[PR]

日別キーワード

第13位  清算 - 2018年11月07日


関連するイメージは見つかりませんでした



清算
清算(せいさん)は、それまで積み上げてきた関係を解消することをいう。金銭的な貸し借りなどの結末をつけることが元の語義であるが、金銭関係に限らない関係を終了される方向で処理することにも用いられる。金銭的な詳細な計算を行う、という意味の「精算」とは区別して用いられる。なお「計算して収入と支出の関係をはっきりさせる」という意味もあるが、この場合は決算という言葉を用いるのが一般的である。 事実上の関係としては愛人関係など人間同士の情交関係を解消するときに清算という言葉が用いられる。また、法律関係としては借金(消費貸借)を弁済によって解消するときに用いられる。 法人が解散や破産などで活動を終了する際に、それまで集積した債権債務を解消し、残余財産を構成員に分配するときに、清算という言葉が用いられる。法人の清算の際には、多数の利害関係人の利害を調整し債務の弁済や財産の分配を公平におこなう必要があるため、民法や会社法、その他団体に関する法律においては清算のための手続が法定されていることが多い。 (Wikipedia:清算)

清算人
清算人(せいさんにん)は、法人を解散するときに清算の職務を担当する者。 一般社団・財団法人法 一般社団・財団法人法は、この節で条数のみ記載する。 清算人 法人が解散したときは、理事、定款で定める者、社員総会または評議員会の決議によって選任された者が清算人となる(209条1項。理事は後二者がないときのみ清算人となる)。 裁判所による清算人の選任 清算人となる者がないとき(破産法人が破産終結した場合、破産財団から放棄された財産の処分を行う場合等)・解散を命ずる裁判がなされたとき等は、裁判所は、利害関係人の申立て等により、清算人を選任することができる(209条2項~4項)。但し、この場合、選任される清算人の報酬費用等を予納する必要があり、かなりの負担となるのであまり利用されていない。 清算人の解任 社員総会または評議員会は清算人を解任することができる(210条1項・2項)。重要な事由があるときは、裁判所は、利害関係人の申立てにより、清算人を解任することができる(210条3項)。 (Wikipedia:清算人)


清算 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

清算 - アマゾン検索


「清算」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す