[PR]

日別キーワード

第69位  コスモス - 2018年11月07日


関連するイメージは見つかりませんでした



コスモス
コスモス(英語: Cosmos [ˈkɒzmɒs]、学名:Cosmos bipinnatus Cav. )は、キク科コスモス属の総称。また、種としてのオオハルシャギク Cosmos bipinnatus を指す場合もある。アキザクラ(秋桜)とも言う。 秋に桃色・白・赤などの花を咲かせる。花は本来一重咲きだが、舌状花が丸まったものや、八重咲きなどの品種が作り出されている。本来は短日植物だが、6月から咲く早生品種もある。 熱帯アメリカ原産。 メキシコからスペインに渡りマドリード王立植物園に送られ、コスモスと名づけられた。日本には明治20年頃に渡来したと言われる。秋の季語としても用いられる。 日当たりと水はけが良ければ、やせた土地でもよく生育する。景観植物としての利用例が多く、河原や休耕田、スキー場などに植えられたコスモスの花畑が観光資源として活用されている。ただし、河川敷の様な野外へ外来種を植栽するのは在来の自然植生の攪乱(かくらん)であり、一種の自然破壊であるとの批判がある。 (Wikipedia:コスモス)

コスモスエンド
『日本の漫画家 か行』より : コスモス・エンド(COSMOS END)は、日本の漫画家笠原俊夫によるSF漫画。 本作品は「週刊少年ジャンプ」1982年20号 - 32号に連載されていた。 宇宙暦(AC)399年(西暦で相当する年は不明)、人類の活動範囲が銀河系の中心近くまで広がった未来を舞台に、宇宙の消滅=コスモス・エンドを防ぐために活躍する若者たちの姿を描いている。 あらすじ AC195年、銀河系の中心に、太陽の1億倍の質量で周囲20億kmの超巨大ブラックホール「ギンヌンガ・ガップ」(底知れぬ淵)が発見された。 ギンヌンガ・ガップには銀河系を構成する恒星の残骸が吸い込まれつつあり、その付着円盤(アクリッションディスク)は半径数千億kmに及ぶとされていた。 AC399年には、ギンヌンガ・ガップの探査のための宇宙船「イグドラジール」が、探査衛星基地「ミッドガルド」から出発することとなった。 パルスワープ(短距離ワープを1秒間に数百回繰り返す)を用いても到着まで98日がかかるが、到着後はイグドラジールの「探査ブロック」部を一時切り離してギンヌンガ・ガップの極付近に接近し、軌道上の「司令船」部と連携して詳細な観測を行なうことになっていた。 (Wikipedia:コスモスエンド)

コスモスポーツ
『マツダ・コスモ』より : コスモ(英:Cosmo )は、1967年(昭和42年)5月から1996年(平成8年)にかけて、マツダが生産・発売していた乗用車である。 1972年(昭和47年)から1975年(昭和50年)までモデルネームが中断したが、1975年(昭和50年)に復活。1990年(平成2年)からはユーノス・コスモとして作られた。1996年(平成8年)の生産終了以降、コスモの名は途絶えている。 初代・コスモスポーツ(1967年 - 1972年) コスモスポーツは、1967年(昭和42年)5月に2シータークーペモデルとして発売された。同時に世界初の実用・量産ロータリーエンジンを搭載した車でもあった。 なお、世界で初めて市販されたロータリーエンジン搭載車は、正確には旧NSUヴァンケル社(現・アウディ)が1964年(昭和39年)に発売したリアエンジン車のヴァンケルスパイダーである。これに搭載されたエンジンは、ロータリーエンジン特有の多くの課題が未解決のままであり、いわば「見切り発売」であった。 (Wikipedia:コスモスポーツ)

コスモス楽園記
タイトル コスモス楽園記
サイズ=
説明=
ジャンル=
タイトル=
作者 ますむらひろし
出版社=スコラメディアファクトリー ほか
掲載誌 コミックバーズ コミックバーガー
レーベル=
開始=
終了=
巻数=
話数=
その他=
『コスモス楽園記』(コスモスらくえんき)は、ますむらひろしの漫画作品。1986年から1989年まで『コミックバーズ コミックバーガー』に連載された。
ますむらひろしの真骨頂ともいうべき、猫と人間が対等に絡む世界を描いた作品である。
南太平洋の架空の島「ロバス島」を舞台に、ある科学者の実験によって生まれた、直立歩行し日本語を話す猫たちが作り上げた文明社会を、人間である主人公・藤田光介の視点から描く。
ますむらひろしの代表作である『アタゴオル』とは世界が似ており、「南洋版アタゴオル」とでもいえようものだが、その背景は大きく異なり、ある意味では一線を画している作品であるといえる。
(Wikipedia:コスモス楽園記)

コスモス (テレビ番組)
コスモス(COSMOS)は天文学者のカール・セーガンが監修し、1980年にアメリカで初放送されたTVドキュメンタリー。1978年から1979年にかけて、米国カリフォルニア州のPBSにより制作され、セーガン自らが番組の進行を担当した。日本における1980年放映時の表記はコスモス(宇宙)。
コスモスは空前の視覚効果を伴った世界初の宇宙に関する超大型ドキュメンタリー番組であり、内容の客観性に関する議論はあるものの、宇宙科学と生命の誕生に関わるセーガンの熱意が遺憾なく発揮された佳作である。世界中60カ国以上に配信され、大きな話題をさらった。1980年、エミー賞受賞。放映依頼、再放送やビデオ、DVDの販売もされており、セーガンが他界した1997年までにその視聴者数はのべ5億人と謳われ、w:The Science Channel The Science Channelによると、現在は6億人に達している。
(Wikipedia:コスモス (テレビ番組))

コスモス (玩具メーカー)
株式会社コスモスは、かつて日本に存在した、玩具の製造と自動販売機による販売を行っていた企業である。本社は埼玉県大宮市(現・さいたま市大宮区)にあった(末期は、埼玉県羽生市に移転)。 沿革 前身の「堀口産業」を株式会社に改組する形で、1977年8月設立。 玩具メーカーとしては規模は小さかったものの、同年より始めた、自社で生産した小型の玩具をカプセル型の手動式自動販売機(カプセルトイの一種・当時の俗称では「ガチャガチャ」ないし「ガシャガシャ」)を通じて販売するという独自の直販方式があたり、急成長を遂げた。 最盛期には栃木県佐野市、埼玉県浦和市、大宮市(現・さいたま市)、羽生市などに工場を所有し、設置自動販売機が6万カ所、50万台におよび、年商は180億円(1982年度)に達した。なお1977年はバンダイも同種の自動販売機による玩具販売を始めた時期にあたる。 しかし、1988年2月に倒産。経営破綻の原因については、諸説があるが定かではない。 ビジネスモデル 同社の主力となったガチャガチャは駄菓子屋などの小売店の店頭に設置され、同社販売子会社の営業マンが週一度のペースで巡回して商品を補充、設置店に対して売上金の20%を設置委託料として支払っていた。 (Wikipedia:コスモス (玩具メーカー))

コスモス (TV)
コスモス(COSMOS)は天文学者カール・セーガンが監修し、1978年から1979年にかけて放映されたTVドキュメンタリー。米国カリフォルニア州のPBSにより作製され、セーガン自らが番組の進行を担当した。日本における1980年放映時の表記はコスモス(宇宙)。
コスモスは空前の視覚効果を伴った世界初の宇宙に関する超大型ドキュメンタリー番組であり、内容の客観性に関する議論はあるものの、宇宙科学と生命の誕生に関わるセーガンの熱意が遺憾なく発揮された佳作である。世界中60カ国以上に配信され、大きな話題をさらった。1980年、エミー賞受賞。放映依頼、再放送やビデオ、DVDの販売もされており、セーガンが他界した1997年までにその視聴者数はのべ5億人と謳われ、w:The Science Channel The Science Channelによると、現在は6億人に達している。
(Wikipedia:コスモス (TV))

コスモスクエア駅
コスモスクエア駅(コスモスクエアえき)は、大阪市住之江区にある大阪市交通局の駅。 コスモスクエアのローマ字表記は「Cosmosquare」と1単語となっている(Cosmo-Squareではない)。中国語表記は意訳した「宇宙廣場/宇宙广场」(宇宙広場)である。2005年6月30日までは大阪港トランスポートシステム (OTS) 運営のテクノポート線とニュートラムテクノポート線の駅だったが、翌7月1日付で鉄道事業(線路のみ大阪港トランスポートシステムが管理)は、大阪市交通局が第二種鉄道事業者になり、OTSは第三種鉄道事業者になったため、それぞれ大阪市営地下鉄中央線と大阪市交通局南港ポートタウン線(ニュートラム)の駅として運営されている。 (Wikipedia:コスモスクエア駅)

コスモス (曖昧さ回避)
コスモス (Cosmos、Kosmos 等) 一般名称 コスモス - 植物。 コスモス (宇宙観) 製品 宇宙開発 コスモス衛星 - ソ連・ロシアの人工衛星シリーズ。 コスモス (ロケット) - ソ連・ロシアの宇宙ロケットシリーズ。 コスモス1 - アメリカ(民間)のソーラーセイル実験機。 その他 新幹線総合システム (COSMOS) - JR東日本の新幹線用列車運行管理システム。 KOSMOS (近畿日本鉄道) - 近畿日本鉄道大阪輸送統括部の列車運行管理システム。 COSMOS (ソフトウェア) - Dassault Systèmes SolidWorks による構造解析ソフトウェア。 Cosmos (OS) - オープンソースのオペレーティングシステム。 Atari Cosmos - Atariの発売されなかったゲーム機。 コスモス (たばこ) - 日本たばこ産業がかつて販売していたたばこ。 企業 コスモス薬品 - 日本・九州のドラッグストアチェーン。 (Wikipedia:コスモス (曖昧さ回避))

コスモスイニシア
株式会社コスモスイニシア(英文名称:Cosmos Initia Co., Ltd.)は、一次取得者向けのファミリータイプのマンション開発を首都圏中心に展開する、マンション・一戸建を取り扱うデベロッパーである。2012年マンション供給戸数ランキングでは首都圏8位(922戸)。 販売部門が分社化されていないことから、販売業務も直接自社で行っている。かつて、リクルートグループだった時代にリクルート事件に関わった。リクルート事件は戦後最大の企業犯罪として知られる。 リクルートの不動産会社(デベロッパー)として設立され、2006年8月までの前社名は株式会社リクルートコスモスである。 単独事業でのマンション名称(ブランド)は「イニシア」。前社名時代は主に「コスモ」を使用していた。 2011年1月に新築マンションの累計供給戸数が10万戸を突破。国内で10万戸超の供給実績があるのは、同社以外では大京、三井不動産レジデンシャル、旧藤和不動産(現:三菱地所レジデンス)、ダイア建設のみ。 (Wikipedia:コスモスイニシア)

コスモス号
『西鉄バス筑豊』より : 西鉄バス筑豊(にしてつバスちくほう)は、福岡県の筑豊地方で路線バス・観光バス事業を営む西日本鉄道(西鉄)の分離子会社。本社所在地は福岡県飯塚市片島二丁目19番1号。 沿革 1988年(昭和63年) 2月17日 - 西日本鉄道100%出資の分離子会社として嘉穂交通を設立(営業開始は同年4月3日)。本社は当時の筑穂町の西鉄筑穂町車庫(大分坑)に併設(その後、当時の嘉穂町の西鉄大隈自動車営業所内に本社移転)。 9月22日 - 西日本鉄道100%出資の分離子会社として添田交通を設立(営業開始は同年11月1日)。 1991年(平成3年)4月1日 - 西日本鉄道100%出資の分離子会社として直方交通を設立。 2001年(平成13年)8月1日 - 西鉄グループ再編。 嘉穂交通と添田交通が合併し、西鉄バス筑豊が発足。存続会社は嘉穂交通で本社は元西鉄飯塚営業所に置く。 直方交通を西鉄バス遠賀に改称。 2003年(平成15年) 4月1日 - 伊田支社(田川市伊田地区)エリア及び添田支社エリア、西鉄バス遠賀直方本社エリアのバス路線を大幅に整理。 (Wikipedia:コスモス号)

コスモス国際賞
コスモス国際賞(こすもすこくさいしょう)とは、1990年に大阪で開催された「国際花と緑の博覧会」を記念し、その理念である「自然と人間との共生」の継承、発展を目的に、財団法人国際花と緑の博覧会記念協会が創設した国際賞。
1993年より始まり、対象は地球上のすべての生命現象に関し、生命体相互の関係性、統合性の本質を解明しようとする研究や業績で、具体には、自然界における生命のさまざまなありよう、及びそれらと人間との関わり、自然の一員として人間の文化や文明活動に関する研究や業績であって、「自然と人間との共生」という理念の発展に貢献すると認められるもの。1個人または1グループに賞金4000万円を授与する。
対象とする分野
自然科学、人文・社会科学などの幅広い分野の研究
(Wikipedia:コスモス国際賞)

コスモス薬品
株式会社コスモス薬品(コスモスやくひん)は、「ディスカウント ドラッグコスモス」というチェーン名で九州を中心としてドラッグストアチェーン店を運営する企業。2004年11月にマザーズに上場。2006年5月に東京証券取引所1部上場。 2016年2月末時点における店舗数は710店(九州エリア465店(調剤薬局1店舗含む)、中国エリア101店、四国エリア83店、関西エリア58店、中部エリア3店。) 業界に先駆けて1994年にポイント還元を始めたが、2003年5月の個人情報保護法の成立にタイミングを合わせてポイント還元を廃止し、EDLP(エブリデー・ロープライス、毎日安売り)販売戦略に転換した。徹底した小商圏ドミナント戦略ながら、店舗サイズは郊外型大型店舗クラスで展開しており、客の目的買いを満たす定番商品に出来るだけ絞りながら品揃えし、ドラッグストアでは手薄になりがちな食品も多数品揃えし(コストの掛かる生鮮食品・惣菜を除く)、滞在時間を減らし来客頻度を上げる方向を目指した大型のコンビニエンスストアに近いスタイルも持ち合わせたドラッグストアになった。 (Wikipedia:コスモス薬品)

コスモス (玩具メーカー)
株式会社コスモスは、かつて日本に存在した、玩具の製造と自動販売機による販売を行っていた企業である。本社は埼玉県大宮市(現・さいたま市大宮区)にあった(末期は、埼玉県羽生市に移転)。 沿革 前身の「堀口産業」を株式会社に改組する形で、1977年8月設立。 玩具メーカーとしては規模は小さかったものの、同年より始めた、自社で生産した小型の玩具をカプセル型の手動式自動販売機(カプセルトイの一種・当時の俗称では「ガチャガチャ」ないし「ガシャガシャ」)を通じて販売するという独自の直販方式があたり、急成長を遂げた。 最盛期には栃木県佐野市、埼玉県浦和市、大宮市(現・さいたま市)、羽生市などに工場を所有し、設置自動販売機が6万カ所、50万台におよび、年商は180億円(1982年度)に達した。なお1977年はバンダイも同種の自動販売機による玩具販売を始めた時期にあたる。 しかし、1988年2月に倒産。経営破綻の原因については、諸説があるが定かではない。 ビジネスモデル 同社の主力となったガチャガチャは駄菓子屋などの小売店の店頭に設置され、同社販売子会社の営業マンが週一度のペースで巡回して商品を補充、設置店に対して売上金の20%を設置委託料として支払っていた。 (Wikipedia:コスモス (玩具メーカー))

コスモス街道
「コスモス街道」(コスモスかいどう)は、1977年(昭和52年)8月25日に発表された狩人の楽曲である。 シングル売上は累計60万枚(オリコンでは約40万枚)。 狩人のデビュー曲で最大のヒット・シングルとなった「あずさ2号」のメロディーをほぼ踏襲しているが、大ヒットした作品の次に同系統の曲調の作品を出す手法は、レコードセールス戦略上しばしば採用されている。 収録曲 A面 コスモス街道(作詞:竜真知子 作曲・編曲:都倉俊一) B面 秋風にからまわり(作詞:竜真知子 作曲・編曲:都倉俊一) 脚注 関連項目 秋歌 - 秋がテーマの音楽を集めたコンピレーション・アルバム 1977年の音楽 中部地方のご当地ソング(長野県)。 (Wikipedia:コスモス街道)

コスモス通り
『航研通り』より : 航研通り(こうけんどおり)は、東京都渋谷区神山町と同区上原を結ぶ渋谷区道の通称。東京都都市計画道路補助54号線に指定されている。 東京大学駒場キャンパスの裏を通り、渋谷区と目黒区の区境となる道路である。旧版地図等によると、三田用水(現在は廃止)に沿う道路が原型で、同用水が暗渠化されてほぼ現在の形になった。 経路 東大裏交差点 山手通り | (東京大学教養学部裏) | (東京大学先端科学技術研究センター前) | 三角橋交差点 東京都道420号鮫洲大山線沿道は共同住宅が多い。また、東大駒場キャンパスは、駒場Iキャンパス(教養学部など)が裏門側である(正門は京王井の頭線駒場東大前駅の前にある)のに対し、駒場IIキャンパス(先端科学技術研究センター、生産技術研究所)は正門が航研通りに面している。 幅員 計画幅員は15m。現行幅員も15mであり、完成している。 名称について 由来 1930年代から1960年代まで、沿道に東大航空研究所(現・宇宙科学研究所)があったことから、航研通りと呼ばれるようになった。 (Wikipedia:コスモス通り)

コスモス衛星
コスモス衛星(ロシア語: Космос, ローマ字表記の例: Cosmos または Kosmos)はソビエト連邦とロシアの人工衛星で、1962年3月16日の1号機を皮切りに、2015年3月31日の時点で、実に2504機が打ち上げられている。ただし、その内訳は統一されたものではなく、技術開発衛星や航行衛星、軍事衛星などさまざまである。 なお、ミッションに失敗した衛星にコスモスの名前を冠する場合もあるため、コスモスという命名自体に大きな意味はないと見られる。 主なコスモス衛星 コスモス衛星の全機体一覧についてはコスモス衛星の一覧を参照。 コスモス47号 - ボスホート計画の無人テスト宇宙船 コスモス60号 - 失敗した月探査機 コスモス96号 - 失敗した金星探査機 コスモス110号 - ソ連初の生物実験衛星 コスモス111号 - 失敗した月探査機 コスモス133号 - ソユーズ計画の試験衛星 コスモス140号 - ソユーズ計画の試験衛星 コスモス186号, コスモス188号 - ソユーズの先行機、初の自動ドッキングを達成 コスモス212号, コスモス213号 - ソユーズ計画のテスト宇宙船 コスモス238号 - ソユーズの最終テストシリーズ コスモス300号 - 失敗した月探査機 コスモス305号 - 失敗した月探査機 コスモス419号 - 失敗した火星探査機 コスモス482号 - 失敗した金星探査機、ニュージーランド南部に墜落 コスモス605号 - 生物実験衛星 ビオンシリーズ1号機 コスモス782号 - 米国が参加した、最初のコスモス衛星 コスモス929号 - 宇宙ステーションへの補給船、TKS宇宙船の1機目 コスモス954号 - 原子炉搭載RORSAT。 (Wikipedia:コスモス衛星)

コスモスジャパン
コスモスジャパン株式会社(Cosmos Japan Co.,Ltd.)とは、ボランタリーチェーンで展開するコンビニエンスストア会社である。 創業者である滝口一男は、元々大手コンビニエンスストアの加盟店を経営し、その後TCS(東京コンビニエンスシステム)を経営、200店舗を超えるまでに成長させた実績を持つ。その後1994年4月、渡辺家孝と共に資本金1900万円で設立し、1996年7月には51店舗が加盟するまでになっている。その後も加盟店は増え続け一時期には102店舗が加盟し、北関東支社・横浜支社・福島支社がそれぞれあった。現在は規模が縮小し、千葉県の他に東京都・神奈川県・茨城県・埼玉県・栃木県が事業範囲となっている。 1996年10月には、コスモスジャパンのほかにエリアリンク・フレンドマートによって商品仕入れの協議会が作られ、その後株式会社VMNの業務提携を経て、2006年2月株式会社キャフリテールサポートに参加している。 (Wikipedia:コスモスジャパン)

コスモス属
『』より : (Wikipedia:コスモス属)


コスモス - 関連ブログ

データが取得できませんでした

コスモス - アマゾン検索


「コスモス」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す