[PR]

日別キーワード

第52位  マイクロ波 - 2018年11月07日


関連するイメージは見つかりませんでした



マイクロ波
マイクロ波(マイクロは、英: Microwave)は、電波の周波数による分類の一つである。「マイクロ」は、電波の中で最も短い波長域であることを意味する。 一般的には波長 1mから100μm、周波数 300MHzから3THzの電波(電磁波)を指し、この範囲には、デシメートル波 (UHF)、センチメートル波 (SHF)、ミリメートル波 (EHF)、サブミリ波が含まれる。しかし、明確な定義がある用語ではなく、より狭い範囲やより広い範囲に対して用いられることもある。 マイクロ波の発振には、マグネトロン、クライストロン、進行波管 (TWT)、ジャイロトロン、ガンダイオードを用いた回路などが用いられる。伝播(アンテナより電波として空中を伝播させるものを除く)には一般的に同軸ケーブルが使われるが、出力(電力・ワット数)の高いものには金属製の導波管が用いられる。また、近年ではマイクロストリップ線路など共に固体化(半導体)された発信器の利用も増えてきている。 マイクロ波の応用分野は広く、衛星テレビ放送、マイクロ波通信、レーダー、マイクロ波プラズマ、マイクロ波加熱(中でも最もポピュラーなものが電子レンジ)、マイクロ波治療、マイクロ波分光法、マイクロ波化学、マイクロ波送電などがある。 (Wikipedia:マイクロ波)

マイクロ波回線
『FPU (放送)』より : FPU (Field Pickup Unit) はテレビジョン放送用の無線中継伝送装置のこと。英語ではMicrowave link(マイクロ波回線)と呼ぶのが一般的である。 主に放送局外から映像・音声素材を放送局(演奏所=スタジオ)にUHF波あるいはマイクロ波を用いて直接または間接的に伝送し、演奏所では受信した映像・音声素材を加工して番組として放送する。代表的な使用例は報道、スポーツイベントの中継などである。特にマラソンや駅伝の中継では、地理的に広範囲をカバーする必要性から、数十台、時には百台以上のFPU送受信機を駆使する場合がある。(マラソンや駅伝の中継で各地の系列局の中継車が使用されるのもこのためである) 代表的な可搬型の装置は、送信機と受信機とに分かれ、それぞれパラボラアンテナと一体化した高周波部と制御部の計4筐体となっている例が多い。 一般に送信機、受信機のどちらも、制御部と高周波部は高周波用同軸ケーブルで結ばれている。制御部と高周波部の映像・音声信号のやりとりは、多重化されたものを伝送損失の少ない低い周波数(中間周波数)に変換して行っており、電源も制御部から高周波用同軸ケーブルに重畳させて高周波部に送っている。 (Wikipedia:マイクロ波回線)

マイクロ波加熱
マイクロ波加熱(マイクロはかねつ)とは、マイクロ波と物質の相互作用による、物質の加熱。誘電加熱の一種で、特にマイクロ波を使うものを指す。誘電加熱は誘電体である不導体を加熱するものである。誘導加熱は導体に電磁誘導で電流を起こして加熱するものである。マイクロ波による誘導加熱を「マイクロ波加熱」とするのは一般的でない。 誘電加熱、誘導加熱のどちらも電磁(波)加熱である。電波を使う電磁波加熱を電波加熱、マイクロ波加熱など高周波を使うものを高周波加熱という。 誘電損失により、マイクロ波が物質に吸収され、エネルギーが熱になることによる加熱である。外部熱源による加熱と異なり、熱伝導や対流の影響がほとんど無視できること、特定の物質のみを選択的かつ急速・均一に加熱できること、などの特徴がある。 加熱に利用されるマイクロ波の周波数には非通信用のISMバンドが利用されており、国際規格では 2.45 GHz に統一されているが、アメリカ合衆国などでは 915 MHz 帯も使用されている。 (Wikipedia:マイクロ波加熱)

マイクロ波工学
マイクロ波工学(マイクロはこうがく)とは、マイクロ波を工業的に利用するための学問領域。 工業用マイクロ波の主な用途には、マイクロ波通信、マイクロ波加熱などがある。 参考文献 関連項目 マイクロ波 マイクロ波化学 外部リンク ==。 (Wikipedia:マイクロ波工学)


マイクロ波 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

マイクロ波 - アマゾン検索


「マイクロ波」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す