[PR]

日別キーワード

第96位  真言 - 2018年11月06日


関連するイメージは見つかりませんでした



真言
真言(しんごん)、サンスクリット語:マントラ(मन्त्र [mantra])とは、大日経などの密教経典に由来し、真実の言葉という意。転じて仏の言葉をいう。真言は音が重要であることから、翻訳せず音写を用いる。漢訳では咒、明咒と訳される。 真言は密教成立以前から用いられており、古代インドから効能がある呪文として重視されてきた。真言を唱えることで、発願を仏に直接働きかけることができるとされている。真言宗では、心で仏を想い、手で印を結び、三返ないし七返声で唱える(三密)。 真言宗の「真言」はこれに由来するが、真言宗のみで使われるものではない。般若心経の最後にある「羯諦 羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提薩婆訶[gate gate pāragate pārasaṃgate bodhi svāhā]」も真言であり、浄土真宗などを除く多くの宗派で読まれている。法相宗では薬師如来への発願で頻繁に唱えられる。禅宗においても、消災妙吉祥陀羅尼や大悲心陀羅尼などが日常的に唱えられる。 真言にはそれぞれ出典となる経が存在するが、同じ密教経典でも成立の過程が異なる大日経 (胎蔵界) と金剛頂経 (金剛界) では、真言が異なる。 (Wikipedia:真言)

真言宗
真言宗(しんごんしゅう)は、空海(弘法大師)によって9世紀(平安時代)初頭に開かれた、日本の仏教の宗派。真言陀羅尼宗(しんごんだらにしゅう)、曼荼羅宗(まんだらしゅう)、秘密宗(ひみつしゅう)とも称する。 空海が中国(唐時代)の長安に渡り、青龍寺で恵果から学んだ密教を基盤としている。 同時期に最澄によって開かれた日本の天台宗が法華経学、密教、戒律、禅を兼修するのに対し、空海は著作『秘密曼荼羅十住心論』『秘蔵宝鑰』で、空海が執筆していた当時に伝来していた仏教各派の教学に一応の評価を与えつつ、真言宗を最上位に置くことによって十段階の思想体系の中に組み込んだ。最終的には顕教と比べて、密教(真言密教)の優位性、顕教の思想・経典も真言密教に摂包されることを説いた。 天台密教を「台密」と称するのに対し、真言密教は東寺を基盤としたので「東密」と称する。 開宗 空海は、弘仁7年(816年)に高野山金剛峯寺を修禅の道場として開創し、弘仁14年(823年)に嵯峨天皇より勅賜された教王護国寺を真言宗の根本道場として宗団を確立した。 (Wikipedia:真言宗)

真言八祖
『真言宗』より : 真言宗(しんごんしゅう)は、空海(弘法大師)によって9世紀(平安時代)初頭に開かれた、日本の仏教の宗派。真言陀羅尼宗(しんごんだらにしゅう)、曼荼羅宗(まんだらしゅう)、秘密宗(ひみつしゅう)とも称する。 空海が中国(唐時代)の長安に渡り、青龍寺で恵果から学んだ密教を基盤としている。 同時期に最澄によって開かれた日本の天台宗が法華経学、密教、戒律、禅を兼修するのに対し、空海は著作『秘密曼荼羅十住心論』『秘蔵宝鑰』で、空海が執筆していた当時に伝来していた仏教各派の教学に一応の評価を与えつつ、真言宗を最上位に置くことによって十段階の思想体系の中に組み込んだ。最終的には顕教と比べて、密教(真言密教)の優位性、顕教の思想・経典も真言密教に摂包されることを説いた。 天台密教を「台密」と称するのに対し、真言密教は東寺を基盤としたので「東密」と称する。 開宗 空海は、弘仁7年(816年)に高野山金剛峯寺を修禅の道場として開創し、弘仁14年(823年)に嵯峨天皇より勅賜された教王護国寺を真言宗の根本道場として宗団を確立した。 (Wikipedia:真言八祖)

真言立川流
『立川流 (密教)』より : 立川流(たちかわりゅう)とは、鎌倉時代に仁寛によって開かれ、南北朝時代に文観によって大成されたとされる密教の一派である。「真言立川流」(しんごんたちかわりゅう)ともいう。 教義 経典は般若波羅蜜多理趣品、空海が請来した所謂『理趣経』(りしゅきょう)(?)で、荼枳尼天(だきにてん)を拝する(?)。本来仏教では性交は不淫戒で誡められているが、密教では「瑜伽タントラ」の『理趣経』や(?)多くの「無上瑜伽タントラ」によって肯定されており(?)、性交を通じて即身成仏に至ろうとする教義解釈がある(?)。ただし、日本には「瑜伽タントラ」までは多く伝わっているが、具体的に性交を論じた(?)「無上瑜伽タントラ」は部分的にしか伝わっていないため(?)、立川流(?)を除く多くの密教では性交には否定的である(?)。 心定の『受法用心集』(1272年)によると、「髑髏本尊」には大頭本尊、小頭本尊、月輪形(がちりんぎょう)の本尊の三種がある。髑髏は一に智者、二に行者、三に国王、四に将軍、五に大臣、六に長者、七に父、八に母、九に千頂、十に法界髏〔ママ〕の十種あり、選りすぐった髑髏を加工して本尊とする。 (Wikipedia:真言立川流)

真言密教
『密教』より : 密教(みっきょう)とは、「秘密の教え」を意味し、一般的には、大乗仏教の中の秘密教を指し、「秘密仏教」の略称とも言われる。中国語圏では一般に「密宗」(ミイゾン)という。 かつての日本では、密教といえば空海を開祖とする真言宗のいわゆる東密や、密教を導入した天台宗での台密を指したが、20世紀に入るまで、日本ではあまり知られなかった、インドやチベットにおける同種の仏教思想の存在が認知紹介されるに伴い、現代ではそれらも合わせて密教と総称するようになっている。そういった意味での広義の密教を、今日の仏教学では後期大乗仏教に分類し、「後期大乗」と呼称する。仏教学者の文献学的な密教研究では、松長有慶らを軸に、インド密教を発展段階に従って初期・中期・後期の三期に区分し、今日では日本密教や中国密教、チベット密教もこの枠組みに絡めて系統づけようとする考え方が主流とされている。江戸後期の日本で確立した分類である雑密・純密をそれぞれ大まかにインド密教の前期・中期に対応させることが多い。 真言宗においては、伝統的には、「密教」とは顕教と対比されるところの教えであるとされる。 (Wikipedia:真言密教)

真言宗智山派
真言宗智山派(しんごんしゅうちさんは)は、日本における仏教の宗派のひとつで、
覚鑁(1095年-1144年)を開祖とする新義真言宗に属する。
桔梗紋
大日如来
金剛界曼荼羅・胎蔵曼荼羅
丹藤弘現
佐々木義範
松平実因
金剛宥性
佐伯隆基
船岡芳勝
三神快運
瑜伽教如
伊藤宗盛
大江存良
武藤範秀
滝 承天
青木栄豊
(Wikipedia:真言宗智山派)

真言律宗
真言律宗(しんごんりっしゅう)は、真言密教の宗義に基づいて「根本仏教」の出家戒である『具足戒』と、金剛乗の戒律である『三昧耶戒』を修学する一派。また、南都六宗の1つである律宗精神の再興の意義も併せて有している。 宗祖 西大寺の興正菩薩叡尊を中興の祖とする。なお、空海を高祖として特に仰いでいる。 沿革 鎌倉時代 叡尊は荒廃した既存仏教に対する批判から律宗の覚盛とともに、これまで国家が定めた手続きによる方法しか認められていなかった出家戒の授戒を自らの手で行った(自誓授戒)。その後、戒律に対する考え方の違いから覚盛と一線を画するが、彼の依頼による西大寺再興を引き受けて、続いて海龍王寺・法華寺・般若寺などの再興に従事して、朝廷の許可なくして独自の戒壇を設置した。 続いて弟子の忍性が登場して叡尊が十分に達せられなかった民衆への布教に才覚を示して、鎌倉に極楽寺を建立した。 これが真言律宗の起源であるが、当初叡尊自身やその門人は真言宗の再興の一環として出家戒を基とする律宗再興を図ったものであり、自らを真言宗の一派である「西大寺流」として規定して行動していた。 (Wikipedia:真言律宗)

真言宗豊山派
真言宗豊山派(しんごんしゅうぶざんは)は日本の仏教宗派の一つで、新義真言宗の一派。総本山は奈良県桜井市の長谷寺。包括宗教法人名は、眞言宗豊山派で、東京都文京区大塚五丁目に本部を置く。同派の公称は、全国に約3,000寺、僧侶(教師)数は約5,000人、檀信徒数は200万人。源氏物語や枕草子などにも登場し長谷詣として知られる総本山長谷寺や、東京の大本山護国寺・西新井大師(総持寺)は豊山派の象徴である。 真言宗智山派とは、興教大師覚鑁が創始した新義真言宗という同一宗派であった。豊山派は徳川家との縁も深く、幕府の庇護を受けると共に、大本山護国寺は関東における布教の拠点となった。関東では多くの信者を獲得する一方、真言宗の離合集散の歴史的経緯から中国・九州地方では末寺が一ヶ寺ずつしか存在しない。 教義 標語 『同行二人 お大師様とともに ともしつごう こころのあかり』 『開け!心の曼荼羅』 本尊 大日如来 教祖 宗祖:宗祖弘法大師 空海 中興祖:興教大師 覚鑁 派祖:専誉僧正 根本経典 大日経 金剛頂経 法要で唱えられる経典・真言 般若理趣経 般若心経 観音経 光明真言 勤行で唱えられる経典・真言等 檀家は朝夕で次の勤行が求められる。 (Wikipedia:真言宗豊山派)


真言 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

真言 - アマゾン検索


「真言」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す