[PR]

日別キーワード

第5位  からくりサーカス - 2018年11月07日


関連するイメージは見つかりませんでした



からくりサーカス
『からくりサーカス』は、藤田和日郎による日本の漫画作品。『週刊少年サンデー』(小学館)にて1997年32号から2006年26号にかけて連載された。単行本は全43巻。仏名は『Le Cirque de Karakuri』。 3人の主人公達が数奇な運命をたどりながら物語は進行していく。拳法家の青年と人形遣いの女が莫大な遺産を相続し兄弟親族から狙われた少年を守るころで幕が上がる。そして青年との別れをきっかけに2つのの物語が動きだす。片や潰れかけのサーカスに身を置き、片や人類に仇なすからくり人形との闘いに巻き込まれていく。全く異なる2つの物語は時に交錯しながら、一人の黒幕の影を明るく照らすように一つに収束していく。 藤田和日郎の長編第2作である冒険活劇。作者の前作『うしおととら』を上回る複雑なプロットや展開、勝らずとも劣らない強烈なバイオレンス描写とアクション、前作にはあまり見かけられなかった恋愛要素も盛り込んでいるのが特徴。 (Wikipedia:からくりサーカス)

からくりサーカスの登場人物
からくりサーカスの登場人物(からくりサーカスのとうじょうじんぶつ)は、藤田和日郎の少年漫画作品『からくりサーカス』に登場する人物の一覧である。 主人公 才賀 勝(さいが まさる) サーカス編・からくりサーカス編の主人公。 突如、数奇な運命に巻き込まれることになる少年。11歳。背丈は小学5年生(後に6年生となる)にしては小柄。父親の死に際し、遺言により莫大な遺産を全て相続したことから腹違いの兄弟から遺産目当てに命を狙われる羽目となり、祖父(才賀正二)に言われたとおり「あるるかん」の入ったトランクを持って逃げていた時に「加藤鳴海」「しろがね(エレオノール)」と出会う。作品開始当初は内向的で気弱ないじめられっ子そのものだったが、鳴海やしろがねに守られるうちに覚悟を決め、逃げてばかりの自分と決別し、自ら運命と闘う選択をする。序盤で「ダクダミイ」によって負った傷が残っており、それを見たクラスメイトなどは彼の変化に動揺を隠せなかった。 実は、彼自身はフェイスレス=才賀貞義の野望「永遠の命」の計画のために用意されたスペアの肉体であった。 (Wikipedia:からくりサーカスの登場人物)


からくりサーカス - 関連ブログ

データが取得できませんでした

からくりサーカス - アマゾン検索


「からくりサーカス」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す