[PR]

日別キーワード

第1位  iPhone - 2018年11月07日


関連するイメージは見つかりませんでした




iPhone - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  中国新聞 - 2018年11月09日


関連するイメージは見つかりませんでした



中国新聞
中国新聞(ちゅうごくしんぶん、題字は中國新聞)は、広島県広島市に本社を置く中国新聞社が発行している新聞である。1892年5月5日創刊。最大印刷ページ数は40ページ。 広島県を中心に、山口県、岡山県、島根県でも発行・販売されている。鳥取県では、島根版を他紙販売店に委託し、一部地域で販売している。また、愛媛県の島嶼部(芸予諸島)でも販売されている。 2014年4月現在の発行部数は朝刊630,659、夕刊30,875(中国新聞社販売局調べ) 電子版を発行しており、発行地域外でも購読可能(詳細は電子版の節を参照)。 朝刊および第二の朝刊と位置づけているSELECTがある。広島県の県紙(地方紙)であると同時に、中国地方における購読者が多く、発行部数も地方紙として最大規模なことからブロック紙として扱われることも多い。2015年4月30日までは夕刊も発行していた 地元の視線で書かれた記事も多く、特にマツダに関する報道が多い。また、原爆(核兵器)や平和に関する記事でも高い評価を得ている。また、反暴走族の論調や暴力団追放キャンペーンでも知られている。 (Wikipedia:中国新聞)

中国新聞社
『中国新聞』より : 株式会社中国新聞社(ちゅうごくしんぶんしゃ)は、日本の広島県広島市発祥の新聞社。 地方紙(中国地方のブロック紙)の中国新聞を発刊しており、新聞発行のほかに、書籍の刊行やイベントの主催なども行っている。本社は広島市にあり、広島県福山市と山口県周南市にも地域本社を置く3本社体制である。 1892年5月5日 広島市大手町4丁目(現・広島市中区大手町2丁目)において会社設立。 1925年5月10日 姉妹会社の呉新聞社より呉新聞を創刊。 1926年3月24日 広島市上流川町(現・中区胡町)に新社屋(3階建て)が完成。 1931年2月11日 中国駅伝(広島~福山間)を創設。 1935年2月11日 中国新聞本紙に添付されていた「防長版」を廃止し、中国防長新聞を創刊。 同年10月26日 芸備日日新聞を事実上の中国新聞傘下にする。 1936年5月14日 航空部を新設。 1937年1月20日 広島市上流川町に8階建ての新社屋(現在の三越広島店がある場所)が完成。 1941年9月1日 新聞事業令が公布され、一県一紙体制に移行。 (Wikipedia:中国新聞社)


中国新聞 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  Fate/Grand Order - 2018年11月09日


関連するイメージは見つかりませんでした



Fate/Grand Order
『Fate/Grand Order』(フェイト/グランドオーダー)は、ゲームブランドTYPE-MOONによるゲーム作品『Fate/stay night』を元として製作されるスマートフォン専用ロールプレイングゲーム。略称は「Fate/GO」もしくは「FGO」。 原作は、2004年の発売以降これまでにゲーム・小説・漫画・アニメーションなど数多くのメディアミックスやスピンアウト展開を広げてきたゲーム作品『Fate/stay night』。「Fate Online Project REBOOT」という標語が掲げられている。『Fate/stay night』をはじめ、『Fate/Zero』・『Fate/EXTRA』・『Fate/Apocrypha』といったFateシリーズから多数のキャラクターが登場するほか、本作オリジナルのキャラクターも多数登場する。 (Wikipedia:Fate/Grand Order)


Fate/Grand Order - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  うつ病 - 2018年11月09日


関連するイメージは見つかりませんでした



うつ病
うつ病(うつびょう、鬱病、欝病、英語: Clinical Depression)は、気分障害の一種であり、抑うつ気分、意欲・興味・精神活動の低下、焦燥(しょうそう)、食欲低下、不眠、持続する悲しみ・不安などを特徴とした精神障害である。 『精神障害の診断と統計マニュアル』第5版 (DSM-5) には、うつ病の診断名と大うつ病性障害(英語: Major depressive disorder)が併記されており、この記事では主にこれらについて取り上げる。これは1日のほとんどや、ほぼ毎日、2、3週間は抑うつであり、さらに著しい機能の障害を引き起こすほど重症である場合である。1 - 2年続く死別の反応、経済破綻、重い病気への反応は理解可能な正常な反応である場合がある。 有病者数は世界で3.5億人ほどであり一般的であり、世界の障害調整生命年(DALY)において第3位(4.3%)に位置づけられる。しかし多くの国にて治療につながっておらず、先進国であろうと適切にうつ病と診断されていない事が多く、その一方ではうつ病と誤診されたために間違った抗うつ薬投与がなされている。 (Wikipedia:うつ病)


うつ病 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  からくりサーカス - 2018年11月09日


関連するイメージは見つかりませんでした



からくりサーカス
『からくりサーカス』は、藤田和日郎による日本の漫画作品。『週刊少年サンデー』(小学館)にて1997年32号から2006年26号にかけて連載された。単行本は全43巻。仏名は『Le Cirque de Karakuri』。 3人の主人公達が数奇な運命をたどりながら物語は進行していく。拳法家の青年と人形遣いの女が莫大な遺産を相続し兄弟親族から狙われた少年を守るころで幕が上がる。そして青年との別れをきっかけに2つのの物語が動きだす。片や潰れかけのサーカスに身を置き、片や人類に仇なすからくり人形との闘いに巻き込まれていく。全く異なる2つの物語は時に交錯しながら、一人の黒幕の影を明るく照らすように一つに収束していく。 藤田和日郎の長編第2作である冒険活劇。作者の前作『うしおととら』を上回る複雑なプロットや展開、勝らずとも劣らない強烈なバイオレンス描写とアクション、前作にはあまり見かけられなかった恋愛要素も盛り込んでいるのが特徴。 (Wikipedia:からくりサーカス)

からくりサーカスの登場人物
からくりサーカスの登場人物(からくりサーカスのとうじょうじんぶつ)は、藤田和日郎の少年漫画作品『からくりサーカス』に登場する人物の一覧である。 主人公 才賀 勝(さいが まさる) サーカス編・からくりサーカス編の主人公。 突如、数奇な運命に巻き込まれることになる少年。11歳。背丈は小学5年生(後に6年生となる)にしては小柄。父親の死に際し、遺言により莫大な遺産を全て相続したことから腹違いの兄弟から遺産目当てに命を狙われる羽目となり、祖父(才賀正二)に言われたとおり「あるるかん」の入ったトランクを持って逃げていた時に「加藤鳴海」「しろがね(エレオノール)」と出会う。作品開始当初は内向的で気弱ないじめられっ子そのものだったが、鳴海やしろがねに守られるうちに覚悟を決め、逃げてばかりの自分と決別し、自ら運命と闘う選択をする。序盤で「ダクダミイ」によって負った傷が残っており、それを見たクラスメイトなどは彼の変化に動揺を隠せなかった。 実は、彼自身はフェイスレス=才賀貞義の野望「永遠の命」の計画のために用意されたスペアの肉体であった。 (Wikipedia:からくりサーカスの登場人物)


からくりサーカス - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す