才ブームに圧されていた時代。 刑務所帰りの元チンピラ・強次は、1年前に慰問で訪れた八代目有楽亭八雲演じる落語『死神』を聞いて感動し、出所後そのまま八雲が出演している寄席に押しかけて弟子入りを申し出る。それまで「弟子は取らない」と言ってきた八雲だが、彼なりの考えで強次は付き人として行動を共にすることを許され、与太郎の名を与えられる。八雲の家に住み込むことになった与太郎は、八雲の養女・小夏と出会い、彼女の実父で早逝したかつての天才落語家・二代目有楽亭助六の芸風を気に入り、自らの芸に取り入れ精進するが、同時に助六の死と八雲、小夏にまつわる因縁の一端を徐々に知ることとなる。 (Wikipedia:昭和元禄落語心中)


昭和元禄落語心中 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

昭和元禄落語心中 - アマゾン検索


「昭和元禄落語心中」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す