[PR]

日別キーワード

第2位  中国新聞 - 2018年11月07日


関連するイメージは見つかりませんでした



中国新聞
中国新聞(ちゅうごくしんぶん、題字は中國新聞)は、広島県広島市に本社を置く中国新聞社が発行している新聞である。1892年5月5日創刊。最大印刷ページ数は40ページ。 広島県を中心に、山口県、岡山県、島根県でも発行・販売されている。鳥取県では、島根版を他紙販売店に委託し、一部地域で販売している。また、愛媛県の島嶼部(芸予諸島)でも販売されている。 2014年4月現在の発行部数は朝刊630,659、夕刊30,875(中国新聞社販売局調べ) 電子版を発行しており、発行地域外でも購読可能(詳細は電子版の節を参照)。 朝刊および第二の朝刊と位置づけているSELECTがある。広島県の県紙(地方紙)であると同時に、中国地方における購読者が多く、発行部数も地方紙として最大規模なことからブロック紙として扱われることも多い。2015年4月30日までは夕刊も発行していた 地元の視線で書かれた記事も多く、特にマツダに関する報道が多い。また、原爆(核兵器)や平和に関する記事でも高い評価を得ている。また、反暴走族の論調や暴力団追放キャンペーンでも知られている。 (Wikipedia:中国新聞)

中国新聞社
『中国新聞』より : 株式会社中国新聞社(ちゅうごくしんぶんしゃ)は、日本の広島県広島市発祥の新聞社。 地方紙(中国地方のブロック紙)の中国新聞を発刊しており、新聞発行のほかに、書籍の刊行やイベントの主催なども行っている。本社は広島市にあり、広島県福山市と山口県周南市にも地域本社を置く3本社体制である。 1892年5月5日 広島市大手町4丁目(現・広島市中区大手町2丁目)において会社設立。 1925年5月10日 姉妹会社の呉新聞社より呉新聞を創刊。 1926年3月24日 広島市上流川町(現・中区胡町)に新社屋(3階建て)が完成。 1931年2月11日 中国駅伝(広島~福山間)を創設。 1935年2月11日 中国新聞本紙に添付されていた「防長版」を廃止し、中国防長新聞を創刊。 同年10月26日 芸備日日新聞を事実上の中国新聞傘下にする。 1936年5月14日 航空部を新設。 1937年1月20日 広島市上流川町に8階建ての新社屋(現在の三越広島店がある場所)が完成。 1941年9月1日 新聞事業令が公布され、一県一紙体制に移行。 (Wikipedia:中国新聞社)


中国新聞 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

中国新聞 - アマゾン検索


「中国新聞」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す