[PR]

日別キーワード

第45位  スーパーロボット大戦 - 2018年11月07日


関連するイメージは見つかりませんでした



スーパーロボット大戦
『スーパーロボット大戦』(スーパーロボットたいせん)は、バンプレストより発売されたシミュレーションRPG。 SDにデフォルメされたロボットたちが競演するクロスオーバー作品「スーパーロボット大戦シリーズ」の第1作目。当時バンプレストが展開していたコンパチヒーローシリーズの派生作品として、「ロボットアニメによる大戦略」というコンセプトで開発された。シミュレーションゲームは家庭用ゲーム機ではかなりマニアックなジャンルであったが19万本のヒットとなる。 敵を引き抜ける「説得」やRPGでいうところの魔法にあたる「精神コマンド」など、従来のシミュレーションゲームにはないスーパーロボット大戦独自のシステムを搭載していたが、登場するロボットを擬人化するというコンパチヒーローシリーズのフォーマットは踏襲しており、後のシリーズ作品とは異なる作風となっている。 (Wikipedia:スーパーロボット大戦)

スーパーロボット大戦シリーズの参戦作品一覧
スーパーロボット大戦の参戦作品一覧は、家庭用ゲームソフト「スーパーロボット大戦シリーズ」に登場した作品の一覧である。同シリーズでは登場する作品を参戦作品と呼ぶ。 この一覧では公式サイトなどで参戦作品とされる作品を記述するが、OVA版や小説版など登場作品の関連作から設定を流用したり、一部の機体を登場させることがある。なお、関連作品から設定を流用した場合、一部を除く元となった作品名義で登場する。 原作は複数のシーズンまたは劇場作品が構成した場合、登場要素の都合上、作品によっては参戦作品の名義が変更する場合もある、表記について詳細は該当参戦作品項目参照。 作品名の後ろに括弧書きで登場したソフト名を略称で記す。略称は以下の通り。 DC戦争シリーズ 第2次 = 第2次スーパーロボット大戦・第2次スーパーロボット大戦G 第2次G = 第2次スーパーロボット大戦Gのみ 第3次 = 第3次スーパーロボット大戦 EX = スーパーロボット大戦EX 第4次 = 第4次スーパーロボット大戦・第4次スーパーロボット大戦S F = スーパーロボット大戦F・スーパーロボット大戦F完結編αシリーズ α = スーパーロボット大戦α・スーパーロボット大戦α for Dreamcast αDC版 = スーパーロボット大戦α for Dreamcastのみ α外伝 = スーパーロボット大戦α外伝 第2次α = 第2次スーパーロボット大戦α 第3次α = 第3次スーパーロボット大戦α 終焉の銀河へZシリーズ Z = スーパーロボット大戦Z 第2次Z = 第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇・再世篇 第2次Z 破界篇 = 第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇のみ 第2次Z 再世篇 = 第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇のみ 第3次Z = 第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇・天獄篇 第3次Z 天獄篇 = 第3次スーパーロボット大戦Z 天獄篇のみCOMPACTシリーズ COMPACT = スーパーロボット大戦COMPACT・スーパーロボット大戦COMPACT for WonderSwanColor COMPACT2 = スーパーロボット大戦COMPACT2 IMPACT = スーパーロボット大戦IMPACT COMPACT3 = スーパーロボット大戦COMPACT3任天堂携帯機シリーズ A = スーパーロボット大戦A・スーパーロボット大戦A PORTABLE R = スーパーロボット大戦R D = スーパーロボット大戦D J = スーパーロボット大戦J W = スーパーロボット大戦W K = スーパーロボット大戦K L = スーパーロボット大戦L UX =スーパーロボット大戦UX BX =スーパーロボット大戦BXScramble Commanderシリーズ SC = スーパーロボット大戦Scramble Commander SC2nd = スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2ndその他単独作品 第1作 = スーパーロボット大戦 新 = 新スーパーロボット大戦 64 = スーパーロボット大戦64・スーパーロボット大戦リンクバトラー MX = スーパーロボット大戦MX・スーパーロボット大戦MX ポータブル GC = スーパーロボット大戦GC・スーパーロボット大戦XO 無限 = 無限のフロンティア スーパーロボット大戦OGサーガ EXCEED = 無限のフロンティアEXCEED スーパーロボット大戦OGサーガ 学園 = スパロボ学園 NEO = スーパーロボット大戦NEO モ = スーパーロボット大戦モバイル CC = スーパーロボット大戦Card Chronicle OE = スーパーロボット大戦Operation Extend X-Ω = スーパーロボット大戦X-Ω サンライズ作品 サンライズ制作のアニメ作品、および関連作品。 (Wikipedia:スーパーロボット大戦シリーズの参戦作品一覧)

スーパーロボット大戦シリーズ
『スーパーロボット大戦シリーズ』(スーパーロボットたいせんシリーズ、英語: Super Robot Taisen, Super Robot Wars)は、バンダイナムコエンターテインメントが販売している家庭用コンピュータゲームのシリーズ。略称・通称はスパロボ、SRW。 二十数年続くシリーズであり、発売元となる企業は合併などで幾度も名称を変えている。初作から2007年度まではバンプレスト(旧)。その後「バンダイナムコゲームス バンプレストレーベル」→「バンダイナムコゲームス」→「バンダイナムコエンターテインメント」となる(法人格そのものは継承され続けている。開発会社などの推移など、より詳しくは#シリーズの歴史を参照)。これ以降は発売当時の企業名で記載し、“ 現・~”の記述は省略した。 基本的に日本国内でのみ販売されている(#日本国外を参照)。 『マジンガーZ』や『機動戦士ガンダム』に代表される、1970年代から現在までの様々なロボットアニメ作品に登場するロボットとキャラクターによるクロスオーバー作品である。 (Wikipedia:スーパーロボット大戦シリーズ)

スーパーロボット大戦64
『スーパーロボット大戦64』(スーパーロボットたいせんロクヨン)は、NINTENDO64で発売されたバンプレストのシミュレーションRPG。 SDで表現されたロボットたちが競演するクロスオーバー作品「スーパーロボット大戦シリーズ」の一つ。NINTENDO64で発売された唯一のスーパーロボット大戦シリーズである。同時期に開発されていた『スーパーロボット大戦COMPACT』、『スーパーロボット大戦α』(以下『α』)と共に、それまでシリーズの開発を担当していたウィンキーソフトが関わらなくなった初期の作品で、任天堂とハドソン(現・コナミデジタルエンタテインメント)の共同出資によって1998年5月に設立された合弁会社招布(まねぎ)、並びにエーアイの開発となった。 (Wikipedia:スーパーロボット大戦64)

スーパーロボット大戦リンクバトラー
『スーパーロボット大戦64』より : 『スーパーロボット大戦64』(スーパーロボットたいせんロクヨン)は、NINTENDO64で発売されたバンプレストのシミュレーションRPG。 SDで表現されたロボットたちが競演するクロスオーバー作品「スーパーロボット大戦シリーズ」の一つ。NINTENDO64で発売された唯一のスーパーロボット大戦シリーズである。同時期に開発されていた『スーパーロボット大戦COMPACT』、『スーパーロボット大戦α』(以下『α』)と共に、それまでシリーズの開発を担当していたウィンキーソフトが関わらなくなった初期の作品で、任天堂とハドソン(現・コナミデジタルエンタテインメント)の共同出資によって1998年5月に設立された合弁会社招布(まねぎ)、並びにエーアイの開発となった。 (Wikipedia:スーパーロボット大戦リンクバトラー)

スーパーロボット大戦J
『スーパーロボット大戦J』(スーパーロボットたいせんジェイ)は、バンプレストから発売されたゲームボーイアドバンス用シミュレーションRPG。 キャッチコピーは「新たな審判の時、来たる。」。 SDで表現されたロボットたちが競演するクロスオーバー作品「スーパーロボット大戦シリーズ」の一つ。ゲームボーイアドバンスで発売された同シリーズの第6作目かつ最終作に当たる。全52話(分岐も含めると合計68ステージ)。タイトルの「J」は「Judgment」(ジャッジメント、「審判」の意)の頭文字である。 本作の特徴として、それまでのスーパーロボット大戦シリーズにおいてレギュラーであったゲッターロボシリーズが登場しておらず、ガンダムシリーズも世界観が宇宙世紀以外の作品で構成されている点がある。こうした変化によって本作では『機動戦艦ナデシコ』『機動戦士ガンダムSEED』がストーリーの中核を成していた。また、変わった所では自軍の戦艦の艦長(パイロット)が全員女性というのもシリーズ初の展開だった。 もう一つの特徴としては、前作『スーパーロボット大戦D』から戦闘シーンの演出が大きく進化しており、『スーパーロボット大戦α』以降の据え置き機作品同様、ロボットがフルアニメーションするようになった。 (Wikipedia:スーパーロボット大戦J)

スーパーロボット大戦OG ORIGINAL GENERATIONS
Title スーパーロボット大戦OGORIGINAL GENERATIONS
Genre シミュレーションRPG
Plat プレイステーション2
Dev バンプレソフト
Pub バンプレスト
Play 1人
Media DVD-ROM
Date 2007年6月28日2008年8月7日(best版)
Price 7329円(税込)2940円(best版)
Rating CERO:12歳以上対象(B)
『スーパーロボット大戦OG ORIGINAL GENERATIONS』(スーパーロボットたいせんオージー オリジナルジェネレーションズ)は、バンプレスト(現・バンダイナムコゲームス バンプレストレーベル)から発売されているシミュレーションRPGである。主な略称は「OG”s」・「PS版OG」。
ゲームボーイアドバンス(GBA)用ソフトとして発売された『スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION』(『OG1』)と、『スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION2』(『OG2』)をプレイステーション2(PS2)向けにリメイクした作品。機種がディスクメディアのPS2となったことでキャラクターボイスが追加され、戦闘画面のアニメーションは全て新規に作成されている。またGBA版に登場しなかった新規のユニットやキャラクターが多数追加されている。
(Wikipedia:スーパーロボット大戦OG ORIGINAL GENERATIONS)

スーパーロボット大戦OG -ディバイン・ウォーズ-
タイトル=スーパーロボット大戦OG-ディバイン・ウォーズ-
ジャンル=ロボットアニメ
原作=SRプロデュースチーム
監督=角銅博之
企画=川城和美白石誠(テレビ東京)
シリーズ構成=寺田貴信
キャラクターデザイン=池田裕治原案:河野さち子(シー・ピー・トムズ)
メカニックデザイン=カトキハジメ宮武一貴大河原邦男齋藤和衛小野聖二青木健太大輪充杉浦俊朗藤井大誠金丸仁土屋英憲守谷淳一
アニメーション制作=オー・エル・エム OLM TEAM IWASA
製作=SRWOG PROJECT
放送局=テレビ東京系
放送開始=2006年10月4日
放送終了=2007年3月28日
話数=全25+1話
コピーライト=SRWOG PROJECT
作者=バンプレスト
作画=木村明広
出版社=メディアワークス
(Wikipedia:スーパーロボット大戦OG -ディバイン・ウォーズ-)

スーパーロボット大戦GC
『スーパーロボット大戦GC』(スーパーロボットたいせんジーシー)は、バンプレストが発売したシミュレーションRPG。Xbox 360移植作『スーパーロボット大戦XO』(スーパーロボットたいせんエックスオー)についても本項目で述べる。 キャッチコピーは「戦士よ、銀河へ向かって翔べ!」(GC)、「次世代、そしてオンライン。今、未知への扉が開く。」(XO)。 SDで表現されたロボットたちが競演するクロスオーバー作品「スーパーロボット大戦シリーズ」の一つ。ニンテンドーゲームキューブで発売された唯一のスーパーロボット大戦シリーズである。他のシリーズ作品とは異なり、選択によるルート分岐は存在しない。加えて、繰り返しプレイ可能なサブシナリオ(後述)が導入されている。通常シナリオ全59話、サブシナリオ全20話。 本作の特徴として2001年の『スーパーロボット大戦α for Dreamcast』以来久々に、戦闘シーンに3Dポリゴンが使われたことが上げられる。 (Wikipedia:スーパーロボット大戦GC)

スーパーロボット大戦α
『スーパーロボット大戦α』・『スーパーロボット大戦α for Dreamcast』は、バンプレストから発売されたシミュレーションRPG。 キャッチコピーは「人類に逃げ場なし。」(PS版)、「もう一つのαプロジェクト 真なるエンディングが今、明かされる…。」(for DC) SDで表現されたロボットたちが競演するクロスオーバー作品「スーパーロボット大戦シリーズ」の一つ。 本作は『第2次スーパーロボット大戦』から『第4次スーパーロボット大戦』および『スーパーロボット大戦F完結編』(以降『第4次』『F』)まで続いた「DC戦争シリーズ」に続く第2の版権作品系の大型シリーズ「αシリーズ」の第1作目。開発当初から続編を意識して制作され、同シリーズは後の『スーパーロボット大戦α外伝』『第2次スーパーロボット大戦α』を経て、『第3次スーパーロボット大戦α 終焉の銀河へ』(以降『α外伝』『第2次α』『第3次α』)で完結する。 (Wikipedia:スーパーロボット大戦α)

スーパーロボット大戦α for Dreamcast
『スーパーロボット大戦α』より : 『スーパーロボット大戦α』・『スーパーロボット大戦α for Dreamcast』は、バンプレストから発売されたシミュレーションRPG。 キャッチコピーは「人類に逃げ場なし。」(PS版)、「もう一つのαプロジェクト 真なるエンディングが今、明かされる…。」(for DC) SDで表現されたロボットたちが競演するクロスオーバー作品「スーパーロボット大戦シリーズ」の一つ。 本作は『第2次スーパーロボット大戦』から『第4次スーパーロボット大戦』および『スーパーロボット大戦F完結編』(以降『第4次』『F』)まで続いた「DC戦争シリーズ」に続く第2の版権作品系の大型シリーズ「αシリーズ」の第1作目。開発当初から続編を意識して制作され、同シリーズは後の『スーパーロボット大戦α外伝』『第2次スーパーロボット大戦α』を経て、『第3次スーパーロボット大戦α 終焉の銀河へ』(以降『α外伝』『第2次α』『第3次α』)で完結する。 (Wikipedia:スーパーロボット大戦α for Dreamcast)

スーパーロボット大戦α外伝
『スーパーロボット大戦α外伝』は、バンプレストから発売されたシミュレーションRPG。 キャッチコピーは「衝撃の風が吹いた」。 SDで表現されたロボットたちが競演するクロスオーバー作品『スーパーロボット大戦シリーズ』の一作。前作『スーパーロボット大戦α』(以下『α』)に始まる、シリーズカテゴリの一つである「αシリーズ」の第2作目。続編には『第2次スーパーロボット大戦α』(以下『第2次α』)と『第3次スーパーロボット大戦α 終焉の銀河へ』(以下『第3次α』)が制作されている。 『第3次α』でαシリーズを完結させることや、その参戦作品などが前作『α』開発当初から決められており、本作は当初のαシリーズの制作予定には組み込まれていなかった。しかし、前作『α』がスーパーロボット大戦シリーズ最高のセールスを記録したこともあり、バンプレストの上層部から「『α』のファンディスクでも出してみては?」と提案され、ならばファンディスクではなくきちんとした形で思い切りやってみようと急遽本作の開発が決定された。 (Wikipedia:スーパーロボット大戦α外伝)

スーパーロボット大戦D
『スーパーロボット大戦D』(スーパーロボットたいせんディー)は、バンプレストから発売されたシミュレーションRPG。 SDで表現されたロボットたちが競演するクロスオーバー作品「スーパーロボット大戦シリーズ」の一つ。ゲームボーイアドバンスで発売された同シリーズの4作目に当たる。キャッチコピーは「地球消滅」。 全38話。ルートの選択次第で35 - 37話に縮小することもあるが、大半のステージが前後編で構成されているため、実際のボリュームはそれより多い。プロローグと分岐を含めて全54ステージ。前作『スーパーロボット大戦R』(以下『R』)が簡単すぎたということもあり、本作は難易度がやや高めに設定されている。 戦闘シーンではフルアニメーションでは無いものの、『第2次スーパーロボット大戦α』を参考に一部の演出で動く。また、発生するカットインの数も前作までより大幅に増えた。これは『スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION』(以下『OG』)との差別化を考えてのことである。 (Wikipedia:スーパーロボット大戦D)

スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION2
『スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION2』(スーパーロボットたいせんオリジナルジェネレーションツー)は、バンプレストのゲームボーイアドバンス専用シミュレーションRPG。 キャッチコピーは「交錯する世界 …そして、招かれざる来訪者」。 「スーパーロボット大戦シリーズ」のカテゴリの一つである「OG(ORIGINAL GENERATION)シリーズ」の一作。『スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION』(以下、前作)の続編にあたる。全43話/54ステージ。 前作のバンプレストオリジナル路線を維持し、新たに『スーパーロボット大戦A』『第2次スーパーロボット大戦α』などに登場したキャラクターやロボットが加わった。ストーリーは『スーパーロボット大戦IMPACT』と『スーパーロボット大戦A』を中心にして展開され、『ヒーロー戦記 プロジェクト オリュンポス』とも深い関わりを持っている。 (Wikipedia:スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION2)

スーパーロボット大戦OG2
『スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION2』より : 『スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION2』(スーパーロボットたいせんオリジナルジェネレーションツー)は、バンプレストのゲームボーイアドバンス専用シミュレーションRPG。 キャッチコピーは「交錯する世界 …そして、招かれざる来訪者」。 「スーパーロボット大戦シリーズ」のカテゴリの一つである「OG(ORIGINAL GENERATION)シリーズ」の一作。『スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION』(以下、前作)の続編にあたる。全43話/54ステージ。 前作のバンプレストオリジナル路線を維持し、新たに『スーパーロボット大戦A』『第2次スーパーロボット大戦α』などに登場したキャラクターやロボットが加わった。ストーリーは『スーパーロボット大戦IMPACT』と『スーパーロボット大戦A』を中心にして展開され、『ヒーロー戦記 プロジェクト オリュンポス』とも深い関わりを持っている。 (Wikipedia:スーパーロボット大戦OG2)

スーパーロボット大戦F
『スーパーロボット大戦F』(スーパーロボットたいせんエフ)、『スーパーロボット大戦F完結編』(スーパーロボットたいせんエフかんけつへん)(以後『F』『F完結編』)は、バンプレストから発売されたシミュレーションRPG。 SDで表現されたロボットたちが競演するクロスオーバー作品「スーパーロボット大戦シリーズ」の一作。シリーズカテゴリの一つである「DC戦争シリーズ」の第4作目にして最終作『第4次スーパーロボット大戦』(以後『第4次』)のリメイク作品である。しかし参戦作品が多数入れ替えられたことや、シナリオにかなりの手直しが入っているため、実質上は新規作品に近い。本作は、開発が難航した上にボリュームが1本のソフトに収まらなかったことから、前編に当たる『スーパーロボット大戦F』と後編に当たる『スーパーロボット大戦F完結編』の2本に分けて発売された。タイトルのFの文字は『第4次』のリメイクを意味するFourthと『第5次』を意味するFifth、シリーズの完結編を意味するFinalの頭文字とされる。 (Wikipedia:スーパーロボット大戦F)

スーパーロボット大戦F完結編
『スーパーロボット大戦F』より : 『スーパーロボット大戦F』(スーパーロボットたいせんエフ)、『スーパーロボット大戦F完結編』(スーパーロボットたいせんエフかんけつへん)(以後『F』『F完結編』)は、バンプレストから発売されたシミュレーションRPG。 SDで表現されたロボットたちが競演するクロスオーバー作品「スーパーロボット大戦シリーズ」の一作。シリーズカテゴリの一つである「DC戦争シリーズ」の第4作目にして最終作『第4次スーパーロボット大戦』(以後『第4次』)のリメイク作品である。しかし参戦作品が多数入れ替えられたことや、シナリオにかなりの手直しが入っているため、実質上は新規作品に近い。本作は、開発が難航した上にボリュームが1本のソフトに収まらなかったことから、前編に当たる『スーパーロボット大戦F』と後編に当たる『スーパーロボット大戦F完結編』の2本に分けて発売された。タイトルのFの文字は『第4次』のリメイクを意味するFourthと『第5次』を意味するFifth、シリーズの完結編を意味するFinalの頭文字とされる。 (Wikipedia:スーパーロボット大戦F完結編)

スーパーロボット大戦MX
『スーパーロボット大戦MX』(スーパーロボットたいせんエムエックス)は、2004年5月27日にバンプレストから発売されたPlayStation 2用シミュレーションRPG。 PlayStation Portable移植版である『スーパーロボット大戦MX ポータブル』(スーパーロボットたいせんエムエックス ポータブル)についても本項で扱う。 キャッチコピーは「未体験世界(ゾーン)、始まる」「想像は限界を超えて。――その進化は果てしなく。」。 SDで表現されたロボットたちが競演するクロスオーバー作品「スーパーロボット大戦シリーズ」の一つ。ワンダースワンで展開されたシリーズ内シリーズであるCOMPACTシリーズの流れを汲んだ作品である。本作同様COMPACTシリーズの流れを汲んだ『スーパーロボット大戦IMPACT』(以下『IMPACT』)は、『スーパーロボット大戦COMPACT2』のリメイク作品であったが、本作は完全新規で製作された。 (Wikipedia:スーパーロボット大戦MX)

スーパーロボット大戦MX ポータブル
『スーパーロボット大戦MX』より : 『スーパーロボット大戦MX』(スーパーロボットたいせんエムエックス)は、2004年5月27日にバンプレストから発売されたPlayStation 2用シミュレーションRPG。 PlayStation Portable移植版である『スーパーロボット大戦MX ポータブル』(スーパーロボットたいせんエムエックス ポータブル)についても本項で扱う。 キャッチコピーは「未体験世界(ゾーン)、始まる」「想像は限界を超えて。――その進化は果てしなく。」。 SDで表現されたロボットたちが競演するクロスオーバー作品「スーパーロボット大戦シリーズ」の一つ。ワンダースワンで展開されたシリーズ内シリーズであるCOMPACTシリーズの流れを汲んだ作品である。本作同様COMPACTシリーズの流れを汲んだ『スーパーロボット大戦IMPACT』(以下『IMPACT』)は、『スーパーロボット大戦COMPACT2』のリメイク作品であったが、本作は完全新規で製作された。 (Wikipedia:スーパーロボット大戦MX ポータブル)

スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION THE ANIMATION
『スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION THE ANIMATION』(スーパーロボットたいせん オリジナルジェネレーション ジ アニメーション)は、バンプレストのシミュレーションRPGスーパーロボット大戦シリーズを題材としたOVA作品。本項では、OVAから派生したドラマCDや、OVAのコミカライズ作品についても記述する。 2006年6月29日には『スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION THE ANIMATION Complete』として全3話を収録したUMDをリリース。 本作は『スーパーロボット大戦』の名を冠する初のアニメーション作品である。ただし、OGシリーズのストーリーのため、版権作品などは登場しない。『スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION2』終了後の物語であり、そこで起きた「バルトール事件」を描くオリジナルストーリー。 『スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION』『スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION2』に、本作OVA並びにドラマCDのエピソードを加えたPlayStation 2用ソフト『スーパーロボット大戦OG ORIGINAL GENERATIONS』が、2007年6月28日に発売された。 (Wikipedia:スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION THE ANIMATION)


スーパーロボット大戦 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

スーパーロボット大戦 - アマゾン検索


「スーパーロボット大戦」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す