[PR]

日別キーワード

第49位  ニッポン放送 - 2018年11月07日


関連するイメージは見つかりませんでした



ニッポン放送
株式会社ニッポン放送(ニッポンほうそう、Nippon Broadcasting System, Inc.)は、関東広域圏を放送対象地域とする中波放送(AM放送)の特定地上基幹放送事業者である。 フジテレビジョンなどとともにフジサンケイグループに属する。また、ニッポン放送グループ(全5社)の中核企業でもある。 略称・呼称はコールサイン「JOLF」からLF、旧法人設立から1967年(昭和42年)9月30日までの略称はNBS。 なお、本記事では1954年(昭和29年)4月13日から2006年(平成18年)3月31日までの旧会社(フジテレビジョン(現:フジ・メディア・ホールディングス)に吸収合併)および2006年(平成18年)4月1日に分割新設された現行会社について述べる。 2016年4月からのキャッチフレーズは「ワクワクいっぱい! ニッポン放送」。 東京地区で1950年代初頭に開局した民放のラジオ東京(現・TBSラジオ)・文化放送に続き、1954年に財界を中心とした約200社の出資で開局。 (Wikipedia:ニッポン放送)

ニッポン放送番組一覧
ニッポン放送番組一覧(ニッポンほうそうばんぐみいちらん)は、ラジオ放送局ニッポン放送で現在放送されている主な番組と編成の解説である。 番組の編成傾向・歴史 在京中波ラジオ局では最後発にあたり、他局よりも一層の番組開発に力を入れてきた面がある。いち早くセグメント編成・スポンサーとのタイアップ・番組連動のリスナー参加イベントの開催など、親近感のある放送局カラーを打ち出した結果、ビデオリサーチによる聴取率調査では、首都圏ラジオ局での聴取率首位を長年維持してきた。しかし聴取率調査の対象年齢引き上げなどが影響したため、2001年8月以降はTBSラジオに首位の座を奪われ続けたままで、その後のLF+Rに代表される番組編成での失敗、『お早よう!中年探偵団』や『噂のゴールデンアワー』といった名物番組の終了などが重なり、一時期の『テリー伊藤 のってけラジオ』(終了)や『アッコのいいかげんに1000回』『ミュージックハーモニー』など一部で時間帯聴取率1位を長期間キープしている好調な番組があるものの、依然首位奪還までには至っていない。 (Wikipedia:ニッポン放送番組一覧)

ニッポン放送の番組一覧
『ニッポン放送番組一覧』より : ニッポン放送番組一覧(ニッポンほうそうばんぐみいちらん)は、ラジオ放送局ニッポン放送で現在放送されている主な番組と編成の解説である。 番組の編成傾向・歴史 在京中波ラジオ局では最後発にあたり、他局よりも一層の番組開発に力を入れてきた面がある。いち早くセグメント編成・スポンサーとのタイアップ・番組連動のリスナー参加イベントの開催など、親近感のある放送局カラーを打ち出した結果、ビデオリサーチによる聴取率調査では、首都圏ラジオ局での聴取率首位を長年維持してきた。しかし聴取率調査の対象年齢引き上げなどが影響したため、2001年8月以降はTBSラジオに首位の座を奪われ続けたままで、その後のLF+Rに代表される番組編成での失敗、『お早よう!中年探偵団』や『噂のゴールデンアワー』といった名物番組の終了などが重なり、一時期の『テリー伊藤 のってけラジオ』(終了)や『アッコのいいかげんに1000回』『ミュージックハーモニー』など一部で時間帯聴取率1位を長期間キープしている好調な番組があるものの、依然首位奪還までには至っていない。 (Wikipedia:ニッポン放送の番組一覧)

ニッポン放送ショウアップナイター
『ニッポン放送ショウアップナイター』(ニッポンほうそうショウアップナイター、Nippon Broadcasting System Show Up Nighter)は、ニッポン放送が放送しているプロ野球ナイトゲーム中継番組である。月〜金曜はNRN全国中継担当となっていることもあり、日本の民放ラジオ局で唯一プロ野球全12球団のホームゲームを放送できる体制を取っている。 1966年に同タイトルでスタートした。開幕戦などの改編期以前の試合、または日本シリーズなどの改編期以後の試合、その他デーゲームやワールドベースボールクラシックなど、昼間に行われる試合の中継でも「ショウアップナイタースペシャル(Show Up Nighter Special)」と、そのタイトルが使用される。 放送内容は平日はNRNナイターをそのまま放送する場合と、自社向けに別途制作した内容を放送する場合とがある。聴取率週間などは後者のケースが多く、2000年代あたりはそれ以外でも後者のケースが多い。NRNナイターの制作を担当しない土曜・日曜は遠隔地で開催する試合も自社制作だが、関西地区の試合は毎日放送の制作による「MBSベースボールパーク」のネットを受けることがある(関東地区での開催を除いた阪神戦ビジターゲームの一部は、MBSの自社制作分をネット受けする場合がある)。 (Wikipedia:ニッポン放送ショウアップナイター)

ニッポン放送の経営権問題
ニッポン放送の経営権問題(にっぽんほうそうのけいえいけんもんだい)では、ニッポン放送の経営権の経緯について述べる。 開局の経緯 ニッポン放送は、当時の財界がマスコミ対策を意図して設立したラジオ局である。 財界の「青年将校」と呼ばれた日経連専務理事の鹿内信隆(以下、信隆)が1954年(昭和29年)の同局開局の中心となった。信隆は当初専務であったが、その後ニッポン放送株を掌握することで社長となる。 信隆がニッポン放送で採った施策は徹底した合理主義と聴取率第一主義であった。ニッポン放送はラジオ局として最後発であり、開局時点で特定の新聞社との関係を持たなかったにもかかわらず最初からキー局として誕生した異色の局であった。このため先発局を急追すべく、とにかく「売れる」番組作りに腐心した。財界をバックに持つ利点を生かし、番組製作はナショナルスポンサーを付けたいわゆる「黒ネット」番組(スポンサー提供付番組)に特化して全国ネットの形成に成功。 (Wikipedia:ニッポン放送の経営権問題)

ニッポン放送グループ
『フジサンケイグループ』より : フジサンケイグループ(英訳表記:Fujisankei Communications Group)は、日本のメディア・コングロマリット。従業員の数は約1万名強。グループ企業の大部分は、株式会社フジ・メディア・ホールディングスの子会社または関連会社である。 1967年に株式会社フジテレビジョン(旧会社、以下「フジテレビ」)、株式会社ニッポン放送(旧会社、以下「ニッポン放送」)、株式会社産業経済新聞社(以下「産経新聞社」)、株式会社文化放送を中心に結成され、グループ会議議長に鹿内信隆(当時のフジテレビ社長)が就任、グループ会議内に総務、人事、経理委員会を置いた。1985年に議長の座は長男の鹿内春雄に引き継がれたが、1988年の急逝に伴い信隆が一時的に復帰した後、1990年に娘婿の鹿内宏明に引き継がれた。しかし、1992年に宏明は産経新聞社会長職を取締役会で解任されたことを契機に、グループ会議議長を始めとするグループ各社の役職の辞任を余儀なくされた。 (Wikipedia:ニッポン放送グループ)

ニッポン放送 ポッドキャスティングステーション
ニッポン放送 ポッドキャスティングステーション (Pod Casting Station) は、ニッポン放送が2005年10月から配信を開始した、ポッドキャストによるラジオ番組配信サービスである。 利用方法 RSSフィードで提供しているため、受信にはiTunes等のポッドキャスト用の受信ソフトウェアが必要。なおブログ形式で配信しているJ-WAVE・TOKYO FM(JFN)等とは違って、基本的にブラウザで聴くことはできない。 現在の配信番組 ラジオ放送の再配信 森永卓郎の経済提言 → 経済アナリスト森永卓郎お耳拝借経済コラム(森永卓郎 朝はニッポン一番ノリ!より 平日=月から金曜の毎日=更新。2006年4月の番組リニューアルと共に番組名を変更) 森永卓郎が経済に関するコラムを配信(稀に全く関係の無いコラムもある)。平日毎日更新と詠っているが、1週間分をまとめて配信することもある。以下の番組は全て基本的に週1回更新義家弘介 ヤンキー先生の人生相談(ヤンキー先生!義家弘介の夢は逃げていかないより) 配信第1回目で義家弘介がポッドキャスト用の番組メールアドレスを紹介した。 (Wikipedia:ニッポン放送 ポッドキャスティングステーション)

ニッポン放送ポッドキャスティングステーション
『ニッポン放送 ポッドキャスティングステーション』より : ニッポン放送 ポッドキャスティングステーション (Pod Casting Station) は、ニッポン放送が2005年10月から配信を開始した、ポッドキャストによるラジオ番組配信サービスである。 利用方法 RSSフィードで提供しているため、受信にはiTunes等のポッドキャスト用の受信ソフトウェアが必要。なおブログ形式で配信しているJ-WAVE・TOKYO FM(JFN)等とは違って、基本的にブラウザで聴くことはできない。 現在の配信番組 ラジオ放送の再配信 森永卓郎の経済提言 → 経済アナリスト森永卓郎お耳拝借経済コラム(森永卓郎 朝はニッポン一番ノリ!より 平日=月から金曜の毎日=更新。2006年4月の番組リニューアルと共に番組名を変更) 森永卓郎が経済に関するコラムを配信(稀に全く関係の無いコラムもある)。平日毎日更新と詠っているが、1週間分をまとめて配信することもある。以下の番組は全て基本的に週1回更新義家弘介 ヤンキー先生の人生相談(ヤンキー先生!義家弘介の夢は逃げていかないより) 配信第1回目で義家弘介がポッドキャスト用の番組メールアドレスを紹介した。 (Wikipedia:ニッポン放送ポッドキャスティングステーション)

ニッポン放送ショウアップナイターマンデースペシャル 板東・アッコのプロ野球界芸能界横断ウルトラクイズ
『板東・アッコのプロ野球界芸能界横断ウルトラクイズ』より : 板東・アッコのプロ野球界芸能界・横断ウルトラクイズは、ニッポン放送で2004年以降放送されている特別番組シリーズ。板東英二のバンバンストライクのスペシャル番組でもある。
板東・和田アキ子 アッコのプロ野球界・芸能界横断ウルトラクイズ(2004年4月19日)
板東・アッコのプロ野球界・芸能界横断ウルトラクイズ(2004年6月14日)
板東・徳光和夫 徳光のプロ野球界横断ウルトラクイズ(2004年6月21日)
板東・徳光のプロ野球界横断ウルトラクイズ
板東・高嶋ひでたけ ひでたけのスポーツ界・芸能界横断ウルトラクイズ2004(2004年10月23日)
板東・掛布雅之 掛布の芸能界・スポーツ界横断ウルトラクイズ(2005年2月26日)
(Wikipedia:ニッポン放送ショウアップナイターマンデースペシャル 板東・アッコのプロ野球界芸能界横断ウルトラクイズ)

ニッポン放送開局記念日スペシャル 笑顔が一番!あなたと一緒に50年
ニッポン放送開局記念日スペシャル 笑顔が一番!あなたと一緒に50年(ニッポンほうそうかいきょくきねんびスペシャル・えがおがいちばん!あなたといっしょに50ねん)は2004年7月15日のニッポン放送開局記念日に、50年間の番組を振り返るとともに、名番組、名コーナーの録音テープを紹介し、また、ニッポン放送に関わったことのあるパーソナリティをゲストに招いて話を聞くなどし、5時から25時まで20時間にも及んだ開局記念番組。それにつづいて25時から27時までは有楽町新社屋地下に出来た「イマジンスタジオ」のオープニングアクトを生放送(パーソナリティーは、桑田佳祐だった。)。 最も注目されたのは、人気があったもののスタッフ・編成局側との喧嘩別れによる打ち切り以降一切同局に出演していなかった伊集院光がパーソナリティを務めた「伊集院光のOh!デカナイト」の復活版である。垣花正アナウンサーを進行役として過去の音源や思い出を語る形式で放送され、約9年ぶりに同局に出演を果たした。 ちなみに一曲目は古関裕而作曲の「ニッポン放送行進曲」。 タイムテーブル 関連項目 伊集院光のOh!デカナイト オールナイトニッポン 外部リンク ニッポン放送開局記念日スペシャル・公式。 (Wikipedia:ニッポン放送開局記念日スペシャル 笑顔が一番!あなたと一緒に50年)

ニッポン放送社屋移転特別番組 有楽町からお台場へ 1242人夢のマイクリレー
ニッポン放送社屋移転特別番組 有楽町からお台場へ 1242人夢のマイクリレー(にっぽんほうそうしゃおくいてんとくべつばんぐみ ゆうらくちょうからおだいばへ 1242にんゆめのまいくりれー)は、1997年3月23日に放送されたニッポン放送の特別番組。なお、この日は有楽町旧社屋からの最終放送日であった。 AMラジオ局のニッポン放送が有楽町旧社屋から新社屋のあるお台場(フジテレビ現社屋の一部を間借り)への移転を記念してリスナーやパーソナリティ合計1242人をマイクでつないだ社屋移転記念特別番組。通称は「マイクリレー」。 番組は有楽町旧社屋に程近い日比谷シティ広場特設ステージからスタート。1242人というのはニッポン放送の周波数1242kHzに合わせたものだった。 さまざまな番組のパーソナリティをつないでいった。ちなみに当時のニッポン放送新社屋だったお台場で最後の1242人目にマイクを受け渡されたのはSMAPの中居正広だった。 なお、かつて同局で番組を持っていた伊集院光は、編成局などと喧嘩し番組降板したためこのマイクリレーに呼ばれずショックを受けたと後に発言している。 (Wikipedia:ニッポン放送社屋移転特別番組 有楽町からお台場へ 1242人夢のマイクリレー)

ニッポン放送ミュージッククリップ
ニッポン放送ミュージッククリップ( - ほうそう - )はニッポン放送で2003年3月31日から月曜~木曜深夜24:57~24:59に放送されているミニ番組 ミニラジオ番組(録音)。
ラジオパーソナリティ パーソナリティは鈴木芳彦(当時ニッポン放送アナウンサー)→飯田浩司(ニッポン放送アナウンサー)で、(鈴木→)飯田アナウンサーが曲を1曲紹介して流すだけのミニ番組である。知ってる24時。がスタートしたのと同時に開始した。
放送局=ニッポン放送
放送枠=平日深夜のミニ番組枠
前番組=内山理名 恋のカタチ。
24:55~24:59
番組名=ニッポン放送ミュージッククリップ
24:57~24:59
次番組=-
ニッポン放送のラジオ番組
ミニ番組
(Wikipedia:ニッポン放送ミュージッククリップ)

ニッポン放送 久米宏と1日まるごと有楽町放送局
ニッポン放送 久米宏と1日まるごと有楽町放送局(にっぽんほうそう くめひろしといちにちまるごとゆうらくちょうほうそうきょく)は2004年9月20日にニッポン放送で生放送された特別番組。特別ゲストとしてフリーアナウンサーの久米宏が登場した。 久米が出演した番組 森永卓郎の朝はモリタク!もりだくSUN(※久米と森永は、かつてニュースステーションで共演していた。) うえやなぎまさひこのサプライズ! 高田文夫のラジオビバリー昼ズ テリー伊藤 のってけラジオ 笑顔満開!ひでたけ・のりこの大吉ラジオ。 (Wikipedia:ニッポン放送 久米宏と1日まるごと有楽町放送局)

ニッポン放送ブロードバンド
ニッポン放送ブロードバンド(ニッポンほうそうブロードバンド)
ブロードバンド!ニッポン
LFX mudigi
(Wikipedia:ニッポン放送ブロードバンド)


ニッポン放送 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ニッポン放送 - アマゾン検索


「ニッポン放送」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す